昨日 本当に久しぶりに気合を入れてカレーを作りました。

初代うーたんの家に住んでいた頃、
私にとって 『カレー』は 手抜き料理ではなく、結構気合を入れて作る料理でした。
たまねぎは 甘みやコク用 と 食感用に分けていて、5個以上は使っていたし、
お肉も骨があるものを使ってお肉の出汁(骨髄に旨味があるから)を取ったり、
2種類以上のお肉を使って 野菜を切る間に先に煮込んでやわらかくしていたり、
カレー粉も2種類以上使っていたり、
炒めたり煮たりする時に オリジナルブレンドで香辛料も使っていたり、
実験的に あれや これ(オレンジジュースとか りんごを入れたりね)やを入れてみたり。。。

カレーを作る日は、気合を入れて料理をする日! みたいな感覚でした。
あめ色たまねぎを作るのに1時間使って(笑)

知ってます?
あめ色たまねぎの『あめ色』って、たまねぎを焦がした色ではないんですよ。
みじん切りにしたたまねぎを中火より弱い火で じっくり焦げないように時間をかけて炒めてあの色を出しているんです。
昨日も汗だくでしたw
(通常 みじん切りは スライサーでやっつけますが、昨日は荒みじんだったのでたっぷり泣きました)

ここ最近の マイブームは カレールーとお肉を分ける っての。
お肉を入れなくても コクって出るものなんだな~って、昨日分かりました。

以下、作り方を書いてみます。

【たまねぎ と トマトの水煮 だけのカレーの作り方】
 
1.たまねぎ4個くらいを適当に切る(昨日は 1cm角くらいの荒みじん)
2.オリーブオイルで焦がさないように 30分くらいじっくりと炒める
 (もう少し時間をかけて『あめ色たまねぎ』にした方が より美味しい)
3.赤ワインを100ccくらい入れる。→ アルコールを軽く飛ばす
4.デミダスカップ1杯のエスプレッソを入れる
 (なければ、インスタント珈琲を倍くらいの濃さで作ったものを使う)
5.トマトの水煮を入れる。
6.ユウキの鶏がらスープの素を好みの量入れる
 (昨日は大匙3杯)
7.カレー粉を辛さを調節しながら入れる
 (昨日は大匙2杯)
8.まぜながら お気に入りの水分になるまで煮詰める
 (カレー粉を入れたら、急にとろみが出たので、昨日はほとんど煮詰めず)

9.焼いた鶏肉をご飯にのっけて、上からルーをかける
 
ポイント
★ たまねぎを炒める時に 焦って強火にしない。
 (あめ色たまねぎは、たまねぎが焦げた色ではない)
★ たまねぎを炒めている時に焦げてきたら、オリーブオイルを足す
 
使った調味料
★ ユウキの鶏がらスープの素
★ S&B カレー粉

ユウキ 化学調味料無添加のガラスープ 130g/ユウキ食品
¥562
Amazon.co.jp


S&B 業務用カレー粉 400g/エスビー食品
¥価格不明
Amazon.co.jp