艾蒸の体質改善で免疫機能を強化し!小児推拿は子供の健康を守る!

痛みの原因が代謝物の瘀血がたまりで、瘀血はしこり腫瘍などの素です。艾蒸カッサカッビングは経絡ツボを温め気血の循環を促進し,臓腑機能の強化で体内すべでの細胞が正常に再生し健康が守れます。脊髄温灸は自律神経を調和し更年期障害を克服します。

   漢 療   氣  樂  院
HP: http://kirakuinn.p-kit.com/

お問い合わせ:090-4022-3387

営 業 時 間 : 13:00~23:00まで 

ア ク セ ス:目黒区上目黒1-2-9 (ハイネス中目黒 203室)


にほんブログ村


テーマ:

アトピー性皮膚炎は慢性で繰り返し再発する皮膚の病気です。


強皮症はアトピー性皮膚炎の一種で、昔から中国は牛皮癣と言います。


中医では脾と胃の機能失調で消化吸収不良の体質が‟真菌の生長と感染”の‟土壌”と認識してます。


現代医学では抗生物質の多用が尿路感染、膀胱炎、腸内菌群の失調などアトピー性皮膚炎の完治が難しいのは事実です。


温灸は体質改善ができ、アトピー性皮膚炎克服する事ができます。


温灸自療の症例を紹介します。15年の強皮症を温灸自療で治りました


我有15年的牛皮癣,开始前五年还不严重,到了夏天天气暖和了会自行好转,那时候我可以穿夏天的衣服,

訳文:私は強皮症を15年も患いました。最初の5年は症状が軽く、夏は病状が好転し、夏服も着れました。


后十年就严重了,这十年漫长的岁月,我最怕过夏天,我是无可奈何的无比低落的穿着长裤长衫度日如年,当然我也做过无数的努力,扎针。中药抹药吃营养药。。。。。。经过无数次的希望失望,

訳文:あとの10年は病状が重くなって、長い10年の歳月に夏が怖くて、しょわなく長袖長ズボンで過ごしていた。勿論様々な努力をしたが、はり、中医薬、サプリメントなど・・・・・・・数え切れない希望と失望の中で過ごしました。


为了能给自己一个完好的夏天我甚至还用了掺有激素的药物(是身边朋友验证过的,25天就可以下去)明明知道这种药物对身体有着强大的伤害性无奈我也冒险了可给我的回报是脸手脚都迅速的胀大起来。而皮肤没见好转。。。。悲观厌世的情绪时常会在我脑边回荡。

訳文:夏に発症しないため、強い副作用を知りながら、冒険してステロイド薬を使かったが、皮膚が治らず、結局手、足、顔が大きく腫れあがりました。悲しくて自殺願望が常に脳に浮かんできます。


以前严重的时候满身的伤痕累累,总而言之就是头发一天一把的头屑,床单每天必需去抖落。漫天飞舞的银屑,满心失落的情绪。

訳文:以前強皮症で全身傷だらけ、毎日頭皮のふけに悩まされた。


一年半的时间过去了,别人听来应该是很漫长的感觉吧,可我一直在坚持到现在却仿佛有时光悄悄流逝的感觉。其实很快。只要你坚持让它成为一种习惯,就没有什么大不了的。

訳文:一年半の時間が長いと聞こえるが、私は毎日の続けて習慣になってあっという間に過ぎました。


去年夏天我有过反病排毒的经历,我记得那时我每天用到了一盒的艾条。我也自己放血拔罐了,没有找人帮忙,我自己照着镜子耳尖耳背,尺泽曲池等等我都放过血。现在就不用这样了,我几乎还是每天坚持最多就一根艾条就可以了,以前我是忌口的,牛羊肉葱姜蒜都不敢吃,因为吃了马上就痒还会严重,现在肯定没事了鱼虾我也敢吃了。


訳文:昨年の夏好転反応を経験し、当時毎日一箱の棒灸をつかって温灸してました。(一箱=10本棒灸)  自分で寫血、カッビングもしました。今も毎日一本艾で温灸してます。以前再発を恐れて牛、羊肉、ねぎ、生姜、にんにくなど食べ恐れてました。食べたらすぐ痒くなる。今は平気で魚もエビも食べます。



