去年年末に、日本人が興味をもつ中国のことを書いてみないかという話が来た。それを聞くと、授業の中で皆さんと色んな会話が脳に浮かんできた。
たとえば、中国語の中で「北方人、南方人」と言えば、出身地を指すが、「东方人、西方人」と言えば、東洋人、西洋人の意味となる。
南北で分ける理由は、大きい川が西から東へ流れる地形と関係ある。それは黄河、長江、南の珠江のこと。大きな山があれば、界となり、両側の文化が異なる。しかし、川は違う。物質を運ぶ川の両岸で一つの流域が形成される。
黄河流域で、一番古い中国が形成される。今でいうと、山東山西、河南河北でできた「中原」である。戦争や文化的な理由で、ここは中華と呼ばれる。 長江流域の楚、越は後に「中華」に入った。特に浙江の「越」は広東の粤、ベトナムの越南とは人種的に文化的に関係あると考えられる。
漢代の後に、北方民族が中原に入り、彼らに対して「汉人」の概念が生まれた。文字も、絵に近い「小篆」から縦横が確立される「隶书」に変わるので、後に「汉字」と呼ばれる。
漢人が珠江地域を開拓したのは宋代である。中原にいた多くの中国人が南へ移していく・・・
「南と北」だけでも、中国語の歴史、文化、日本文化とのつながりを語るドラマのテーマとなる気がする。
最終的に、このような本ができた!

 

 

この本は5章に分けて、南北の食べ物の違い、日常生活のさまざまから入り、地理歴史の説明をヘて、現代の社会制度、中国人の考え方へ進めている。

 

共著者の王さんは、2年前、語林で教えていた。上海に戻り、日系企業で働いている彼女に、今時の結婚事情やマンガアニメの話を書いてみないかと誘ったら、「ぜひいまの中国を皆さんに伝えない!」と快諾してくれた。そこで、80年代以降に生まれた若者の特徴、観光ブームと爆買から、中国で働く場合の医療保険、企業文化まで、「生」の情報を多く執筆してくれた。

 

また、台湾と香港の話もすこし書いた。名前が載っていないが、本教室の台湾出身の先生とも意見交換をした。本にかける部分はほんのわずかだが、同じ中国系の人間として、アイデンティティの複雑さを痛感した。もちろん、このような違いは、南方出身の先生と北方出身の先生の間にも同じようにある。

 

中国、文化としての中華は、多様性がある故に面白い。「中国はこうだ」「中国人はこう考えている」というような結論を避けながらこの本を書いた。特に「中国と日本はここが違うだ」というような話ではなく、地域や社会制度によって、共通点もあれば相違点もあるという風に書いたつもりである。ぜひ「南と北」という大きな物語を念頭において、50の文章と会話を中国語で読んでいただきたい。

 

ちなみに、会話の部分は、とても素敵なお二人に読んでいただいた。お楽しみに!

AD
「半斤八两」は昔の重さ単位と関係ある。昔、重さは「十六進法」で表し、つまり「一斤」は「十六两」に相当し、従って「半斤」は「八两」と同じ。もし2人の水準はあまり変わらなければ、この2人を「半斤八两」で表すことができる。もちろん両方とも上手ではない。気をつけてほしいのは、レベルの比較ではなく、例えば2人が言った内容は大体同じという場合、「大同小异」と言おう。
「旗鼓相当」は戦争の場面と関係する。古代では、戦争するときに旗を振ってときの声をあげる人がいる。また太鼓を叩かないと攻撃にでることが許されず、不意打ちを恥じるそうだ。そのため、「一鼓作气,再而衰,三而竭」という言い方があり、「鼓气、鼓励」などの詞もこの戦争場面と関係するのだろう。「旗鼓相当」は文字通りに、戦う双方の実力が互角の意味で、両方とも強い場合に使うのが多い。ちなみに、この戦争の場面と関係する言葉は他に「大张旗鼓」がある。

“半斤八两”跟以前的重量单位有关。以前重量曾采用“十六进制”,就是说“一斤相当于十六两”,那么“半斤”与“八两”就是一样的了。如果两个人的水平差不多,可以说他们“半斤八两”,当然是都不太好的意思。值得注意的是,如果没有比较上下,比如说两个人说的内容差不多,那时要说“大同小异”。
而“旗鼓相当”与战争场面有关。古代打仗是有人摇旗呐喊,据说敲鼓之后才可以出击,偷袭等是不光彩的。所以说“一鼓作气,再而衰,三而竭”。“鼓气、鼓励”等词大概都跟这个场景有关。“旗鼓相当”当然指的就是争斗双方的实力差不多。一般用于比较强的时候。顺便提一句,跟这一场面相关的还有“大张旗鼓”。
AD

