リンデンバウムのブログ

小さな香房からお香の魅力を伝えていきます。日本に生れたことに感謝!


テーマ:

先日、以前横浜のイーハトーヴクリニックでソマティックヒーリングのセラピストとして活動させていただいた時のお仲間、万梨子さんとMさんに久しぶりにお会いしました。

 

万梨子さんとMさんは現在もクリニックの催眠センター専属セラピストとして活躍されています。

 

積る話でランチは盛り上がったのですが、万梨子さんが最近力を入れていらっしゃるリップルゲームを私も体験してみたいとお願いしました。

 

詳しくは規約があって、写真もNGなのですが、とっても興味深かったです!

 

リップルとは波紋のこと。引いたカードのメッセージがどんどん波紋を広げていきます。しばらく潜在意識探求の世界から離れていたのですが、自分の潜在意識からのダイレクトなメッセージを受け取った思いでした。思わず潜在意識に「ご無沙汰しておりました!」とご挨拶したいくらいでした。

 

カフェなどでも可能なので、ご興味のある方は万梨子さんにお問い合わせください。

 

そこで宣言した依頼されたお線香と練香をいち早く仕上げることとブログを更新すること、どちらも早速実行!

 

KIMG0172.JPG

 

珍しい香原料、蘇合香を配合した練香です。容器の飾りはアッサム産沈香。お線香は写真を撮り忘れてしまいました。

 

KIMG0166.JPG

 

我が家で育てている香原料の一つ零陵香の一種沖縄のヤマクニブーです。無事冬を越してくれました。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

もう五月も半ばになってしまいました!昔から木の芽時は体調に気をつけないといけないと言われています。植物はとても元気そうで見ていてるだけで癒されますが霧

 

先日も香司の勉強会で、東京薬科大学名誉教授、指田 豊先生からある香原料の作り方を教えていただきました。

 

その香原料は占唐香(せんとうこう)と呼ばれ、鑑真和上によって唐から様々な香薬と共にもたらされたもので、その記録も残っていますが、どのような香原料であるかは明らかでなく、幻の香原料ともいえる存在でした。指田先生は多くの文献を調べられ、植物学では占唐香はクスノキ科のカナクギノキから採取するとされていることから、占唐香の作り方を考案されました。三重県の青山高原で集められたカナクギノキの枝葉を細かく裁断し、水を加えて煮詰めたあと布で漉し、扇風機に約30時間当て放置すると水分が飛び、液体から粘り気を帯びたジャムのようになりますが、これが占唐香と呼ばれたもののようです(実際はもっと複雑な工程ですが)。私達はすでに完成したものを見せていただきました。

 

香りを嗅いでみると、極上安息香とナツメの実を合わせたようなほのかにフルーティな香りがしました。

 

今回は枝だけを使ったのですが、枝の中にこれから秋に実をつける予定のカナクギノキの果実の元が凝縮されているように思いました。

 

草木染でも、花の色を出す時はその木の枝を煮ると鮮やかな花の色が出るそうで、果実の香りも同じなのかもしれません。

 

自然の神秘を垣間見た思いでした。

来月の勉強会ではこの占唐香を使った練香を作ります。楽しみです合格

 

KIMG0164.JPGKIMG0162.JPGKIMG0165.JPGKIMG0163.JPG

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

あれもこれも書きたいと思いながら、もう4月も終わりに近づいてきました。

 

長年馴染んできたガラケーの電池が切れたのを機会にスマホに変えたのですが、操作に慣れるまで結構大変でした!

 

眼精疲労も半端でなく、眼科に行って山のように目薬をもらってきました(笑)

 

電車の中でスマホを使われる皆さんの見事な指さばきに見とれる日々です。

 

そんな中、今日は香司の勉強会で毎年恒例の「沈香聞き比べ」に参加して、およそ20種類の沈香を聞いてきました。産地別、グレード別に分けられた沈香を香炉で聞き、最後は焚いて香りの違いをしっかり覚え込みます。

 

聞香とは違って、お線香や練香、お焼香などの製品に加工するためにも欠かせない大切な学びで、最近の香木の流通事情なども師匠から伺うことが出来る貴重な講習なのです。

 

聞くごとに香木酔いというか、眠くなってきて帰りの電車の中でうとうとしながら、聞き比べの余韻に浸っていました照れ

 

KIMG0122.JPG

 

KIMG0121.JPG

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。