タイトルは 痛そうですが、夏海は元気です(*^_^*)

さて 本題に。

私、流産しました。
愛しの甥っ子が 来月20歳になります。
私の子供が生まれていたら、同じ年。
20年前のGWのことでした。

不正出血があまりに多かったので、慌てて病院へ行き、即入院。
その夜、トイレの中に。。。。

女性の方なら この感覚が分かる方 多いかも知れない。
生理の時の あのドロッって 塊が出る感覚を最後に、
赤ちゃんは私の中から出て行ってしまいました。

生理が来るたびに あの感覚を味わってました。過去形ではなく。

でね

私はあまりその話はしないんだけれど、
その話をしたらみんな お気の毒って慰めてくれてました。

で ある時 当時付き合っていた二代目の夫teaにのその話をした時に言われました。

・・・で、
自分に何て言って欲しいわけ?
自傷行為は、もう いい加減 やめたら?



へ?
自傷行為?
へっ??


自分で自分を傷つけることが自傷行為でしょ?
ならば、立派な自傷行為じゃん!!


何か、すごく 目から鱗でした。

私は体を傷つけたことはなく、自傷行為なんてしてないと思ってたけど、
そうか。
心を傷つけるのも 自傷行為になるんだ。

毎月 毎月 心の かさぶたを引っ掻いては、心も血を流していたんだよね。
『その』感触を 毎月 味わってしまっていた。傷ついた時を思いだしながら。

その言葉を聞いて以来、私は私の感情に蓋をして、『その』感触を味わうのを止めました。

今年に入って、こんなブログを読みました。

コスモスふうわりふわり 蘭子さん 『二分の一成人式』

そこの中の一文に釘付けになりました。

お空にかえった赤ちゃんのママは2年やらせてもらってる。

もう、衝撃的でしたよ!

そうか。私は もう20年近く ずっとママだったんだって。

すでに知っていた人だったけれど、すぐに蘭子さんにメールしました。
気づかせてくれて、ありがとうって。
そうしたら、お空に帰った赤ちゃんシリーズのアドレスを教えて下さいました。
コスモスhttp://ameblo.jp/fuuwarifuwari/theme-10050747655.html
夏海さんは 内臓が敏感なので、赤ちゃんと対話できるかも って。

ブログを読みながら泣いて、そこに貼ってあるリンクの動画を聞いて泣いて、
ずっと蓋をしていた感情の蓋を全開にしました。
もう覚悟を決めて、「今日は一日泣くぞ!」って思いました。

感触は同じで変わらないけれど、もう私は『あの』感触を味わったりしない。
過去は 何一つ変えられないけれど、私は私を もう傷つけたりしない。


このブログは、今 まさに戦っている2人の お友達に向かって発信しています。

どうか あなたは あなたの味方でいてあげて下さい。

過去に傷ついた『子供』がいる人は、
どうしても 一人反省会をしてしまって、
自分に問題があって 私が悪いって思いがちになります。

私は 周りに気を使って 自分を大切にしなかったせいで ストレスを溜めすぎて
お腹の赤ちゃんを守れなかった自分を20年責めて来ました。

私の一番の味方は、私以外にはいなくて、
誰か に 癒された傷は 『何か』によって、 
癒されたはずなのに、また傷口が開くことを知っています。

過去は変えられない。
過去にあった事実は 変えられない。

だから、もし 一人反省会によって、自分で自分を傷つけてしまうのならば、
まだ『時』が来ていないんだと思うの。
私は『時』が来るまで 20年もかかった。

心を傷つけることも 自傷行為。

どうか 自分を傷つけないで。

どうか 『今』のあなたに寄り添ってあげて、

一番の味方でいてあげて下さい。

AD