八面玲珑

八面玲珑」はいくつかの美しい詩に使われる。「玲珑」の二字はと関係亜ある。精緻に彫った透明感のある玉を見ると「玲珑剔透」と言う。小さくて美しい物を見る場合、たとえば中国人が日本の手芸品を手にとって「小巧玲珑」で褒める。の馬には「八面玲珑得月多(《开窗看雨》)という詩があったおそらく彼は八の方面に窓がある部屋で、綺麗な窓を通り越した月の光を見ていたのだろう。日本の将棋の棋士である羽生義治はこの四字を扇子に書き、この景色を、将棋を指す時の心構えとしたそうだ。

成語の使い方は時々変わる。今は、「八面玲珑」はよく人間関係に使われ、ある人が身の回りの全ての人と円満な関係を保ち、一度も人の機嫌を損なったことがないことを喩える。「八方美人」に近い、良くないニュアンスが含まれている。

 

“八面玲珑”来自一些美丽的诗。“玲珑”都跟玉石有关,看到雕刻的很精巧的有透明感的玉器,就说它“玲珑剔透”。看到一些很小很美的东西,比如中国人看到日本的手工艺品,会用“小巧玲珑”来赞叹它。元代的马熙说“八面玲珑得月多”(《开窗看雨》)。大概他在一个八面有窗的房间里,看到月光从洁净的窗户照射进来。日本将棋的棋手羽生善治就把这四个字写在扇子上,用这个景色来形容下棋时应有的心态。
成语的用法常会改变。“八面玲珑”现在多用于人际关系上,形容一个人跟身边所有人的关系都搞得很好,从来不得罪人。与“八方美人”的意思比较接近,含有贬义。

AD
中国語をある程度勉強していくと、皆さんが四字熟語の面白さに気づきます。ネイティブと会話する場合、相手が手加減をして四字熟語を使わないことも多いですが、ドラマや小説の中でこういう面白い表現はよく出てきます。それに、中国語検定試験の場合、2級以上だとこの部分の知識はだんだんメインとなってきます。

語林の授業中に、四字熟語を集中して教えています。言葉の由来、現在の使い方、簡単な中国語での説明の仕方、それに何よりも大事なのは、その場で作文をしてもらうことです。授業中、辞書にある日本語訳は重視されていません。なぜなら、実際に使ってみると、その状況に合わせる自然な日本語訳語が出てきます。こういう意味なら、日常生活の中では使うと分かってくるからです。

では、中国人はどのように四字熟語を覚えてきたのでしょうか。
1つは、歴史関係の絵本などを読むことで、出典と一緒に覚えることです。これは皆さんがなかなか真似しにくいやり方だと思います。
もう1つは、学校で成語を使って作文することです。(成語造句と言います)

後はテレビや映画、それに漫才などを聞いて覚えることです。
四字熟語はすべての出典があります。なぜこのような言葉が今まで残ってきたかというと、意味が面白い他に、読んで気持ちいいところも大きいでしょう。なので、リズムよく覚えていく方がいいでしょう。

以上をまとめると、「正しい理解」+「作文添削」+「成語歌で暗記」は四字熟語を覚える方法と言えるのでしょう。

語林の成語歌は前日のブログですでに公開しています。近々、謝先生と一緒に録音するつもりです。また遠い方のため、私が監修し、謝先生に実際に直す「四字熟語添削コース」を用意しています。毎週6つの成語を使って作文をし、年間(10ヶ月)240つの四字熟語をマスターしませんか。

さて、四字熟語作文添削コースをチェックしてください。
中国人が日常会話でも四字熟語をよく使います。多くの四字熟語の中から百個を選んで授業をしてきました。また成語カルタを作ってきました。皆さんも一緒に勉強しませんか。

语林成语カルタ

(上の句) (下の句)
低三下四拍马屁 八面玲珑求欢心
逢场作戏会敷衍 钩心斗角多是非
背井离乡多愁苦 寄人篱下不敢言
白手起家靠自己 好事多磨不灰心
科班出身诚可贵 半路出家也成材
锦上添花都欢喜 雪中送炭见真情
沧海桑田岁月久 海枯石烂不变心
乘人之危不仗义 趁热打铁要及时
曾经沧海难为水 除却巫山不是云
山穷水尽疑无路 柳暗花明又一村
精打细算过日子 斤斤计较贪便宜
光阴似箭飞奔去 逝者如斯不再来
开门见山说意见 单刀直入争道理
福无双至忌奢望 祸不单行要小心
见异思迁无果实 得意忘形吃大亏
患得患失不踏实 得寸进尺丢面子
海誓山盟情不断 覆水难收悔莫及
书山有路勤为径 学海无涯苦作舟
称心如意无烦恼 返老还童复天真
穿针引线当红娘 天作之合结良缘

据理力争不退让 咄咄逼人气势凶
空头支票难兑现 信口开河不足听
风靡一时真佳作 脍炙人口好文章
走马观花匆匆过 流连忘返细细观
恋恋不舍昔日梦 记忆犹新上心头
画饼充饥黄粱梦 望梅止渴一时安
见机行事自判断 先斩后奏也无妨
后生可畏长江浪 推陈出新向东流
津津有味心中记 不以为然耳边风

当局者迷旁观者清 机不可失时不再来
班门弄斧不自量力 杯水车薪无济于事
卧薪尝胆耿耿于怀 报仇雪恨终有一日
过河拆桥忘恩负义 落井下石卑鄙小人
指桑骂槐别有用心 隔岸观火后发制人
瞒天过海暗度陈仓 围魏救赵借刀杀人
出尔反尔不可救药 诚心诚意心想事成
初出茅庐敢挑重担 大材小用垂头丧气
大器晚成独树一帜 孤家寡人众叛亲离
大海捞针精疲力竭 来日方长量力而行
大智若愚高枕无忧 看破红尘海阔天空
心有灵犀不谋而合 对牛弹琴一窍不通
开卷有益事事关心 不求甚解囫囵吞枣
急中生智峰回路转 恍然大悟妙不可言
不学无术大惊小怪 见多识广神情自若
照猫画虎大同小异 半斤八两旗鼓相当
当仁不让身先士卒 义不容辞赴汤蹈火
好高骛远不切实际 虎头蛇尾草草了事
费尽心机弄巧成拙 画蛇添足多此一举
挑灯夜战焦头烂额 临阵磨枪不快也光
来者不拒对答如流 借花献佛顺水推舟
隔靴搔痒答非所问 一针见血切中要害
鼎鼎大名如雷灌耳 出类拔萃高不可攀
流芳千古遗臭万年 看破红尘海阔天空
心有灵犀不谋而合 对牛弹琴一窍不通
开卷有益事事关心 不求甚解囫囵吞枣
急中生智峰回路转 恍然大悟妙不可言
不学无术大惊小怪 见多识广神情自若
照猫画虎大同小异 半斤八两旗鼓相当
当仁不让身先士卒 义不容辞赴汤蹈火
好高骛远不切实际 虎头蛇尾草草了事
费尽心机弄巧成拙 画蛇添足多此一举
挑灯夜战焦头烂额 临阵磨枪不快也光
来者不拒对答如流 借花献佛顺水推舟
隔靴搔痒答非所问 一针见血切中要害
鼎鼎大名如雷灌耳 出类拔萃高不可攀
流芳千古遗臭万年 盖棺论定名垂青史
软硬兼施不择手段 刚柔相济外圆内方

朗読会の収穫

金曜日、大雪が降るとのニュースを見て不安だったが、朗読会は無事に終わった。

日本人朗読者2名、会場参加者10名、ライブ中継の視聴者78名、中国人朗読者2名が参加してくださった。

解説をつとめた私は、思うに三点を解説した。

一、抑揚を楽しむ

中国語の声調(四声)は、一字にあるので、学生はその一字をいかに正しく発音するにこだわる。「自分は2声が弱い」とかがよく聞こえる。しかし、もっと重要なのは、一文となるときの声調の流れである。それを楽譜のように示さないといけない。
いままで、音声分析ソフトを使って、中国人の真似をさせるやり方はあるが、果たしてそれが必要だろうか。本当の少しのテクニックを押さえれば、簡単に手書きでできると皆さんに説明した。もちろん、その場で皆さんと一緒に読んだ。しかも、一声を高くして、京劇の台詞のように一緒に読んだ。会場は大変盛り上がった。

二、リズムを楽しむ

次は、漢詩と日常会話の例文を使って、中国語の安定したリズムは「2字、2字、3字」ということを解説した。その場で例文を中国人に読んでもらい、意味よりもリズムが優先されると皆さんに理解してもらった。
視聴者の感想はこの点に集中しているようだ。リズムを取れると、リスニング力も上がるかと思われる。

三、韻を楽しむ

今回の歌詞も含めて、綺麗に韻を踏んでいる作品を選んだので、この点を理解してもらった。詩と違って、散文の場合は韻を踏まないので、また話が違ってくる。(現代詩も韻を踏まないのが多くある)


