2014年にアップしたアメンバー記事を解除しましたので、紹介してみます。

(今 自己紹介メルマガの為に 過去を旅している途中ウシシ

 

例によって例の如く、長いお話付きです(笑)

(3部作になっておりまする~ウシシ

 

近況をちらっとお話すると、

今朝は 職場で言われた言葉に対して理不尽だ!と、

泣きながら怒って 身の潔白やらの説明とかも言い返した後に

私がこれから仕事をする為の提案を言ったところ

「そんなことはできない」と言われて、

「辞めますっっっ!!!」って啖呵を切って

その家を出る身支度をしている

という夢を見ていたら、夫のKBに起こされて

まだ 血圧が戻らずクラクラしてます(笑)

 

下差しリンク先の記事を少しだけご紹介下差し

 

ワケありの家で育ってしまった『わたし』は、手加減と言うものを知りません。
限界まで頑張らないと 『限界』が来たことすらも 分からない。

ならば 限界まで 頑張らないには どうしたら良いのか?

相手に助けて貰って、二人で作り上げて行くしかないって思います。
一人では 無理なんだもん。
『家族』っていう チーム なんだから。

ひとりの頑張りの上にある 期限付き 条件付きの ドキドキハラハラは幸せではなく、

温泉に浸かっているような ゆったりと 味わえる幸せにして行くには、

全く なんでもない時 の 話し合いや 意思の疎通が大切だと思います。

喧嘩や 言い争いや 対立 など

二人の意識が イライラしている状態でない 『普通』の状態の時こそ

きちんと向き合って 意思の疎通が行われていること こそ が、

平常ではない 緊急時に 活かされて来るんじゃないのかな?

 

 続きはこちら下矢印