ブックカフェのアイテムはどれも好みで

ナチュラルアイテムもいくつか使いたいのがあったので

8×8で小さく作ってとりあえず満足したりしていたのだけど

 

久しぶりに戻った時に出てたミュージックラバーズの壁が

ドンピシャッときて、これと合わせたいなって。

コーヒースタンドの窓と絶対合うなーって。

 

その前に増えていたリリカル★PUNKのアイテムも後押ししてくれそうで

よし、いよいよちゃんと作ろう、と決意。

 

ぺったんこの床があんまり好きじゃないのだけど

8×8の頃に、色々買ってはめてみてもどれもうーんという感じで

なのでコーヒースタンドの床をベースにタイルで盛るスタイルで組んでいました。

 

そのまま16×16に広げた分

段差でコーナー分けして

平屋だけど動きのあるお部屋に。

 

8×8の頃から、ターコイズ系のカラーをポイントカラーにしていたので

新しく置くソファもターコイズをチョイス。

 

いない間に出ていたフルーツパーラーのアイテムも

ちょっとテイストは違うけどしっかり作りこまれていて

使えたら使ってみたいなーと

いくつか気に入ったのを買って、結局置けないものもあったけど。

 

広がった分、キッチンを伸ばしてフルーツパーラーのオーブンをはさんで

手前の水玉クロスのダイニングテーブルでデザインの違いをごまかして。

スクラッチのこのテーブル、ディテールがしっかりしてて

ずっと使いたいと思いながらも、シリーズ家具とかでないから

なかなか出番のなかった家具。

8×8の時、これを置くためにターコイズをポイントカラーにしたくらい。

結果、置きたくて置いてた場所が

今度は他のアイテムを馴染ませるお役になってくれて

カチッとピースがはまった気持ちよさ。

 

フルーツパーラーのショーケースは

フルーツパーラーアイテムの中でも特にぐっときたし

この部屋の作ってきた雰囲気に絶対いいな、と。

ちょっと強めの柄のところを

段差の下に入れることで上手くチラ見せにして緩和、

高さのバランスもその方がマッチしてて

こちらもカチッと。

 

ブックカフェアイテムの販売でうれしかったのは

飽和状態だったグリーンアイテムが一気に増えたこと。

しかもボリューミーで色も形も申し分ない新作ばかり。

なので、その増えたグリーン達で緑いっぱいのカフェにしたいなーと。

 

配置しながら、はめていったグリーン達は

どれも、ああ、ここだ、この分量だ、と

カチッ、カチッと面白いようにはまっていって。

 

使いたかった既存のグリーンアイテムも一緒に足せて

特に、マンドラゴラの鉢植えが、

何気に、まるで自然に置きたいなーと思っていたのを達成できて満足。

 

組んでいくうちに、ただの段差でなくて柵つけてみたらどうだろう、と

校舎の屋上の柵をチョイスしたらカチッ。

窓やドアのカラーと調和していいバランスに。

 

ただの段差で作っていたところを

柵をつけたことで、もうひと工夫しようと閃いてステップを。

 

またこれで平屋でも縦横の奥行きの面白さもプラスできた。

 

8×8では断念してたアイテムも

合わせるアイテムや場所がピピッと降りてきて

面白いようにはまっていって

それによってバラバラだったものが不思議とひとつになっていく感じ。

 

オータムワイナリーガチャで、初見で欲しいな、と思った樽が

初回で出てくれる幸運も、ここでいい仕事してくれて。

ロックとナチュラルの橋渡しアイテムになってくれました。

 

ROCKバーのドリンクメニューや

コーヒースタンドのコーヒーカップだとかの

かなり小さめのアイテムがちょうどいい挿しモノになってくれて

統一感やリアル感を連れてきてくれました。

 

これまでただテイストが違うだけの一部屋だったのが

ミュージックラバーズ(+リリカル★PUNK)のおかげで

ナチュラルだけどロックなカフェにできて

他のお部屋とのストーリー性とまとまりも出てきて

まさにこれだー!とはまった感じ。

 

一気にお気に入りのお部屋になり、

これにてお外と全4部屋、出揃いました。

AD

 

ライブが好きなこともあるけれど

カラフルエモバンドガチャの小物がなかなかいいなぁと

何度か回してライブハウスの高い壁が出て

その頃、お部屋1以外の部屋を更地にしていたので

壁だけつけて放置していたのですが

 

