1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2006-03-30

J-POPのランキングがヤバいことになっている

テーマ:Blog

週間ヒットチャート<シングルベスト>=山野楽器

1.Real Face (BOX限定盤)
  .....KAT-TUN
2.Real Face (通常盤)
  .....KAT-TUN
3.Real Face (ジャケット違い限定盤 B)
  .....KAT-TUN
4.Real Face (ジャケット違い限定盤 A)
  .....KAT-TUN
5.Real Face (ジャケット違い限定盤 C)
  .....KAT-TUN
6.Real Face (ジャケット違い限定盤 D)
  .....KAT-TUN
7.Real Face (ジャケット違い限定盤 F)
  .....KAT-TUN
8.Real Face (ジャケット違い限定盤 E)
  .....KAT-TUN
9.ピリオド (限定盤)
  ..... 綾瀬はるか
10.I believe
  .....絢香
 提供:銀座山野楽器(期間3月20日─26日)
 [27日 ロイター]

*** *** ***
おいおいおい。
カトゥーンすごいな。
なんか間違っちゃったみたいなくらいに売れてるな。どういうことだ。
ジャニーズ神話恐るべし、、、。
コアなファンを抱えることがいかに凄いことがわかるニュースでした。
はい。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-29

mixiとgreeの伸び率の違い

テーマ:Lab

mixiの伸びはすごいな。gree、msnと比べてみた。

(上記のリンクにgreeとmsnとmixiをPVやら参加人数で比べたグラフがあります)


この伸びをさばいてるのは正直すごい。

SNSの内部のコンテンツは大Google様の手が届かないわけで。

MySpaceのPVがGoogleの2.5倍なんてニュースもあればそりゃG様もあせるわな。


MySpaceの会員数が毎月500万人ペースで急増中で,そのペースは今も続いている。現在の登録会員数は5400万人に達した模様。当然,ページビューもうなぎ登り。comScore Media Metrixによると,2005年12月の総ページビューは176億ページ。これはYahoo!, Time Warner /AOL , Microsoftについで4番手。6番手のGoogleと比べると,2.5倍ものページビューとなる。

*** *** ***
こりゃ、すごいね。
でもSNSの情報を囲い込むのはちょっとね。
Googlで検索出来ない有益な情報が至る所に溢れ始めている。

これをどう整理するか。いつでも利用出来るようにするか、が問題かな。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-03-26

さよならの季節

テーマ:Blog
昨日、一昨日で人生最後の卒業式、卒業パーティーが終わった。

卒業式の後は、ゼミ飲み、サークル飲みと次々と場所を変えて最後の別れを惜しんだ。正直ゼミのお別れの瞬間は人にばれないように泣いた。

当たり前のようにあった日常が、春とともに終わっていく。

いつでも、みんなに会えた、最高に楽しかった日常が終わっていく。

「本当にこれで終わりなのかな?」
っていうゆるやかなお別れの空気に涙腺は緩みっぱなしだった。

卒業パーティーはスタッフの少なさにも関わらず、当日に多くの人の協力によって無事に終了した。

自分の作った映像で会場が沸くのを見た時はこの一週間の忙しさを吹き飛ばす瞬間だった。

泣かせようとした、エンディングでは多くの人が泣いていて、

「またな!」
「元気でな」
っていう言葉が別れを実感させた。

二次会は疲れきってて、完全に酔い過ぎモード。飲み屋でつぶれてたなぁ。眠かった。

卒業パーティーの写真と思い出は一生の宝物。
きっとこれから仕事で辛い時や、悲しいとき、悔しいとき、この記憶は自分を慰めたり、鼓舞してくれる。

本当にみんなありがとう!

明日からは前を向いて、社会人の準備を本格的に始めます。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-03-23

NTT VS  Yahoo!!

