2007-12-19 01:39:57

リトルカブ・進歩の手引き その1 ~ 恐怖のエンジンブレーキ

テーマ:リトルカブ・進歩の手引き

logo


*この「進歩の手引き」は、現在も超初心者リトルカブ・スカウトである私が、過去に「あれ?」となったり、「えーっ!」となったり、「ゲゲッ!」となったりしたカブ操縦に関するアレコレをあげつらいつつ、かろうじてつかんだコツのようなものを記録したものです。






minarai  カブ初心者が最初につまつずくのはシフトチェンジ……ということは事前にいろいろな人・本・ブログなどで知っていました。なので、覚悟はしていました。が、私の場合、最初につまずいたのはギアまわりの操作ではなく、それ以前のレベル、「単に走る」ことだったんです。1速の状態で「せーの」とスロットルを回し、ブーンと走り出す。もう、このレベルで「あれ? あれあれ?」という感じでした。

 「あれあれ?」の要因は、「エンジンブレーキ、強すぎ!」という強烈な違和感です。
 壊れてるんじゃないの?というくらいに、グイグイとエンブレがかかりまくり、「単に走る」だけでもガックンガックンの繰り返し。おずおずと加速し、ちょっとスロットルを戻すとガクッと急ブレーキがかかったような状態になっちゃう。特に1速で走っているときは、「お前、走りたいのか、止まりたいのか、どっちだ?」とカブに向かって叫びたくなるほどです。

stay or go

 調べてみると、「カブの1速は使えない」と考えている人は多いようです。そういう人は1速には入れず、2速発進、そのまま加速して3速(そしてリトカブ4速の場合はトップに)という具合に使っているらしい。で、私もはじめのうちは「1速を捨てる」という乗り方をしていました。が、これはやっぱりエンジンに負担がかかるし、とにかく加速に時間がかかるし、どう考えても非効率的。使いにくいなぁ、と思いつつも、1速発進パターンに戻しました。

 で、ここ最近になって、1速の使い勝手がなんとなくわかってきました。
 止まっているカブを「よいしょ」と押し出す、この「押し出し」時のみに1速を使うんです。そのままスピードにのせるのではなく、動き出したな、と思ったらすぐに2速へ。徐行する場合も同様。やっぱり止まった状態から動き出すときにのみ1速、あとは2速で徐行(スロットルを戻すたびにガクッとなる1速での徐行はめちゃ困難)。
 この感じで走るのが、どうも一番スムーズなようです。

 つまり、1速は発進時にのみ使う。そのままひっぱらない。……あたりまえじゃん、と思うかも知れませんが、カブの場合、「発進時のみ」という部分がかなり強調されます。4輪マニュアル車の場合、1速である程度ひっぱりますが、カブの場合は本当に「発進時のみ」。ムスッと止まっているカブの背中を「よいしょ」と押す、このときの「よいしょ」のときだけに1速に活躍してもらう、ってのがいいみたいです。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

aloysiusさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。