たいくつ親父のひとり言(パートⅡ)

たいくつ親父(Ⅱ)のサイトへようこそ!

還暦を過ぎた熟年親父の関心ある記事やコラム、
好きな音楽や絵などを気儘に掲載してまいります。
毎日の更新を目指します。
どうかご愛読のほどを➲。。

亭主敬白


テーマ:

梢をこえ麦畑をこえ
あの光の方へと
誰が知る
誰が受けとめる
想いはゆらめき
夜は寡黙
想いは自由

わかるのはただ
想いを抱く者のみ
林はまどろみ
めざめているのは
流れゆく雲
わたしの愛は寡黙
そしてこの夜のように麗しい

(アイヒェンドルフ詩集より)


Über Wipfel und Saaten
In den Glanz hinein -
Wer mag sie erraten,
Wer holte sie ein?
Gedanken sich wiegen,
Die Nacht ist verschwiegen,
Gedanken sind frei.

Errät es nur eine,
Wer an sie gedacht
Beim Rauschen der Haine,
Wenn niemand mehr wacht
Als die Wolken,die fliegen -
Mein Lieb ist verschwiegen
Und schön wie die Nacht.


*訳は既存のものを借用しました。謝!







AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

われわれはこうした現状を知っておくべきだ↓;


帯:

今や働く単身女性の3分の1が年収114万円未満。

中でも10~20代女性を特に「貧困女子」と呼んでいる。

しかし、目も当てられないような地獄でもがき苦しむ女性たちがいる

。それが、家族・地域・制度(社会保障制度)という三つの縁をなくし、

セックスワーク(売春や性風俗)で日銭を稼ぐしかない「最貧困女子」だ。

可視化されにくい彼女らの抱えた苦しみや痛みを、

最底辺フィールドワーカーが活写、問題をえぐり出す!


関連記事:http://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%e3%80%8c%e5%a5%b3%e5%ad%90%e3%81%ae%e8%b2%a7%e5%9b%b0%e3%80%8d%e6%9c%80%e5%a4%a7%e3%81%ae%e3%82%bf%e3%83%96%e3%83%bc%ef%bc%81%e3%82%bb%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%81%a8%e7%9f%a5%e7%9a%84%e9%9a%9c%e5%ae%b3%e3%81%ae%e9%96%a2%e4%bf%82/ar-BB9kZOr


http://www.higan.net/book_review/2014/10/book2.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
こんばんは、モーツァルトの「女はみんなこうしたもの」を
バレンボイム、ミラノスカラ座でご一緒に鑑賞しましょう!
今年の公演のようです。





Fiordiligi Maria Bengtsson
Dorabella Katija Dragojevic
Guglielmo Adam Plachetka
Ferrando Rolando Villazón
Despina Serena Malfi
Don Alfonso Michele Pertusi
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

苦悩の世界

それから先生は手短かに事件の内容を告げた。

それは
相愛の二人で、みずから命を絶とうとしたのである。

しかも死をうながしたのは婦人のほうであったのだ。

彼女は、常態以上に憂鬱な婦人によくあるように、ある種の
男子を支配する深淵的な力をもっている。

そして彼女が彼より年長であることが、彼女に完全に強力な

「夜なる母」の魔力をさずけたのである。

パウエルは二人にたいする厳格な予後診定をのべた。

彼らの内臓で行なわれる事柄がどのようなものであるかは、

わたしにはまだ理解できなかった

。わたしの脳裡に残った印象は、この二人がいわば

すすんで火を食べ、その火が彼らの体内で燃えつづけ、

彼らを焼きこがしているということだった。

その成行きは後にわれわれの耳にはいってきた。

婦人は毒の威力に服した。

青年は治療者たちの非常な努力によって回復した。

しかし肉体はほろびても彼女の意志はなお彼を強要した。

退院の翌月、彼は彼女の墓前で拳銃によって

自らの生命を絶ったのである。


(手塚富雄訳:文章はWEBより借用しました)




いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

http://news.livedoor.com/article/detail/9367707/



1大戦略――受験のカラクリを見抜け!
2戦略――目標と攻略法を確立せよ!
3作戦術――勉強法は効率がすべて!
4戦術――問題の解法にはコツがある!

