Q,  いつも美容室に予約して行くのですが、なかなか時間通りに終わりません。だいたいの終わる時間を聞いておくのですが オーバーしてしまう美容室が多々あります。せっかく予約して行くのに決まった時間に終わってもらえないのはどうしてでしょうか? 



A, 
大変申し訳ございません。誤解を恐れずに申し上げますと・・美容室とは そういうところなのです 笑。

カットなら○分、カラーなら○分、パーマなら○分というように 各サロンごとに基準となっている大まかな時間というのは決まっています。しかし、なかなか決まった時間に終わらないのが実情です。
 
まずはカウンセリング。カウンセリングにかかる時間はお客様それぞれです。いつも同じサロンにいってらっしゃるメンバーの方の中には1~2分でアウンの呼吸で済む方もいらっしゃいますが ヘアスタイルの変更などの場合、5分~20分くらいかかる方もいらっしゃいます。初めてのサロンや担当者なら なおさらかもしれません。美容師とお客様のイメージが一致しないと施術がスタートできませんからね。共通イメージのないまま初めてしまうと、満足できるヘアスタイルになる確率は当然低くなる場合が多いと思います。思い通りのヘアスタイルに近づける最良の手段の一つは“如何に美容師に思いを伝えられるか(最初に)”、それにかかっています。そのためにかかる時間も計算通りにはなってくれません。 

そして髪質。お客様ごとの髪質や髪のダメージ度合いなどにより予測不能な事態も発生してしまいます。パーマのかかりが悪い(遅い)、カラーの染まりが遅い、髪のダメージ度合が強くケア剤(処理剤)の塗布時間、浸透のための放置時間等を多くかけなければいけない・・などなど薬剤に対してのイロイロな問題や、髪のクセや量により美容師が想定している時間より多くかかってしまうことが多々あります。 

そんなこんなで施術時間が長くなってしまうのに “ご自分の前のお客様でオセオセになっている場合”がプラスされてしまう場合もあります。これは美容室側の責任で本当に申し訳なく思っています。前のお客様の施術が前述等の理由で長引いてしまい自分の時間がずれ込んでしまう ・・病院を連想していただくとわかりやすいかもしれません。・ ・
自分の診察は10分くらいなのに待ち時間が数時間・・・なんてことはありませんが 笑。 大変申し訳ございません、美容師さんも一生懸命です。カウンセリングや前のお客様で時間がかかったから次のお客様の施術時間を短縮して・・なんて できませんからね。
 
もう少し長く時間(薬剤等の)を取りたかったが お客様の時間がないので早めに仕上げてしまい 後日、仕上がりに対して(カールやカラーの)お客様からクレームが来てやり直しをさせていただいた・・そんな笑えない話も美容師さん仲間から普通に聞こえてもきます。
 
大体の想定時間内に終わることのできるメニューは カットやセットなど薬剤を使用しない施術となります。それ以外のメニューの場合は多少のお時間の余裕をお持ちいただいてご来店いただければ と思います。大変申し訳ございません (たぶん・・日本の美容師一同)。 

※最近、時間制で技術料金が決まっているサロンもあるようですのでその場合は この限りではありません。


AD