我觉得大多是人都是像我一样,如果不是万不得已,绝望的情况下才试探着艾灸然后感觉有好转有希望了再坚定的坚持,再到喜欢。

訳文:多くの人が私みたいに絶望の苦境に立たされ、温灸をためずにいられないです。試した好転の結果が喜びと希望に続ける決心につなぎました。


訳文:多くの人が私みたいに絶望の苦境に立たされ、温灸をためずにいられないです。試した好転の結果が喜びと希望に続ける決心につなぎました。




一年半の温灸自療は容易ではないです。希望に導かれ何回も出る好転反応を忍耐強く乗り越えられ、体質改善で身体が生まれ変わったです。



温灸とお灸は方法が違います。お灸は大量にできないです。大量なエネルギー(陽気)を体内に注ぐ事で寒気と湿気を除去し体質改善につながります。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

今日は昔お世話になったMさんのお見舞いに、

港区の特別養護老人ホームへ行きました。


Mさんが十何年前に自宅の夕食中に脳梗塞で倒れ、

近くの東京慈恵会医科大学附属病院で助けたが、

後遺症で長年軽井沢の養護施設に療養してました。


昨年夏に東京の施設に移住してきました。

2月に奥さんと連絡し、お見舞いに行きました。


歩けない足が冷たく、浮腫んでました。

足のむくみを取るため、何かいい方法をさがし、

中国の「循経能量経絡筆」を取り寄せました。


この「循経能量経絡筆」は経絡療法で

ツボの刺激で経絡の詰まりがとれます。


一般的にすぐ経絡がとるよになるが、

歩けない足の経絡は気が弱いから、

すぐには簡単にとれませんでした。

毎回手脚と臍の温灸をしてました。


脳梗塞の後遺症ののリハビリには、

脊髄温灸を取り入れてください。


脊髄温灸は背中の内臓器官のツボに

直接温かいエナルギーを注ぐことで、

内臓の働きうを強化され、筋肉、骨など強くなります。


その秘密は「内経」の「五臓所主」が教えてくれました。


五臓の主る所

心主脈・肺主皮・肝主筋・脾主肉・腎主骨は五主と言います。


肝主筋の「筋」は肌肉と骨・関節を連結する組織で、

腱(筋線維の末端終止部)・靭帯と筋膜等を包含している。


脾主肉の「肉」は肌肉を指、「脾は身の肌肉を主る」。


腎主骨の骨、骨格は人体を支持する働きをしています。

骨の生長発育、衰えは腎中の精気虚弱の関係してます。


また、歯は「骨の余り」で、人体で最も硬い器官である。

歯の成長と脱落は腎中の精気の盛衰密接の関係しています。


温灸は肝、脾、腎などの働きうを強化することで、

自然に身体の筋、肌肉、骨(歯)なども強くなります。



長期間の施設生活は大変ですねぇ!

私は小学校の入学前1年間、

母は肺の病で長期入院に、

父はまた仕事の出張が多く、

やもえず上海の寄宿幼稚園に入園した。


皆に羨ましがれ、毎日楽しかったようが、

それより、毎週土曜日家に帰った後、

日曜日の夜、父が私を稚園に送った後、

私は父の背中を見送るため、

トイレに駆け込んだ、トイレの窓から、

父の背中を見えなくなるなで~~~

その寂しさが半世紀近く経っても忘れません。


自由に生きるため、健康な身体がかかせない

私は自分の足で一生元気で歩いて活きたいです!



老人ホームの隣に乳児院があります。


可愛いポニーくんが来てました!




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日朝アンディさんからのラインで目を覚めました。


肩がガチガチで苦しい、頭が痛いと言いました。


二日前尿血が出った事で、皆さん心配してました。


昨日の検査で膀胱に結石6個ありました、


痛み止めを飲んでたが、痛みが頭にきました。


午前に温灸出張へ行きました。


まず中医理論‟上病下治”を基に、


足裏にいつもより火力の強い温灸缶をつけ、


お腹、手、足、頭の経絡に沿うって温灸缶を付け、


特別に足の踵にも温灸缶を付けました。


その後、背中の膀胱経絡をカッサしてから、


たくさん温灸缶で強火温灸を施術しました。


二回目お腹温灸の時、


足裏用のカッサ棒で肝臓の経絡、


腎臓、膀胱経絡とツボをカッサ刺激したで、


いつも足裏カッサが痛くて避けてたが、


今日は避けても強くカッサをしましたね。


温灸整体で臓腑機能を高まり、


後半に何回もトイレに行きました。


今回2時間温灸整体の施術を行いました。



午後5時頃、アンディさんから、

‟尿から石3個を出た”の電話がきました。


凄いねぇ!痛かったけど、嬉しかった。


実は昨年も結石が取る手術をしました。


今回は結石の再発ですね!


