私が受講した心理学講座の講師のあづまさんの師匠である矢野惣一さんが、本を出されました。

で、

出版記念講演をされるそうです。

子育ての悩み を アンケートしたところ、不登校の悩みが多かったので、

不登校について 講演されるそうです。

不登校を引き起こしている2つの原因 by 幸せな家庭を築く心理学 @ 矢野惣一 さん

この記事を読んで、

なるほど。そうかも って思いました。

父親から虐待されてましたが、母親の愛情に包まれていた弟は、不登校にならなかったけれど、よく学校を休む子供でした。

私は 1ヶ月に1回休みましたが、
2日目になると、これ以上休んだら 二度と学校に行けなくなるって思って、頑張って学校へ行きました。

家から出られなくなること の方が 私は怖かったのです。

この記事の中に書いてある、

>> ここで、親の問題を子どもが鏡になって映し出しているなんて考えると
>> 解決できるものもできなくなってしまいます。

>> それは、解決した後に振り返ってみて、
>> 「この子は、私に○○ということを気づかせるために、不登校でいてくれてたんだわ」
>> と意味づけすればいいのであって、
>> (人の脳には、自分がしたこと自分の身に起きたことを正当化するために意味づけをする、という機能が備わっています)

>> 「この子は、私のどのような影を映し出してくれているんだろう?」
>> なんて考えから入ってしまうと、ますます問題がややこしくなってしまいます。

たぶん その通りなんだと思います。

お母さんに何か気づかせようとして 不登校になってる子供なんてなんて いない。

『そこ』を間違えて お母さんがグルグルツアーをしているうちに、最長で9年なんて あっという間に終わってしまう。

子供と大人の時間の進み具合は違っていて、
学んでいる子供の1日1日は 大切なもの だと、私は思っています。

お母さんが 『学び』を得たとしても、使いこなして、効果が出るまで時間がかかる。

質疑応答もできるでしょう。たぶん。
『そこ』で 一生を左右するような大切な友人に出会えるかも知れません。

頑張っているお母さんこそ 救われて欲しいと願っています。

大阪と 東京で開催される 出版記念講演は、こちら(↓↓)から お申し込み下さい。 

不登校を引き起こしている2つの原因 by 幸せな家庭を築く心理学 @ 矢野惣一 さん

と、9月30日までに ここ(↓↓)から 本を購入すると、おまけのPDFファイルを読むことができます。
『妖怪ウォッチに学ぶ 怒らない子育て』PDFファイル プレゼント by 矢野惣一さん

(PDFで 少し中身を見ることができます ^^)


上記のアドレスは ここ(↓↓) で 紹介されているものですが

日常生活で使わなければ習得できない by 幸せな家庭を築く心理学 by 矢野惣一 さん

その記事に こんなことが書いてありました。

>> 矢野が監修する講座では、
>> 日常生活で使えることに重点をおいています。

>> 心理療法の高度な技法を、日常生活に活用できるように簡易化しているのです。

>> そのいい例が、今回出版させていただいた
>> 『子どもの人生を一生幸せにする 愛の言葉がけ』(講談社)
>> です。

>> 心理療法の高度な技法を、子育てに使えるようにして紹介しています。

>> 心理療法が日常生活の中でふつうに使われている

>> そんな日がくることを願って書きました。

愛情の交換というのは 日常的に行うものであって、
ハレの日だけの 限定品であっては ならないと思います。

日常的に 無理なく使えるもの こそ、本当に手に入れたいもの です。

どうか この記事が あなたの目に止まりますように。