金色に染まる朝

テーマ:

今日は早起きして

1か月後の「初日の出」のリハーサルを兼ねて(!?)

千波湖畔の日の出を見に行ってきました♪

 

てへぺろうさぎ

 

最後まで残っていた明るい星が夜が消え、

音もなく徐々に薄青い空に入れ替わっていく静けさのなか

上空に、ゆっくりと動いていく赤い光のすじ!

わぁ、きれい! まるでほうき星(彗星)みたい!

 

 

いえいえ、

これは ひこうき雲に朝日が映って

赤い光の筋に見えるだけ。

 

映画「君の名は」に出てくるような、大きなほうき星がみたいなぁ、と思っていたら

(ほうき星じゃないけれど) そんな美しい光景を思いがけず見ることができました♪


 


 

うっすらあたりが明るくなってきて

しっとりと、厳かに 今日という一日がはじまります♪

 

 

湖面が金色に染まり始めると

急に寒さを強く感じました。

夜中より、日の出のころが一番気温が低くなるんですって。

 

 

 

雲のふちが、金色に輝きはじめると

朝日がもうすぐ顔を出す合図です。

 

 

お日さまの金色の光が少しずつ

私の方へと伸びてくる。

 

 

水鳥たちも、金色の光の道を 嬉しそうに横切っていきます

 

 

何もかもが黄金に染まる一瞬は なんとも美しく、荘厳な感じ♪

 

 

 

展望デッキに霜が降りて

さながら金粉が散りばめられた舞台のようでした

 

カナヘイきらきらカナヘイきらきらカナヘイきらきら

 

 

つながるうさぎ

 

 

 

 

 

AD