不公平なことがたくさんある世の中ですが、全ての人に公平に与えられるもの、それは時間ですね。

でも、私には時間が足りません。初日を観たのがつい先日のような気がして、一か月たったなんて、嘘でしょう?!と叫びたくなっています。

「時は過行く。今は永遠じゃない」・・・はい、そのとおりです。ショボーン

 

舞台を観ていると本当に一か月経ったのだと実感せざるを得ません。

舞台がどんどん変化し、進化しているから。

 

紅さん演じる隼太郎の熱演は変わりませんが、「おいのやったパルファン・・・」のあたり泣き笑いのような表現をされるようになったと感じました。演じることについての知識は皆無なので、素人の考えに過ぎませんが、あれって難しい表現の仕方ではないのかな?

失敗すると、泣いているのか笑っているのか分からなくなるかもしれない。あえて、難しいことに挑戦されているのでしょう。まだまだ進化されるものと期待してしまいます。

 

我らのみっちゃん演じる桐野さんも、凄いことになっています。

軍服姿も袴姿も着流しも、全て背筋がピンとのびて惚れ惚れする美しさ。長年積み重ねてきた鍛錬の賜物でしょう。

 

⇑この舞台写真の桐野さんは、きれいなお顔で写ってますけど、今は全く違う顔になってます。命のやり取りをするサムライの顔。例えると「夜叉」の表情になっているんです。

このような表情で演じるトップスターを、私は見たことがありません。

たぶん、これからもいないだろうと思います。

宝塚的には「トップスターの表情」としては、決して美しいとは思えませんし、齋藤先生はよく許されたなと。

でも、あまりにも迫力ある殺陣と、みっちゃんが発する熱量に、私は「桐野利秋」の顔から双眼鏡を外すことができませんでした。

 

この表情で演じるために、みっちゃんは19年間頑張り続けてきたのかとも思うのです。

北翔 海莉演じる、桐野利秋の二十一人切り。永く語り継がれる伝説になると確信しています。

 

夜叉の表情で戦う桐野が、隼太郎に「半次郎!」と呼ばれたとたん、憑物が落ちたような別人のような顔になります。(たとえがアレですが、「大魔神」みたいな感じ?)

 

初日あたりは「隼太!」と返していたセリフが、今は「しゅんたああ!」と私には聞こえました。

 

やっぱり、みっちゃん@半次郎の相手役さんは隼太郎なのかなあ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

電源を切りましょう

テーマ:

偶然なのか・・・・。

 

いつもはあまりないことなんだけど、大劇場で公演中の星組公演を観劇中に、携帯の着信音を聞くことが何回かあった。

 

今日はお芝居の時に、ブオーンという振動音が。

 

先日は「イルモンド」の場面が始まる瞬間だった。一瞬の静寂からみっちゃんが壮大に歌い上げようとしているところで、S席後方からショーとは関係のない、全く異なるジャンルのメロディが聞こえてきた。

 

サヨナラショーの最中に携帯の振動音が鳴り続けるという状況に遭遇したこともある。

 

 

 

音のなるものは、電源から切りましょう。

観劇中に携帯の画面を確認するのもやめましょう。

 

どうか、お願いします。(。-人-。)

 

 

 

 

AD

北翔海莉メモリアルブック がTCAより届きました。

 

巻頭ポートレートがとてもいいです。

表紙を開いて目に飛び込んできたみっちゃんを見て、思わず変な声が

出そうになりました。(//・_・//)

 

その後にも次々と現れる

カッコいいみっちゃんラブ

綺麗なみっちゃん、赤薔薇

美人なみっちゃんラブラブ

いつものみっちゃんニコニコ

色っぽいみっちゃんびっくり

妖しいみっちゃん。チュー

こんな洋服も着こなせるんだ口笛・・なみっちゃん。

 

巻頭ポートレートはスタジオのみならず、大正時代に建てられた洋館や古民家など、多彩なシチュエーションで撮影。ナチュラルな笑顔ドラマティックな表情を捉えた多数のショットには、舞台に全てを懸けた北翔海莉の情熱と、男役としてのクールな魅力が溢れています。
また「歌劇」「宝塚 GRAPH」などに掲載されたポートレートや掲載記事などを年代順にご紹介し、19年間の北翔海莉の歩みを思い出とともに辿ります。

 

⇑ TCAのHPの内容紹介そのままの一冊。19年分だもの、分厚い一冊。

もう大満足。照れ照れ

 

カバーの裏面にも、見たことないようなみっちゃんがいますよ(*゚ー゚*)

 

そして、歌劇、グラフに掲載されたみっちゃん関連の記事や写真がたくさん。

私は姿月 あさとさんが退団された後、10年以上歌劇・グラフを買っていなくて、この頃の記事と写真を見られるのは大変嬉しいことです。

 

でも・・・。

宙組後半の頃は、今見ても少し胸が痛むかな・・・。

 

専科に異動してからの写真などは、その頃どんな状況だったか、思い出してしまいます。

嬉しいこと、楽しいこと・・、いろいろありましたね。

 

19年間のみっちゃんの歩み。本の分厚さだけではなく、重みを感じます。