今回の朗読会は、1つの試みである。反省点も多々ある。
たとえば、日本人朗読者は少し緊張されている様子(みんな上手だけど)。後で聞くと、「李先生の後で読むと、すごくプレッシャを感じました」。私も申し訳なくて思った。
私がイメージした朗読会は、他人に見せるお芝居ではない。自分が内容を楽しめればいい。今後はもっと読みやすい環境を作りたいと思う。

私にとって衝撃的なのは、ライブ授業というメディアである。
まず、音声が基本となる言語教育は、メディアの進歩(便利になった)によって多くの可能性が生まれたと感じた。皆さんが実践しながら理解できることは、なかなか紙面で表現できなかったから。
また、紙面で雑談を書くのはよくない、本ならシンプルであるべきと思うが、しかし、言語には文化、哲学の背景があり、それを話すと皆さんが楽しく聞いてくれる。たとえば、今回、私は再別康橋の作者のこと、文学史の話をとても話したかった。情報量が多く乗せられるメディアなら可能であろう。
今後、このメディアを積極的に使おうと思う。
新しいメディアを使いこなせてからこそ、古いメディア(「古い」とは「伝統的で」「よい」こと)をもっとシンプルに、本来の形で使えると思う。
(本は元々少ない人が書き、少ない内容を載せるメディアであり、話したいことを全部本に書くべきでないと思う)

前に進むには、資金や恥ずかしい気持ちなどと難しい面もある。朗読会の翌日に、娘からある言葉を教えてもらった。だれが猫の首に鈴をつけるか?うまく回転できるように頑張っていきたいと思う。
先日、ジェイ・チョウ(周傑倫)が好きな学生から『關於方文山の素顏韻腳詩』という詩集を貸してもらった。作者はジェイ・チョウに歌詞を提供する方文山である。
本の最初に、「以最少的文字去表达最多的意思(最少の文字で最多の意味を表す)」で「詩」を定義した。つまり、様々なジャンルを取り入れ、「詩」を広い意味で捉えようという考えである。
1月29日の朗読会で、方文山が作詞したジェイ・チョウの『千里之外』の歌詞を読む。これも広い意味での「中国の詩」であろう。

また、「中国の詩の朗読会をやりたい」と言うと、よく「漢詩ですか」と聞かれる。
皆さんが言う「漢詩」は唐詩を指していると思うので、「今回はもっと古い時代の詩も、宋詞も読みますし、ジェイ・チョウの歌詞とか、近代の詩も読みますよ」と私が答える。これらは広い意味での「詩」であるから。
中には「再别康桥」(ケンブリッジをまた去るに当たって)がある。作者は徐志摩(1879‐1931)。杭州の裕福の家庭に生まれ、「新月社」という文学団体を作り、近代詩に新しい格律を付けるやり方を模索した人である。この詩派では、詩を書くとは「手錠を掛けて踊る」という表現が有名である。つまり、リズムや韻が重要視されていた。
ロマンチックな詩風で、また才色兼備の女性たちとの恋愛は幾度も世を騒がせた徐志摩は、飛行機事故に遭い、短い人生を送った。
「再别康桥」は、ケンブリッジ大学を去った作者が太平洋を渡る船の上で作ったという。美しいキャンパスを見返る詩人の気持ちが書き残されている。たとえば、


那河畔的金柳
是夕阳中的新娘
波光里的艳影
在我的心头荡漾


【意訳】
川のほとりに立つ金色の柳
まるで夕焼けの前の新妻
波に映る艶めかしい影は
心の中で波を打つ


「再别康桥」に一番有名なのは「轻轻的我走了,正如我轻轻的来」(そっと来た私と同じように、私がそっと去る)。今でもよく使われる表現だ。また、歌にもなった。林宥嘉(台湾)のは最新バージョンであろう。



朗読会でこの詩を選んだのは、韻を踏んでいる単語は各所に出てきて、歌のように感じられるからだ。教室でこの詩を教えた後、学生からこのようなコメントが寄せられた。


とても楽しかったです。
朗読は私が苦手な声調の訓練に最適だと思いました。
また韻を踏んでいる事や詩の情景の美しさに感動しました!
改めて中国語の面白さを実感致しました。
来年のネット講座も楽しみです!



さて、朗読会で李軼倫先生や学生の皆さんはどのように読まれるか。皆さんはどのようの反応するのか。本当に楽しみです!

最後は、朗読会で読む『千里之外』!

