多分、ここ数日は、こういう感じの記事があちこちであるかと思うんだが。
乗り遅れてしまった。

いろいろやっていて、ぼ~っとしてた、なんちゃってなWEB仕事人な私

またやってしまった。。。

あるサイト
私がSEOをやるサイトでは珍しい結果を出すサイトがあった

22個のキーワードの組み合わせのうち
全て1ページ内に表示していたYahoo と
5~6キーワードがヒットしないGoogle

であった。

多分、私はGoogle対策は的をえてるが、Yahooはいまいち的を得ない傾向がある
みたいな感じで思っていたのだが。
Googleは予想通りの結果を出してくれるが、Yahooは予想とはちょっと違った結果を出してくれると言う意味で

で、これも経験
序所に両方の好みがわかるような感覚になっていたのだが
このサイトは、いつもの逆だった

これも、多分だが
サイトを作った人が私ではないからではないかなと。
出来たサイトをSEOするのと
作る時からSEOをするのでは、微妙な違いが出てくる
どっちをやっても、結果を出せるのが一流さん
私は、まだまだ一流さんではないという事でもあるんだけど(汗)

で。

12月に入り
ヒットしないキーワードがなかったYahooで
ヒットしないキーワードが出てしまった
しかも、Googleでヒットしないキーワードと一致

Yahooで、他のキーワードの順位に変動はあるものの
Googleとあまり一致していない

むむむ

変動する気はしていたが
予想外の展開で、ちとバタバタ

もともとの出来事は

Yahoo! JAPAN のより良い検索と広告サービスのために

Yahoo! JAPANの検索サービスにおけるグーグルの検索エンジンと検索連動型広告配信システムの採用、ならびにYahoo! JAPANからグーグルへのデータ提供について

このあたりの事なんだが。


11月後半から、これらの結果についての記事が書かれたブログがあちこちである
Yahooの検索結果が、Googleの検索結果とほぼ同じになった
という所もある


もともと、YahooとGoogleのSEOの結果に差があまりなかったんだろう。

もちろん、これが理想なSEO


つうことで、強引な結論

今まで、Yahooが変動する事はあったけど
アリゴリズムのアップデートもあったけど

今回の事は。
一流なSEOをする人と、なんちゃってなSEOをする人が、ばっさり別れる

んではないかと。


さて、なんちゃってなWEB職人枠から脱出するためにはどうすっかな。。。


とりあえず、SEOに役に立つ調査だな。調査。
1に調査。2に調査、3も4も調査

SEOに役に立つ結果がわかる調査

気が重い(汗)


AD