以前も胆石の温灸自療 を紹介しました。


中医学では体内陰陽バランスが崩れると、


体内嚢腫、腫瘍、結石などなりやすい。


体内の石をつくったのは身体です。


温灸は身体の気、血の流れを促進し、


五臓六腑機能を強化しただけで、


身体が石を溶ける成分を産生分泌され、


体内の結石が自然に分解されました。


温灸は身体に不思議な力を与えています。



特に不妊治療の方は‟踵”の温灸を薦めます。


‟踵”=かかとは中国語で‟種”=たねと言い、


男女の‟精子と卵子”のことをさしています。


足、踵の冷えは性機能の低下にもつながります。


温灸自療はとっても便利で、簡単です。


是非、皆さん温灸を利用してください。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

子供の日から


子供健康のために小児推拿を提供します。


中医学理論に基づいて、子供の生理、病理的な特徴に合わせて、ツボと手法を選んで、小児に対して推拿を行うことを小児推拿と言います。小児推拿は中医推拿学の重要部分で、二千年以上、子供の健康に貢献してきました。


小児生理特点:


1.「臓腑嬌嫩、形気未充


嬌嫩とは弱弱しい、繊細で、デリケートで、刺激などに耐えない。


とは、体のことで、五臓六腑、四肢百骸、精血津液など、


とは各種の生理機能を指しています。


未充とは、まだ充足していないことを指している。


小児は生長発育の時期にいて、その臓腑の形態は未熟で、各生理機能がまだ健全でない。飲食の消化、分解、吸収、排泄など上手く機能できないです。

2.生気に溢れ、発育が速い


小児は、臓腑では嬌嫩(幼稚)で、形気がまだ充足しておらず、心身上では単純、幼稚であり、また別の面では生き生きとした生気に溢れ、成長がはやいという特徴を有する。



【病理特徴】


1.外邪に侵襲されやすい。発病が速くて伝変しやすい。


小児は形体と機能が弱いため、特に、肺気の宣発粛降の機能が健全でなく、小児は寒さや暑さに対して自分で管理できないため、外邪=六淫に侵襲されやすく、発熱、下痢、伝染病にかかりやすい。しかも、発病が速くて伝変しやすい。重い病証に進行しやすい。


2.飲食による脾胃損傷になりやすい


小児は脾気が常に不足しています。
小児は早い成長・発育の時期にいて、脾は後天的な本として、血気を生化する源で、小児の急速に成長に精血などの物質を提供しなければいけない。そのため、 脾胃の負担が大きくて、小児の急成長発育した需要についていけず。
小児の消化機能も健全でなく、飲食に対して自分で管理することもできず、飲食による脾胃損傷になりやすく、消化不良、食滞、下痢などが起こりやすい。

3.治りやすい


小児は生気が盛んで、精力が充満で、組織の再生及び修復の能力も盛んでいるため、小児の病証には速く適当な治療すれば、治りやすく、生理機能の回復も速いです。


小児推拿は子供の生理、病理的な特徴に合わせて、ツボと手法を選んで刺激するする事で臓腑の陰陽を調節し、経絡を疏通し、気血の流れを良くし、臓腑の機能が整え、免疫力を上げる効果ができます。


小児推拿の「補脾」、「摩腹」などの手法は胃腸の蠕動を活発にし、消化液や酵素が多く分泌され、炎症を鎮めることができます。「捏脊」は大脳皮質、自律神経の機能を改善し、消化酵素の分泌も増やし、小腸の吸収もよくする効果があります。これは小児の成長、虚弱体質の改善に最もいい方法です。


小児推拿適応症:


虚弱体質改善、風邪予防、消化不良、食欲不振、栄養不良、下痢、嘔吐、腹痛、便秘、発熱、初期の風邪症状、咳、喘息、遺尿(おねしょ)、夜泣き、驚風など小児推拿で改善できます。


小児推拿は簡単、便利、副作用がない、経済できな手法で子供の不調を調和し、子供の健康維持や病気予防にも役立つことができます。


子供の健康に悩まさた方、少し中医知識を知ることでその悩みが解決します。
お母さんお父さんのために、小児推拿を勉強コースをつくりました。


興味のある方は下記の連絡先までご連絡ください。


お問い合わせ


TEL:090-4022-3387


E-mail:kiraku139@yahoo.co.jp



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

小児推拿ー捏脊法


小児推拿は数千年前から伝えられている中国伝統医学です。


新生児から12歳前後の子供達を対象とした手技療法です。


日本でほとんど知られていないが


中国医院の推拿科でも小児推拿が行なわれています。

捏脊は小児推拿代表的な手技で、


背中膀胱経絡のツボ刺激で内臓の調子を整え、


気血と経絡の流れを良くする手法です。


また、推法という方法を使えば


熱を下げる事も出来ます、


病気の予防と治療、健康な成長を促進します。

  
なぜ小児推拿で下痢や、便秘、初期の風邪症状が改善するのか?