朗読会のイメージ

土曜日に、朗読会のイメージを分かってもらうために、短い動画を作った。



1月29日にお会いするのを楽しみにしております。

今日、東京の初雪が降ってきた。
あいにく大学では期末試験があり、交通混乱のため、3時間かけて学校に来たのに、試験に間に合わなかった学生もいる。気の毒ですが、教師としては何もできません。
一人ランチの時、書いてみた。

一辆车慢了,一条线停了
播音员单薄的
让人无法安心的透明伞前
飘过多少行色匆匆

所有的神经
环绕着表的刻盘
挤进车厢,带几许侥幸
留下脚印,如一串叹息

卷纸发下去
卷纸收上来
向青春的脸庞挥一挥手
东京的初雪在楼顶绽开
非常勤で教えている大学は休みに入り、一部の学生は春に社会人になる。その前に、旅行や留学で台湾に行く何人かがいる。

繁体字を使うと「唸書」と「思念」を書き分ける、注音を使うと「介音」という存在が分かる、台湾で使う繁体字と注音は中国語勉強の役に立つと彼らに言った。
【簡体字では、唸も念も「念」と書く。介音とは「i、u、ü」のことで、分かると覚える母音は一気減る】

心の中では、「安徽省の古い建物を見に行きたい!」「三峡下りで白帝城、巫山の雲を見に行きたい!」と学生に言って欲しかった。いつかそうなるかも。しかし、高雄から西海岸に沿って台北までひとつ一つの都市を廻る卒業生の企画もなかなかよかった。

彼らの話を聞いて、自分も垦丁に行きたくなった。台湾人に嫌われなければいいけど。帰り道に台湾作家の九把刀の「等一个人咖啡」をずっと電車の中で読んでいた。面白かった。



兼课的大学课程结束了。有的学生将从春季走上社会。在此之前,一些人去台湾旅行,也有人去留学。我告诉他们,繁体字里把「唸書」和「思念」分开,用注音可以理解介音,这都有利于懂得中文。
我希望有学生说,我想去看看徽州的民居,我想去三峡看看白帝城与巫山云雨。也许以后会的。不过正如那个毕业生,计划从高雄沿西岸一个一个城市的玩到台北也很不错。
课上被他说得我也想去看看垦丁了。但愿台湾人不要说,不欢迎大陆人。回家的电车上一路看着九把刀的「等一个人咖啡」,很入迷。
「中国語朗読会」「中国語ドットコム」のコラボレーションで下記のイベントを開催いたします。

中国語発音朗読教室 (第一回)

主旨:
正しくスラスラと話すために、中国語のリズムをつかむことは大事です。その最適な訓練法は、韻を踏む、美しい情景が浮かびやすい詩を読む、です。漢詩に限らず、口語に近い現代詩、中華流行歌の歌詞を使うとより親しみやすいです。
以上の考えを踏まえ、有名な漢詩、現代詩、歌詞からそれぞれ選び、「朗読鑑賞」、「日本人学生の朗読」、「発音コツの解説」、「会場参加者の練習」によって構成されるイベントを開催したいと思います。




時間:2016年1月29日(金曜) 19:30~21:30
会場:〒102-0082 東京都千代田区一番町10-8 一番町ウェストビル5階

参加形態:
■ライブ受講(無料)
http://chugokugo.com/class/jitsuyo/t-linsongtao/00000040.php

まず、以上のHPで登録していただき、パスワードを発行させていただきます。
当日、PCで視聴でき、チャットなどで感想を書き込むことができます。ライブの録画内容は後日にも視聴できます。

■会場受講(無料)
http://chugokugo.com/class/jitsuyo/t-linsongtao/00000041.php

まず、以上のHPで登録していただき、パスワードを発行させていただきます。
当日、会場でイベントに参加できます。講師の指導を受け、朗読練習をすることができます。ライブの録画内容は後日に視聴できます。

イベント内容
■朗読内容
1・漢詩

敕勒歌(逸名) 尋人不遇(賈島) 我住長江頭(李之儀)

2・現代詩

再别康桥(徐志摩)

3・歌詞

千里之外(歌・周傑倫 詞・方文山) 倔强(歌・五月天 詞・阿信)

■朗読者
李軼倫(NHK「レベルアップ中国語」講師)
汪乃佳(「ジャスミン茶を飲みながら」メインパーソナリティ)
日本人学習者数名

■解説者
林松涛(語林中国語教室 代表)

①手を使って声調をコントロールする方法
②中国語を話すときのリズムは?


会場参加者も一緒に朗読する機会がありますので、ぜひ遊びにいらしてください!