テーマ:News

NTT和田氏の「電話網は国民の物ではない」発言にソフトバンク孫氏が反論

総務省が開催した「通信・放送の在り方に関する懇談会」第7回では、NTT(持ち株)の和田紀夫代表取締役社長、KDDIの小野寺正代表取締役社長兼会長、ソフトバンクの孫正義代表取締役社長が出席。通信市場におけるNTTの在り方に関して白熱した議論が繰り広げられた。


既存の固定電話網は「2010年までは維持するが、その先の取り扱いは2010年までに一定の方向性を見出す」と、次世代ネットワーク構築後の具体的なプランは示されなかった。また、光ファイバ開放義務に関しては「DSLのドライカッパーは低価格ながらも採算が取れているが、光ファイバは先行投資もあってまったくの赤字」(有馬彰中期経営戦略推進担当 取締役)という状態であり、「光ファイバの投資リスクに対するフェアリターンが確保されるよう、現行ルールの見直しをお願いしたい」との要望を述べた。


孫氏も「競争したがりのソフトバンクが、これほど意欲を持っていながらも光ファイバでは戦えない状況にある」とコメント。「光ファイバは民間が運営するユニバーサル回線会社として独立すべき」との考えを示し、5,000円程度で光ファイバ回線を開放しているNTTに対して「我々の計算では、ユニバーサル回線会社で光回線を整備すれば、1回線につき月額690円で実現できる」との考えを披露した。


 和田氏はNTTの既存電話網に対し「電電公社時代の資産はすでに株式にして国に返しているし、光ファイバは民営化後しばらくしてから本格的に着手したもの」とコメント。「電話網を国民のものというのはやめて欲しい。あれは株主のものだ」と続けると、孫氏は「政府保証債で構築したネットワークをベースに光ファイバへ張り替えている以上、そのネットワークは国民のものである」と反論。「国民のものという理解がない社長が運営している会社に、21世紀のインフラを任せていいのか」と厳しい意見を見せた。

 孫氏は「NTTが日本中の家庭に光ファイバを提供できるならばそれは1つの選択肢だろう」とした上で、「独走態勢にありながらも2010年で3,000万回線しか敷設せず、収益性のある場所にしか引かない。できれば競争相手にも貸したくないというNTTには任せられない」とコメント。「3,000万回線だけ敷設すれば、残りの3,000万回線とのデジタルデバイドはますます進むだろう。そうした対策を何の答えもなく、2010年までに何とかすると放置するような企業に国民の重要な基盤を任せていいものか」と追求し、「国民のためにも6,000万回線の光ファイバ化を実現すべき」と主張した。
(from BROAD BAND WATCH)
*** *** ***

世論は孫正義の意見を尊重するだろうね。
インフラは一企業のものではないのは間違いない事実。
次世代のインフラを利益を求める企業が絶対的なアドバンテージを持って進めるのは歪んだ形でしかインフラを整備出来ないのではないのかね?

やっぱり、次世代の重要なインフラである、光ファイバは民間が運営するユニバーサル回線会社を軸にした方が良いような、、、気がするね、うん。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-23

就職活動氷河期の頃の人たちの今

テーマ:News

私たちに未来はないのか 取り残された「超就職氷河期」世代

「たった数年の卒業の差で、こうも違うものか」


◇時代の波に翻弄される
 社会人の「入り口」で失敗した、いや「超氷河期」のために割を食ったことで、その後の仕事人生は”悲惨な職場”の連続に追い込まれる--。現在の30歳前後の若者の置かれた境遇である。本人の責任もあるだろうが、時代の波に翻弄されていることは間違いない。


 エコノミストの門倉貴史氏の推計では、現在の25~34歳人口が、大学・短大を卒業した時点で非正社員だった数は、合計82万7000人(学校基本調査、日本労働研究機構のアンケート調査より推計)。05年時点では、正社員989万人に対して、非正社員は318万人。25~34歳の非正社員人口は卒業時から3・8倍に増加しているのだ。雇用者全体に占める非正社員比率は、24・3%(総務省「労働力調査」)にも達する。


◇「3年ルール」
 非正規雇用の不安定さは、年収だけではなく、雇用契約期間にも明確に表れている。定着しつつある、3年が契約の上限となって事実上のクビになる「3年ルール」だ。