いくつかの家具を置いたりしてみてるうちに

ライブハウス、ちゃんと作ってみよう、と思い立ちました。

 

金網タイルが使ってみたかったというのもあって。

 

自分がよく行く小さい箱をイメージして

継ぎ足しなしで収まるライブハウスを作ってみよう、と。

 

音響ブースはわりとすぐイメージが沸いて

作ってみるとなかなかイメージ通りで

そこから全体像もすーっと浮かんできて。

 

悩んだのはステージの照明。

これというらしいアイテムがなくて

でもただ台があるだけだとお遊戯感が強くて。

 

もっとちゃんとリアルなライブハウスにしたかったので

悩みながら色んな箱を思い出していて

太いダクトが天井にむき出してたりするとこ結構あるな、と

あと、ステージ上の天井って照明もあるから結構低いんだよな、とか。

そこから、ステージ上の天井と、土管キューブでダクトを作ることを思いつきました。

 

使いたかった金網タイルも活躍して

土管キューブも気になっていたのでそこもうれしかったり。

 

照明はそこからライトっぽく見えるものをチラ見せすれば

それっぽくなるかな、と算段していて

持ってるものや足し買いしたりで色々試してみて

最終的には初回で所持してたモードライティングチェアと、

買い足した未来キューブで

何となく照明っぽく見えるような感じに。

 

照明になるもの探して

なけなしのガチャ回して出たモードなライトは

上向きなのでステージに置いてみたりとしてみたけど

配線コードと合わせてダクト上に置いてみると

何だか舞台上って感じでそれっぽかったのでそこに決定。

 

リアリティ的にロッカーは絶対欲しくて

位置的にも後ろ向きでよかったのでキューブを積もうと。

上に小物を置いてみたりと試行錯誤してみた結果

初回ででたキューブとブラックキューブを組み合わせて

ただのっぺりなブロックにしないことと

隣にダストボックスを置くことでそれらしさが。

 

向きとか、位置とか、高低とか

なかなか面白く、でもスッキリ必然的に組めたかな、と。

 

壁の入口横のカウンターとか

いつも言ってるライブハウスさながらで

ピグの部屋だけど、実際に何だかテンションの上がる仕上がりになりました。

AD

 

このブログを書いてた頃作っていたお部屋は

時間が経つごとに、何だか

イメージの沸く家具やお部屋1に置けない反動の家具だとかで

成り行きでつくっただけの

完成品じゃないものに感じてきて

お部屋1以外総壊しになりました。

 

好きなもの、というよりもいい雰囲気のものや

合わせられるものを選んでいた気がするし

 

時が流れて

本当に好みだな、とかこれを使いたい!ってアイテムも増えて

好きなものを詰め込んだTHE趣味部屋!っていうのを作ろう、と

 

それから、お部屋1のように

床の高さやサイズ、向きや場所を

成り行きでなくて、しっかりこれだ、というもので作りたいな、と。

 

アメリカンバーガーショップの壁は一目惚れ。

これをベースにお部屋を作りたい、と思ったのもキッカケ。

 

ビールと、音楽と、洋服、そして作業スペース

使いたいアイテムがたくさんあって

それをゴチャゴチャしながら

でもなぜかまとまってる、みたいな

そんなお部屋を目指して

ここはコツコツとアップデートしながら

日々詰め込んでいます。

 

ただ同じシリーズのものを並べるようなお部屋でないのが理想で。

 

汚れた机にPCが乗ってたり

クラシカルだったりきれい目のアイテムも

ゴチャゴチャに馴染むように

 

ここにはコレしか

コレはここにしか

 

そんな風にそれぞれの定位置のある部屋作りを心がけています。

 

ちょっと色やデザインが他のに比べて派手派手しいけど

アイテムとして置いてみたいなーと思っていた

スピーカーが置かれた棚を

スポーティークロスバイクと柱で囲うことで

ちょうどいい分量で見せながら置けた時は

これだ!とうれしかった。

 

置く家具や高さに合わせて床を色々使っているので

それをひとつのまとまりのある建物にするために

階段と踊り場、屋上を共通に。

 

お部屋1の部屋作りの時には

いつも考えていたこと

 

