札幌講座で一緒に受講した人が セッションをする前に行っていること は、

生年月日を聞いて、

統計学による その人の性質を知って、それを本人に伝える

ってこと。

GWに 思いっきり説明されて、当時 自分のことが判って来て『いい気』になってた私は、

やっぱりこのままで良いんじゃん!って確認ができただけで十分で、

『伝えたい熱』の熱さにやられて 適当に聞いてました (ごめんね

で、それをもう一回聞きたいって思って、講座が終わった後に セッションをお願いしました。

結局会食とお喋りだけ で、相談はかなったんだけど。(彼の時間を貰った以上、お金は払いましたが)

で、再び『統計学』で 私の説明をして貰いました。

彼が どうして それを 初対面のツールとして使ってるか は、それによって自分が楽になったから って理由で、

8月に東京で勉強会があるって誘われたんだけれど、今年はやめておくって断りました。

近い将来 受講するつもりだけれど。私にも 役に立ったから。

で、

『何』が 役に立つか?

人には 統計学的に、生まれ持った『性質』ってのがあって、
それ以外に 生活していく上で 学習した『性質』ってのもあって、

それが 同じもの であれば、とっても生きやすいよね?

違うもの であれば、『それ』を把握しておいた方が 楽だよね?

で、生まれ持った『もの』で勝負できるのならば、

そっちの方が 生まれ持った『能力』なんだから、それ使うのに労力がいらないよね?

って考え。


で、私というと。。。

私は やる気全開の時と パワーダウンする時の落差が 激しいらしい。

全力を出せる期間が短く、スイッチが切れて充電する の繰り返しなんだって。

つまり、短距離が得意。短距離走向きの性質なんだって。

だからね、行動にムラがあって 当たり前 なんだってさ。

彼も 同じ性質を持っていて、

『そのこと』を知ってから、スイッチが切れた状態の時には、

無駄に頑張って動かないで しっかり休養を取るって方向に転換したって言ってました。
集中する時に集中的に人より多く動いてるんだから、プラスマイナス0だって。
だから ちゃんと休養を取らないと、集中的に動く時のパフォーマンスが落ちるから、きちんと休養を取るようにしてるって。

なるほど~
勉強になります。

私にムラがあるのって、ただ単に飽きっぽいから なんだと思ってた。

と、集中力がないからって。

集中力は かなりあって、
ただ全力を出しすぎるから スイッチが切れて動けなくなるだけで、
休養すれば また動き出せる って性質なんだってさ。

私には 私に合った『やり方』ってのがあって、

それが ムラのある動き方なんだとしたら、

それを受け入れた方が 心が楽になる。

無駄に 自分を責めたりしなくなる。

平均して動けるって理想だし、『大人』なら そうあるべきとか思うけれど、
頑張って ムラのない自分にしようと コントロールして 無駄に疲れたりしなくて済む。

しっかり休養さえ取れば良いって それだけ気をつければ良いって思うのって、凄く楽(*^_^*)

と いうことで、

ムラムラします。わたし ^^

ムラムラしてる 私を どうぞ宜しく(*^_^*)


追記 動物占いでは チーターの私。

説明書きを見てみたら、全速力で走り、突然ばったりと倒れるらしい(笑)


動物占いは こちら くりっくひあ