謹賀新年

テーマ:

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。
世界中で、明るく穏やかな時間が少しでも増える1年であるよう、切に願います。

 

世界は広いし、可能性は無限大。
毎日忙しくしていると、今いる場所だけが自分の世界のような気がしてしまいがちだけど、それは錯覚だ。
目の前の日常を大事にしつつ、広い世界をしっかり見て感じて、風通しのいい生き方がしたい。
そんなことを改めて思いながら、2017年スタートです。

 

2017年・・・毎年思うことですが、会いたい人には会いに行く!
国内外、会いに行く! 時間がなくても、作る!
会社の仕事も舞台の仕事も大事だけど、それをすべてにしない。

早速課題の多い2017年ですが(笑)、

構えすぎても却って何もできなくなるので、

なるべく気負わず軽やかに、頑張ります。


2017年も、皆さんとたくさんの素敵な時間を共有できますように。

 

AD

ありがとう2016.

テーマ:

2016年もあと30分を切りました。

4月以降ブログも更新していないとは・・・情けない。
必死に走ってきたからだけど、来年は、ひとつひとつしっかり噛み締める余裕も持ちたいと思います。

 

今年も「BEFORE AFTER」中心の1年でした。

2月と7月の公演はそれぞれ実りと気付きの多い公演だったな。

7月公演では新曲が2曲追加され、2幕ものになりました!

そしてCDね。 2月公演で発表し、初めてのクラウドファンディングを実施。

そして4月、初めてのCDレコーディング。

スチュアートが来日してからの約2週間はあまりに非現実的で、

ひょっとしたら夢だったんじゃないかと思ってしまうけど、

夢ではなかった確かな証拠が、手元にある。

 

 

その後、UK版も同じくクラウドファンディングによって実現し、

10月のリリースパーティーには私も参加することができました。

 

 

日英両国でこの作品を愛し、CDを待望し、

そして完成したCDを大事に聴いてくださる方が沢山いるのを実感できたこと。

信頼し尊敬する大好きな人たちと、形に残るものを作れたこと。

彼らの才能を沢山の人と共有できること。

本当に幸せ。 一生の宝物です。

 

そんなCDも、1年前の今頃はまだ、「ぜひやりたいね!」という段階でした。
CDも公演も、「やりたいね」「できたらいいね」を実現させてくれたのは、応援してくださる皆さん、キャスト(とマネージャーさん達)、スタッフ、ミュージシャン、ミュージカル座、そして家族や職場の皆さん。
プロデューサーとは名ばかりで、何から何まで皆さんに助けていただいています。

私は基本、稽古場でニヤニヤ(嬉しくてつい)して本番で感動しているだけで。
また1年、「BEFORE AFTER」と一緒に歩めて、いや、走れて幸せでした。
皆さんありがとう!

上にも書きましたが、10月にはイギリスへ。

出発前日に母も同行することになり(恐るべしフットワークの軽さ!)、母娘二人旅となりました。

ロンドンでは、○十年前に両親が挙式をした教会を訪ねたり、母の幼馴染や、長年の友人と再会したり、「RAGTIME」を観劇したり。

それからウェストベイ経由で・・・

 

 

デヴォンへ。 最高。

 

 

イギリスで過ごす時間は、いつも私をニュートラルに戻し、

また新たに吸収できる状態にしてくれる気がします。

 

ここ数年感じている「転換期にある」という思いは年間通してあって、来年も続きそう。
この国や、世界を見渡しても、未来に対して不安を抱かずにはいられない昨今ですが、

その中で自分がどう毎日を過ごすのか、

周りの人と、そしてもう少し大きな世界とどう向き合っていくのか。
迷い悩むこともあるけれど、その時その時で自分が信じる道を、

朗らかに進んでいきたいと思います。

 

2016年、ありがとうございました!

皆様、よいお年をお迎えください!

AD
ミュージカル「BEFORE AFTER」のCDを作るために立ち上げたクラウドファンディングが終了しました。

2月27日~3月31日の約1ヶ月。
目標額を140万円としていましたが、なんとそれを165%も上回り、
総額2,322,501円のご支援をいただきました!
http://kibi-dango.jp/info.php?type=items&id=I0000229

当然、達成することを信じてスタートしたわけですが、
まさかここまで伸びるとは、正直関係者も誰一人予測していなかったと思います。
クラウドファンディングというシステムの目的は資金調達なので、
数字こそが結果なのですが、資金だけでなく、
この期間を通して本当に沢山の方から様々な形でサポートをいただき、感無量です。

支援者の方からいただいたメッセージには、
作品への熱い想いや感想はもちろん、
今回のプロジェクトへの期待や、
日本ミュージカル界についての考察と、
その中で「BEFORE AFTER」というコンテンツの持つ可能性について書いてくださった方まで。
胸が熱くなりました。

少しお時間はいただきますが、お返事を書かせていただきますね。
(できることなら皆さんと語り合いたい!)

今回のクラウドファンディングの結果が示すのは、
お金だけじゃなくて、愛情とか、期待とか、信頼。
その重みを、ずっしりと感じています。

"CD制作プロジェクト"のために集まったお金だけど、
1枚のCDを作ることだけが目的ではなくて、
"そこから発生し得るすべての可能性"
をサポートするために支援してくださった方が大勢いらした。
そう捉えています。

沢山の方の想いを乗せたこのプロジェクト、引き続き大事に進めてまいります。
CDはもちろん、これからの「BEFORE AFTER」にもますますご期待ください!

ご支援くださった方、情報を拡散してくださった方、
応援してくださったすべての方、本当にありがとうございました!

まずはお礼まで。

AD