◇均等待遇の必要性
 非正社員化の流れが止まらないなか、20代後半からは非正社員から正社員への転身も厳しい。「雇用調整のしわ寄せは女性と若年層にきた」と一橋大学大学院の木本喜美子教授は言う。そうした状況で雇用改善の最後の策となるのは「正社員と非正社員の均等待遇の確立」と慶応義塾大学の樋口美雄教授は指摘。パートと正社員の均等待遇を巡って何年も法制化の議論がなされているが、経済界の強い反対で成立する見通しは立っていない。
 非正社員の均等待遇について、日本経済団体連合会の矢野弘典専務理事はこう話す。
 「企業はコアな人材は必ず安定して長く働くことのできる正社員として雇う。処遇について公平性が求められるのは確かだ。それは、必ずしも処遇がイコールというわけではない。有期雇用従業員(非正社員)と長期雇用従業員(正社員)では、過去、現在、将来の役割が違うため、賃金格差があって当然。現在だけを見て格差があるというのは間違っている」
 だが、それは、あまりに人を単なる「コマのひとつ」と考えるような議論ではないのか。連合の長谷川裕子総合労働局長は「労働基準法は、最低限のルール。そのギリギリのところで若い人は働かされている。人とモノとは違うということに経済界は気づかなければならない。雇用の現場では、人を守る新たな法整備が必要」と主張する。連合では解雇制限などを強化した「パート・有期契約労働法」を提案している。
 超氷河期に卒業した若者は、非正社員からも抜け出せず、法で守られもしない。このまま、未来の見えない毎日を過ごさなければならないのだろうか。
 景気が回復し、就職率が改善したといっても、取り残されたままの、「超就職氷河期」世代の問題を忘れてはいけない。
(from 毎日新聞)
*** *** ***
これが今の社会の現実か、、、。
日本の社会には、若者が未来の見えない真っ暗な現実がある。
これが少子化の原因にもなってるのではないのですかね。

未来が見えないと、人生設計も最低限レベル(自分と結婚相手)で維持するしか無いしね。

それにしても、興味深い記事だった。毎日新聞の特集は好きな記事が多い気がするなぁ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-21

WBCとか

テーマ:Blog

試験監督中に教室でWBC試合観戦 小学校教諭が謝罪

現在開催中のワールドベースボールクラシック。先週、日本ではライバル韓国との対戦に国中が沸いたが、生徒がテストを受けている最中に試合を観戦していた教師は謝罪に追い込まれた。

大阪の小学生が、教師(47)が試験監督をしながら試合を見ていたと苦情を述べて問題が浮上。試合が行われたのは米国の水曜夜だが、日本時間の木曜昼に生放送されていた。

読売新聞によれば、教師は試験にあてられた授業時間2回分のうち1回中に5分ほど教室のテレビをつけ、その間の昼休みに生徒たちと一緒に試合を観戦した。



学校側はこの試験の結果は最終的な成績に反映されないとしているそうだ。

(from エキサイトニュース)
*** *** ***

すごい熱狂でしたが、流石にテスト中はねぇ。
まぁおめでとう日本!今夜の酒は旨いだろうね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-21

モテ服の科学的実証

テーマ:ネタ
モテ服を科学的な実証記事を見つけました。

これは参考になる!って女性も多いかと思いますw

女のモテ服、男の萌え服を脳波で証明

元ネタは「Style」12月号らしい。

『男子たちのホンネは脳内にあった
「モテ服」は本当にあるのか?
男子の脳を徹底調査

ピンクはモテ色、合コンには甘系で…。
これまでの「モテ服の定説」って本当なの?』

って感じで実験しちゃってます。

ちなみに検証する組み合わせはこんな感じ↓

【Q-1】甘系 vs 辛系、第一印象でモテるのは?
【Q-2】モテる色シリーズ:ピンク vs ベージュ
【Q-3】モテる色シリーズ:パープル vs ブルー
【Q-4】モテる色シリーズ:無地 vs 柄モノ
【Q-5】モテる色シリーズ:白ワンピ vs 黒ワンピ
【Q-6】タートルネックとVネック、男子の好きなニットは?
【Q-7】ツイード vs テーラード、モテるジャケットは?
【Q-8】勝負の網タイツ、男子は本当に好き?