受験生は問題を解くこと(戦術)がイコール受験勉強だと思っているが、

本当に大切なのは、「大戦略」「戦略」「作戦術」である。
「戦術」をいくら磨いたところで、運用が間違っていれば、ムダな努力(勉強)

になりかねないからだ。
最短、最速で志望校に合格する方法論を徹底的に指南した異例の受験本。

■第1章■「大戦略」受験のカラクリを見抜け
・受験には「大戦略」「戦略」「作戦術」「戦術」がある
・受験には「正解」があるからこそ易しい
・受験は基礎ができればゴール
・大阪大学レベルまでは努力で何とかなる
・いくら勉強しても東大には受からない
・大学はどこも同じだからこそ中央大学に入ろう etc.
■第2章■「戦略」目標と攻略法を確立せよ
・志望校は入試の3か月前に決める
・まずは入試科目、配点の比重、合格最低点を知れ
・攻略法を考えて常に戦況を把握せよ
・塾選び、予備校選びで大切なこと
・科目や配点から逆算できること
・偏差値で志望校を選ぶな
・受験戦略における3つの逆算
・入試問題には2つのタイプがある etc.
■第3章■「作戦術」勉強法は効率がすべて
・英国社の勉強時間は分3対2対1
・勉強記録をつけよう
・〈ルーズリーフ勉強法〉で弱点克服
・センター試験の過去問は最高の問題集
・教授の専門分野によって出題分野は変わる
・英語、国語、社会の勉強法 etc.
■第4章■「戦術」問題の解法にはコツがある
・中央大学は良問が多い
・悪問にはどう対処すべきか
・【英語】基本法則が押さえられていれば解ける
・【英語】関門の仕掛け方が素直
・【国語】問題の比率をチェックして目標得点を決める
・【国語】「言い換え表現」に注目
・【日本史】解く順は必ず得意な時代から
・【日本史】絶対暗記が必要な用語とは何か
・阪大は解ける問題を確実に解けば受かる etc.


いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

10/20 欧米株高と円高一服受け大幅上昇


先週1週間で768円、木金と335円、205円と急落した日経平均ですが、

さすがに本日は欧米市場の株高を受けて大幅上昇となっています。

290円高で始まったあとは続伸して9時45分現在で400円超高くなっています。
先週のラジオ放送でも指摘した通り余りに悲観観測が行き過ぎていたと思われます。

先週末、ドイツのDAX指数は3.1%の大幅上昇となり、今年一番の上昇率となりました。

またニューヨークダウも260ドル高と7営業日ぶりに上昇、大幅高となりました。
また円高模様も一服、105円台に突入した先週とは変わって107円台にまで戻しています。
まだ混乱が続いていますので、鋭角的に上昇というわけにはいかないでしょうが、

株式市場も円相場も徐々に落ち着いてくると思われます。年

末年始に向けて再び相場が盛り上がってくると思われます。

買い場探しと思ってこの株式市場の波乱を冷静にとらえるべきでしょう。

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

負債を所得よりも大きくしてはいけない』

『所得の伸びのペースを生産性の伸びより速くしてはいけない』『

生産性を最大限に伸ばすべきだ』

という原理はどんな人にも当てはまるからだ。

個人も企業も政府もこれに従うべきだ。


「まず超低金利の問題だが、金利が低すぎて資産から得られる期待利回りが低いために、

紙幣を印刷して金融緩和してもそれが消費などの支出になかなかつながらない。

その場合、紙幣をもっと印刷して円相場を下落させるのが効果的だ。

日本の金融政策の最大の貢献は、量的緩和を通じて円安がもたらされたことだ。

円安は株高をもたらし、企業収益を改善させ、需要を拡大させた。

しかし、通貨の価値を故意に引き下げるのは政府がやるべきことではない。

そのため、政府はインフレ率プラス成長率が金利を上回り、負債を軽減するという

目標を達成するために、量的緩和を拡大させ、その結果、自国通貨の価値が

下がるという手順を踏む必要がある」


「失われた20年を経た日本は、現在の政策がかなり遅い段階に実施されたため、

負債の水準は大きく膨れ上がった。

その負債は日本国民の貯蓄で支えられている。

高齢化により、国民が老後の生活のために貯蓄をとり崩せば、日本の財政赤字を

解消するための能力は縮小する。

国民の日本国債への需要低下に対応して、日銀による国債購入を増やす必要がある。

日本はより迅速に、しかも強力に現在の金融政策を遂行すべきだ」

(10/19付日経会員制記事「世界最大のヘッジファンド.が見通す経済」より抜粋


いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード