黒い犬


こんな動画?を発見しました。

http://wotopi.jp/archives/1524

うつ病患者の見る世界を”黒犬”で表現した動画が話題に 患者から「驚くほど的確」の声
絵の解説にこんな文章が。


特効薬や魔法の薬などなく、別のアプローチが必要な人もいる。

リラックス、運動、親しい人たちに本音を打ち明けることはもちろん、

一番大事なのは黒い犬を恐れないこと、

そして自分のやり方で黒い犬を躾けたことだ。

適切なやり方で適切な人に話せば黒い犬はそのうち去っていくのだ。


感謝してるとまでは言いきれないけど、黒い犬は素晴らしい先生だったんだ。

ぼくの人生を強制的に見直し、シンプルにしてくれたのだ。

問題から逃げ出すより受け入れるほうがはるかにマシだということを学んだ。

恥ずかしいなどと思わずに助けを求めてほしい



さて。

うつ病って、最近は とってもハードルが下がった病気でもあったりします。
駅前のメンタルクリニックでは、開業前に10人程 外に並んでいたりする。
『精神科』が 奇異の目で見られなくなったのは 良い傾向なんだろうけれど、
あまりにハードル下げすぎなんじゃない?って思うの。

姪っ子が、『寂しい病』で 微熱を出し続けていて、母親である妹に言ったんだって。

病院行く? (((o(*゚▽゚*)o)))
何科に行く? (((o(*゚▽゚*)o)))
診療内科?? (((o(*゚▽゚*)o)))

中学1年生の姪っ子までが、診療内科という言葉を 普通に使うのか!って びっくりした。


肩凝りや頭痛が『うつ病』のサインとか、何だか分からないCMが流れていたりして、
誰が 精神科へGO!キャンペーンを貼っているのか知らないけれど、

寂しい人が多すぎる。


助けて欲しいって 声に出しても良いんだよ。

我慢なんてしないでさ。

ちゃんと 言葉に出さないと 

あなたの苦しさも
あなたの寂しさも
あなたが 実は限界まで頑張っていることも
あなたの悲鳴だって

正確に理解しては もらえないの。

言葉にしなくても 察して貰えるのは、

どう頑張っても 幼稚園まで なんだから。


生きることに疲れちゃったら、すべてのスイッチを切ってね。

こんな文字なんて 読んでいる場合じゃない。

バーチャルな世界なんて 放っておいて

今 肌を触れられる誰か に 助けを求めて下さい。


風邪だって同じ。

いくらお医者さんに行っても 問題は解決しないの。

あなた以外の人に あなたを救うことは できないのだから。


答えは あなたの中にある。

どうしたい?

どうなりたい?

こんがらがっちゃったら、それだけを シンプルに考えてみてね(*^_^*)


クリックして頂けたら 励みになります ↓


人気ブログランキングへ