答えは上のリンクから どうぞー。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-20

読売新聞のCM!!

テーマ:Ad
読売新聞新日本語企画班, 橋本 五郎
新日本語の現場

いま流れている読売新聞のCMで

「読売新聞の何が変わりますか?」と外国人リポーターに聞かれて

「全部だよ、全部!」

と答えている人の良い笑顔のおじさん。

個人的に大学二年からお世話になっている読売新聞編集委員の橋本五郎先生だ。

もう初めてCM見たとき

「うわ!!五郎さん全部とか言ってるしww」と笑ってしまった。

大学在学中は先生にだいぶお世話になった。
先生が出演しているズームインスーパーの生放送も生放送中のカメラの真横から見学させてもらった。

これからは土俵は違えど同じマスコミ業界。
顔を見て、就職活動中の忙しくも楽しい時期を思い出した。

また勉強させてもらおう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-19

ソフトバンクが少年漫画業界に進出!

テーマ:News

ソフトバンクグループが少年マンガ誌に進出

インターネットと通信業界の巨人ソフトバンクグループが、マンガ市場に本格的に参入する。グループ企業でオンラインエンターテイメントを手掛けるモビーダ・エンターテイメントが月刊少年マンガ誌『月刊少年ブラッド』を4月12日に創刊するからだ。

 『月刊少年ブラッド』は既存のマンガ家に加えて、人気ゲーム『Master of Epic』のキャラクターデザイナー渡辺とおる氏による新作マンガなど、新分野からのクリエーターが参加する。表紙のイラストは『カウボーイビバップ』などで知られるアニメーター川元利浩氏である。

 また、およそ560ページの雑誌の定価が290円(創刊号は240円)と、従来にない低価格である。低価格で既存市場のシェアを一気に取りに行くソフトバンクの他の事業での戦略がここでも生かされている。



 競争の激しいと言われる少年マンガ誌の市場で、新規参入者が勝ち抜くことは容易ではない。しかし、異業種からの少年マンガ誌への参入では、これまでスクウェア・エニックスの『少年ガンガン』の成功例がある。『少年ガンガン』は、ロールプレイングゲームと似た世界観を持つファンタジー系のマンガを全面に押し出すことで成功を収めた。

 インターネット・通信企業の雄であるソフトバンクグループの強みは、言うまでもなくネットと携帯事業である。それだけに、雑誌と同時に展開するウェッブサイトと携帯サイトの今後の成果に期待したい。

*** *** ***

ここに来て、携帯電話と漫画か、、、。
もともと持っているYAhooもSNSも始めたし、最近のソフトバンク周りはかなり元気。

これらの企業群は、なんか新しいことできそうな組み合わせやね。

何を狙ってるんだ、孫さん、、、。
見つめている先を教えて欲しいものだ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-18

これがオタクか、、、

テーマ:ネタ

6 名前:おさかなくわえた名無しさん:2006/03/17(金) 00:29:37 ID:DZw2ILSr
この前、キモオタが俺の車のよこを通る時に、背負ったリュックサックを思いっきり車に擦りつけていった。
向こうも自分のした事に気付いて「あっ!」って顔したから、頭さげるかなんか謝ってくるの待ってたけど、そのまま白々しく何も無かったようにスルーしようとしたので、車を降りて 追尾&捕獲。
俺も悪魔ではないし、どちらかというとキモオタの事は好きなので、もう一度謝るチャンスをあげようと思い、やった事を問いただしてみたけど、キモオタはまだシラをきったり
「したかもしれないが証拠がない」
とか言って、まったく謝る気配がない。
しょうがないからシバキまわしてたら、そいつ途中でうずくまりながら
「くっ、装甲がやぶられたか・・・」
って言いやがった。
それに腹が立って、おもいっきり顔面蹴ったら今度は
「ぐはっ!」って言いやがった。マンガの台詞みたいな感じで。

その日の夜、なぜか俺の心は敗北感でいっぱいだった。

(from 2ch)
*** *** ***

装甲って、、、。
こんなリアクションされたら確かに完敗かもね、、。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。