今回は みんなで考えよう のコーナーだけれど、アメンバー限定じゃなくて公開記事にしてみます。コメントは全部承認制になっているので、
「公開しないで」って書き込んで頂ければ、公開しません。
お返事は 遅くなりますが、ちゃんとお返ししますので、少々お待ち下さい。

では。

まずは、先週の退職騒動の直後 21日の 豆腐さんとのメッセでのやり取りをご紹介します。


【夏海】

今回の 職場移動騒動で 私が自己否定に走らなかったのは、
自己肯定感 と 自己信頼感
何とかなるさ~ってのが大きかったって思う。


【豆腐さん】

大事だね。


【夏海】

昨日 友達とメッセしたんだけどね。
自分に対する許容範囲が広がると、
相手に対しても、
ああ、そっちには そっちの都合があるよね~って思える。

アダルトチルドレンは
そもそもの『基本』の『き』の時点で 自分を優先させることができないんだよね。
自分を尊重してあげられないの。

虐待とかされてたら、怒らせない為に。。。って自分ってものを消したりしなきゃいけない。
私も だったみたいだけど(苦笑)

私のように 『自我』が自分の中に存在してはいけない って思っている人には、
基本的に 自尊感ってものは 生まれないんだよね。

自分の存在を消さないといけない
目立っちゃいけないって。


【豆腐さん】

そういうのって、アダルトチルドレンでなくても、セクマイの親にわかってもらえないのも一緒って思うの。
自分が尊重できないっていう点では。

セクマイって意味では(アダルトチルドレンも同じだと思うけど) 尊重より前に自己否定だと思うから、
自己肯定を養うのと、自己否定を少なくすることがまず必要で、
そのあと自分が尊重できるか、だと思う。
尊重できるから、自分を信頼できるんだと思う。


【夏海】

うん
『自分』は存在しちゃいけないってところからの出発だからね。


【豆腐】

結局われわれは、そこに取り組まなくちゃいけなくて、
親から認められてる人はその必要性がわからないんだと思う。


【夏海】

うんうん


【豆腐】

この前、アフリカのレズビアンの活動家の講義を聞いたとき、
その人は、家族がみんな、オープンだって言ってた。
だから、活動家になれるくらい強くいられたと思うんだ。
その人も、親にそういう話すら出来ない環境下だったら、 活動家になるには、相当取り組まなきゃいけなかったはず。

アフリカの日本より性に関して理解の得られにくい国民性ですら、活動家として発信できるのは、
そもそも、それでいいという自己肯定感と、
発信しても大丈夫という自己信頼感があったはず。

だから、親(家族)の理解は大事。
理解というか、そのままでいいよ、って感じ。


【夏海】

うん


【豆腐さん】

そのままじゃダメだと、洗脳しない感じ。


【夏海】

あなたは 正しいって言って貰えるって大切。


【豆腐さん】

うんうん。
正しい、でもいいんだけど、間違っていないという感じかな、ボクは。


【夏海】

私の場合は
あなたの存在自体 正しいって。
もう 自分の『存在』が 駄目ってなってたからね(苦笑)


【豆腐さん】

正しさ追求しちゃうと、どうしても違う人を間違っていることにするのが、普通の人の心理で、 どちらも正しいにはなりにくいんだよね。


【夏海】

何て言うのかなぁ。。。。難しいけれど、
あなたは そのままで 完成形って感じ?


【豆腐さん】

だから、誰も間違っているわけではない、誰も悪いわけではないってのが、分かりやすいかな、と思ってる。
完成してなくても、そのままでいいって感じかな。


【夏海】

そうか。。。


【豆腐さん】

そのままでも存在として何も悪くない感じ。


【夏海】

たぶん 私は 認めて欲しいって欲求が強いのかも

悪くない って言われても 嬉しくないかな。



【豆腐さん】

そこはそこで、承認欲求として、自分の中にあるものだと受け止めるかなー。


【夏海】

みんな違って みんな良い
みんな 違って みんな正しい

正しい同士のぶつかり合い じゃなくて、
自分も正しいって思えて、
だから相手の正しさも尊重できる
 みたいな?


【豆腐さん】

悪くないって言われても嬉しくないんだけど、自分がダメだと思ってるからいきなり正しいは難しくて、
まず、悪い訳ではないという認識を一旦入れてから、自分を肯定していく。


そうすると、相手も悪い訳じゃなくて、
正しさだけを追求しなくなる。



【夏海】

言葉か~

自分も悪くない
相手も悪くない


【豆腐さん】

正しいはいくつもあっていい、となるかな、と。
真実はひとつってのをやめる



【夏海】

引いてみるって感じ?


【豆腐さん】

数学は答えひとつだけど、国語は解釈いろいろあっていいよね。


【夏海】

うん。


【豆腐さん】

国語的に考えるみたいな。

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

はい ここまで~

私はどうしても あなたは何一つ悪くない。
何も悪くなく あなたは正しい選択をして来た と 言われたい。
ずっと あなたが変だといい続けられて来たから、あなた正しかったんだと言われたい。

そうなの。

まだ 自分自身で 自信が持てないから、

あなたの存在は正しい

だから、 生きていてもいい と、言って欲しいの。

そして、 『幼い魂』を抱えて生きてきた人にも そう言いたいの。


豆腐さんは 自分が『正しい』と主張するには、相手の『正しい』と喧嘩しなきゃいけなくなるから、

『正しい』どうしが争わないためには、

どちらも 『悪くない』というスタンスが大切だと思っているって内容の それぞれのポリシーに関わる会話になりました。

面白いな~って思って、これを紹介しても良い?って聞いて 記事として載せてみました。

私は、
私は正しい という自信を持って、あなたの正しさを尊重しますって握手を求めるイメージ。

つまり 攻める感じ?

豆腐さんは 自分は悪くない と すでに信じているので、
ならば、あなたも悪くはないんだよね って言いながら 友好的に握手を求めるイメージ。

つまり 引く感じ?

私の中では こんなイメージになっているけれど、

あなたは どっちを言われたい?

あなたは 本当は ずっと正しかったんだよ。

あなたは 本当は ちっとも悪くないんだよ。

さて(*^_^*)

AD