背景が物々しい壁でなくても

べったりと積み上げなくても

飾りたいもので自然と違和感なく存在できるようなバランスを

もう一度初心に返って、しっかり考えながら、バランス取りながら

レイアウトを考えるようになりました。

 

壁だけでなくて高さや余白も

必要のない無駄な穴のような空白にならないように

階段だとかの機能がそこに必要とバランスとを兼ねて存在するようにしたくて

 

でもそれも途中まではなかなか納得のいく仕上がりにならなくて

ちょこちょこ思考しては諦めていました。

 

ずっと気になっていた天井とその下の部屋の高さ。

できれば天井を屋上にしたいと考えていたけれど

そこ上がる階段をなかなかいい導線で組めずにいたのです。

 

それが急に手前に組むことが閃いて

そうしてみるとすべてのピースがはまるというか

 

天井下の部屋をシアタールームとして

あえてちょっと天井高のある余裕のあるレイアウトにした結果

間延びしたように感じるその手前の柱が

階段が間を通ることでまるで必要な余白のようになって

 

面積を作りやすくて天井に採用した教壇が

並べるとなぜかポチッと、本当はない陰のようなものが出来るのも気になっていて

上に何かひとつでも置けばなくなるので

それもあって、屋上にしたかったので。

 

あと、お外とは違うけど、ちょっと置いてみたくて

奥とこないけど買ってあったハンモックが

ようやく日の目をみました。

 

まだまだ発展中なところもありますが

ようやく納得できる仕上がりになったプライベートルームです。

AD

 

ずっと更新してなかったけど

ここは相変わらずの感じですが

ほんのちょっとだけアップデートもしてるかな。

 

ダーツバーのシーリングファン

出たのを見てこれだーとすぐに追加しました。

もともとの天井も動かさずピッタリちょうどよくはまってくれました。

動きのあるアイテムがあるとリアリティも増していいです。

 

それと細かいところでは

ずっとカウンター横に使ってきた看板が

お外のデッキとのバランスやカラー的に移動になり、

でも、やっぱりそこには同じくらいのカラーのポイントが欲しかったので

ピザ屋さんの看板を新たに置きました。

こっちの方が結果よかったかも。

 

ほぼ変わらないけど、

初期からずっとチマチマアップデートしてきたところだから

結局はこの部屋が一番色んなことを詰め込んでいて

仕上がりもいつまでも納得できます。

 

ピグルームの外は中のお部屋が1つのビルに入っているようなイメージで。

 

お外用のライブガチャが好みだったこと

お部屋にライブハウスを作ったこと

道路アイテムからイメージ沸いたことで

ようやくこれだというものが出来ました。

 

 

お外ができた頃はなかなかコレというイメージが沸かなくて

ずっとほぼデフォルト状態でした。

 

お外用のアイテムはまだほとんどなかったし

お部屋のように作るのも何か違うなーと思ったし

お外はお外として作りたくて。

 

庭向けっぽいアイテムはそれまでにもあって

作ろうとはしてみたもののいまいちで。

 

お部屋とお外が全く別物になるのが

何だか許せないというか。

 

あと、建物と家具アイテムのバランスがしっくりくるものも当時はなくて。

 

建物を作ってしまうというのも考えたけれど

家具と一緒で、建物も、

そのものをちゃんと生かしてレイアウトしてあげたいなーと。

 

でも、ただ並べるだけじゃなくて

ひと手間加えてありきたりとも違う

あぁ、自分らしいなっていうものにしたいな、と。

 

ちょっとアングラな雑居ビルを

デッキを作ることで正面をクリーンに、カフェらしく。

 

側面の非常階段を入口に見立てて

そちらはちょっと汚れた感じのアイテムを並べて

いかにもなライブハウス風に。

 

お外はポツンと孤立してるようなものにしたくなくて

道路や階段が続いていてどこかの一角らしくなるように。

 

普通車アイテムは、何だかおもちゃっぽいバランスのものが多くて

ちょっとちがうなーと思ったので

一番バランスがいいな、と思う軽トラックを1台走らせました。

 

雑居ビルだけど、屋上にグリーンがあるところとか

ちょうどいい加減の装飾とか

この建物事自体が何とも

これまで作ってきたお部屋とマッチングしていて

 

イメージが形に出来たのも

このNYアパートメント風ハウスのおかげです。

 

ライブハウスなので夜の景色をメインカットにしましたが

昼間はこんな感じ。