小児(新生児を含む)の下痢、


小児は成人と違って消化機能が


未発達の為に起こっています。


分解・吸収が上手く出来ない為に


下痢になると考えているので、


これを推拿の手技で胃・脾臓・肝臓・大腸のツボに


作用をかけて分解吸収を促進させます。


 簡単な手技で健康保持や便秘,下痢,解熱,消化不良、


食欲不振、栄養不良、咳、初期の風邪症状を


改善できるのが小児推拿です。


抗生物質の乱用防止に一役買っているんですよ。


中医理論をちょっと知ってると


子育て中のママ(パパ)達の悩み解消になります。


親子のスキンシップを兼ねて、子どもの健康づくりに役だつよう、


効能:通経絡・清熱・和臓腑・理気血・培元気・強健身体


是非、お子さんの精身健康促進に小児推拿をしましょう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

温灸を始めて、1年少し経ちました。

1年前より、かなり身体が楽になってきましたし、
見た目も少しスッキリ、姿勢も良くなって疲れにくくなってきました。

生理痛やアトピーの改善が一番の目的で始めましたが、
その他にも、思ってもみなかった効果がありました。
1つ目は、ここ1年、
全く風邪を引いていないことです

以前は、季節ごとに一度は風邪を引いてましたが、
ここ最近は、もしかしたら始まるかな?といった時でも、
すぐ体調が回復して、風邪にまで至りません。
2つ目は、セルライトで凝り固まっていた太ももが、
随分柔らかくスッキリしてきたことです。

太もものゴリゴリとした固さと、冷えは、今まで何度となくエステや、オイルマッサージ、筋トレを試してきましたが、効果が出なかったので
これも体質だと思って諦めていました。

ところが、氣楽院さんで自宅用に買った、温灸とカッサを組み合わせてセルライト部分をケアしていたところ、だいぶ改善してきました。
立ち仕事で、浮腫みがひどい時もありましたが、
今は流れが良くなったせいか、浮腫みもそれ程感じなくなりました。

セルライトはなかなか取れないと言われていますが、
温灸はセルライトを取り除けるんだ!
と実感しました

まだまだ、太ももの冷えは気になりますが、
ここまで改善出来たので、信じて続けられそうです。
あと、もう1つ、予期せぬことでびっくりしましたが、

歯茎が丈夫になったことです

2.3か月に1回、歯医者で歯石を取ってもらう際、歯茎がかなり痛く、たまに血が出ることもありましたが、今は全く痛くなくなりました。

温灸を始めてからの変化なので、おそらく温灸のおかげだと思います。
口の中や、歯茎も冷えていたのかな?と思いました。
(腎気が弱いと歯と歯茎が弱くなります)

そのせいか、家族からも、たまに感じていた口臭もなくなったと言われました。
もちろん、当初の目的だった、生理痛の改善や、アトピーも薬なしでだいぶ良くなっています。
今まで何十年も一緒にいるアトピーや、セルライトや、生理痛が、ここ1年くらいで、こんなにも改善するものなのかとビックリしています。

「自分の体質だから」と諦めていたものが、くつがえされました。

体質は変えられるのですね!!
成果が出ているので、今後も楽しく続けられそうです。

Tさん、ご感想ありがとうございました!
私も温灸で体質改善ができました。今も加齢により低下する内臓機能を高めるため、運動の代わりに日々温灸を受けてます。

当店の脊髄温灸整体は気、血の流れを促進し、内臓器官を活性化させる事で、より多くのエネルギー=気、血が生産できます。

生命の維持には:

    呼吸から天の気=宇宙のエネルギーを身体に取り入れる。

     食物から大地の気=エネルギーを身体に取り入れる。

     天の気と大地の気が内臓器官の働きで

     生命を維持するエネルギー=気と血を生産されます。

 五臓六腑は生命を維持するエネルギーを生産しながら、消耗してます。

 生命を維持するエネルギーが強いと身体に振動または波動を感じます。

 温灸は火とヨモギから精製した艾の双陽(火は陽性と艾の陽性)を利用して、体の隅々まで氣、血の流れを促進し、体内と内臓器官の浄化で、内臓機能を高めてより多くの生体エネルギーを生産される事で、体質改善、体力増強、冷え症改善が期待できます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

近年、日本でも漢方養生が少しずつ知られました。


中国は漢方薬、針灸、推拿は医療保険が使えますが、養生には医療保険が使えないです。

今日は中国上海の「中経堂」を紹介します。


「中経堂」 経絡養生を理念に、


中国中医科学院が‟病気を予防する=治未病”を目的に、


上海などで開設した大型経絡養生治療院です。


‟中経堂”の理療方針は経絡調理、不薬而癒、


病は経絡の調理=調和させ、薬を使わず治します。


「中経堂」の先生達は各中医院の主任中医師です。


対象: 


慢性疲れ様の経絡保養ー高血圧、高血脂、脂肪肝、疲れがとれない、眠れない、うつ、ED、早衰など


女性の経絡エステー早期閉経、うつ、シミ、シワ、卵巣腫瘍、卵巣機能低下、子宮筋腫、膀胱炎、乳腺炎など。


慢性病、難病の経絡自癒高血圧、高血脂、心臓病、胃寒胃痛、慢性前列腺炎、脂肪肝、宮寒不孕など難病、慢性病を経絡ツボの刺激で自然治癒

力の強化で治します。


理療方法は:


 経絡推拿カッサ温灸カッビング  脊髄温灸薬湯

 気功開ツボ など


経絡養生は経絡ツボの刺激で身体の内臓機能が高まり、身体の自然治癒力強化します。


上海に行ったら、是非、本番の経絡養生を体験してください。



気楽院は90分脊髄温灸 コースを受けると、無料でカッサ、カッビングを受けられます。うつ、精神疾患、不妊不育は体内の陽気不足で、温灸した身体が自然に治癒します。


 脊髄温灸整体を受けることは気功鍛錬と同じ効果を得られます。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

カッピング・セラピーとは、吸玉療法


中医は“抜罐”と呼ばれ、古人は動物の角を治療工具に、古称“角法”の伝統的な民間療法です。



背中や腰、首の東洋医学の「経路」に、

ガラス製やプラスチック製をはじめ、竹筒

などのカップ(筒)を置き、機械や火を使って、

カップの中を真空に近い状態で皮膚に吸着させます。



カップは皮膚を引っ張り、体内(特に皮膚の表面付近の毛細血管内)に滞っていたドロドロとした血=代謝物(中医学のオ血)、寒気、湿気が、皮膚の表面に引き上げられ、身体の修復力を強化できます。



そうすることで、血液の循環を良くして、さらに、

血行を促進させて、肩こりや腰痛をはじめとした、

筋肉のコリや痛みの症状を緩和させる療法です。



 

吸玉の跡は4~5日で消えます。濃い跡の部位を寫血 したら、必ずおっ血がでます。


 背中のニキビをカッピングしたら、

おっ血と津(古い体液=浮腫みのもと)が出ました、その後の温灸でニキビが治りました。(温灸は強い消炎効果があります)



カッピング(吸い玉)の効果

カップの中を真空に近い状態にして皮膚に吸着させるという、

原理はとても簡単なカッピング・セラピーですが、その効果はあなどれません。


カッピングの効果を大まかにまとめると次のとおりです。
•血行を良くする。
•血管をはじめ、組織を強くなる。
•免疫力が強化される。
•皮膚の若さを保つ。(アンチエイジング効果)
•内臓や諸器官の働きを活発にする。
•自律神経を正常に調整する。
•(身体が興奮状態には鎮静し、鬱には興奮をさせます)
•体内から体外への老廃物の排泄を助ける。
•(デトックス効果)
•ストレッチと強力なマッサージ効果


これらの効果が複合して、様々な症状の改善、

解消に役立っています。


カッピングで効果が出やすい症状は次のとおりです


•頭痛(こめかみの痛みとり)

•肩こり
•腰痛(筋・筋膜性腰痛)

•更年期障害
•冷え症、足腰のむくみ
•慢性疲労
•高血圧
•アトピー性皮膚炎
•花粉症


これらの症状以外にも、カッピング・セラピーは

様々な場面で活用されています。


是非、有効に利用してください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。