内宮の側にある月読宮と
外宮の側にも月夜見宮があります。
月読命は天照さんの弟です。
 
外宮の駐車場(無料)に車を停めて歩き出したら、
月夜見宮までの一本道を教えて頂きました。
 
月読命が 外宮の祭神の豊受さんに会いに行く道 なのだそうです。
 
愛よねぇ❤
 
ギリシャ神話の俗っぽさも好きなんだけど、
日本の神様の地域に根差している神話も大好きです❤
 

 
 
 
 
神社萌えですが、巨木萌えでもあります。
ここの巨木は 生々しくて雄々しくて荒々しくて大好きな木です。
 
 
 
 
ツリーハウスを設置できそうだなぁと思いながらいつも見上げる(笑)
あそこの空間に乗りたいなぁって。
 
 
月夜見宮では、月読命の他に大好きな小さな祠があります。
その祠を守っているのは、きつねではなく犬?
若々しくて雄々しくて、ちょっと惚れちゃう守護獣でした。
(守護獣についてはこちらに → コスモスhttp://spi-con.com/mythology-animal/
 
 
お次は 外宮ですが、その前に参道にある『勾玉亭』というお店に行きました。
勾玉オルゴナイトの作家さんである ゆきのんさんの作品が買える唯一のお店で、
そのお店の中のカウンターに座って、すっごい美味しいジュースを飲みました。
2階のレストランでは 新鮮な魚介類をバイキング形式で食べられるそうですドキドキ
 
そして 夕方の外宮へ
 
 
 
ん??
豊受さんは 男神?
 
TVで放映されていたのですが、(ロンブーの淳が出てたやつw)
祀られている神様が男神か女神かによって、屋根の形が変わるのだそうで、
社務所にみえた方に質問してみたら、
必ずしもそうではない とのお答えを頂きました。
内宮の外宮も女性神だけれど、受けではなく断ちの形だそうです。
 
ただし、神様という性質上、男女の性別が完全に分かれている訳ではない とも。
 
階段と坂道を登って 荒御霊がお祀りしてある多賀社へ
 
巨木好きにはたまらんドキドキ
 
 
 
亀石は、どっちが頭なのか分からなかった(笑)
(私には ファルコンに見えたよ)
 
 
今回巡ったのは、ほぼほぼこんな感じでした。
 
正門から入り、
帰りは駐車場に向かって 北御門から出ました。
 


ところで、上矢印にも紹介してある『三ツ石』ですが、
前回お参りした時にガイドのじいちゃんが言ってました。
この石は神様と同じなので、手をかざすなんて失礼に当たる と。
神様にお参りするように ただただ 手を合わせるだけにして下さい とのことでした。

車に乗り込んで出発したのは6時少し前。

ヤバい💦って思って宿に電話をしました。
(第2伊勢道路ができたお陰で移動時間がかなり短縮できたのが有り難かったです)

ちなみに、
伊勢二見鳥羽ラインも完全無料化になったし、
パールロードも無料で走れるので、
美しい景色を見ながらドライブを楽しみたい方はぜひに♥️
AD