NEW !
テーマ:

 「モノに釣られる」という至極分かりやすい動物並みの行動原則にのっとり、出勤前に球場へと足を運んだ本日日中の話をさせて頂く。

 

 

 やって来たのはこの球場

 気付けばなんだかんだで今月四度目となったマリーンズ本拠地、QVCマリンフィールド。カードはVSホークス10回戦である。

 

 それ欲しさにふらふらやって来た目当ての品はというと、眼前のスタンドを黒く埋め尽くしているモノ

 『BLACK BLACK CLASSIC』と銘打たれ、マリーンズが2000年から2004年まで着用していたビジターユニフォーム、通称「初代黒ユニ」が配布されるこの試合

 

 場内の展示場所も保管場所もとうに飽和状態ながら、一向にやめる気配を見せない当スタジアムのコレクション拡充活動、勝手に称して「ユニフォームくれくれツアー」でやって来たというわけである。

 

 

 「QVCマリンを黒に染めよう!!」というこのイベント。ユニフォームを配布してスタンドを黒一色にするのはもちろん、フィールドの選手たちもいつものホームユニではなく、ビジターのブラックユニを着用。そして彼らも着用。

 クールは普段着だが、ズーのビジユニ姿はなかなか新鮮である。

 

 

 マリーンズが黒いビジユニを着用するという事で、同じくビジターユニが黒いホークスは、敵地で白ベースのホームユニを着用するはずなのだが…

 球場到着時にフィールドで行われていた試合前練習では、なぜか全員がいつものビジユニを着用

 

 不思議に思いながら眺めていたら、一旦引っ込んで再び戻ってきた際に、ホームユニに着替えていた

 どういう理由なのかはよく分からないが、同一チームのホームユニ、ビジターユニ姿を1日で見る、というなかなか珍しい体験が出来たのだった。

 

 

 プレイボール前にビジョンに流れる、『BLACK BLACK CLASSIC』のスペシャルムービー

 なかなかカッコいい出来であった。

 

 これは当スタジアムが提唱する「桃魂」のパクリ…?

 そもそも「桃魂」がジャイアンツの「橙魂」のパクリなのだが…。

 

 

 始球式にバッターとして登場したのは、元ボクシング世界チャンプの具志堅用高さん

 これは「BLACK BLACK」関係ではなく、この試合のゲームスポンサーであった「オリオンビール」がらみの人選のようである。

 見事に打ち返した具志堅さんだが、よくよく見ると反則打球でバッターアウトである…。

 

 

 この試合のスタメン

 

 マリーンズの先発は、スタンリッジ投手

 考えてみると、日本で過去に在籍したホークス、タイガースといずれもビジターユニが黒であったため、3球団目のマリーンズの黒ユニ姿も特に違和感を感じない

 

 

 マリーンズの中村選手はこの日が誕生日であったようで、スタンドからバースデーソングが送られていた。

 多分審判ファンの観客が持っていたボードで知ったのだが、一緒に写っているこの日の球審の川口さんも、実は誕生日であった模様。

 めでたい二人に挟まれる格好の鶴岡選手の誕生日は、調べたところ4月11日との事。残念…(何が?)

 

 

 スタンリッジ投手と千賀投手の両先発が共に序盤荒れ模様で球数が多く、出勤前の時限観戦は2回表のホークスの攻撃中にタイムリミットを迎える。

 ゆえに、この後のホークス打線が5点を奪ったシーンは見ていない

 

 毎度の事ながら、始まったばかりの試合に後ろ髪を引かれつつ、これから球場へ向かうファンもまだ多数歩いている海浜幕張駅までの道のりを逆走し、本拠地神田スタジアムへと帰還したのであった。

 

 

 場内が文字通り「BLACK BLACK」であったこの日のQVCマリン。そんな試合の桃色装束は「のり弁の中に誤って混入した桜でんぶ」状態だったためか、僅かばかりの滞在時間ながら、いつも以上に多くのお客様にお声掛け頂いたのだった。

 「球場を一色に染めよう」的ユニ配布イベントに対するテロ行為、という意図は特にないのだが、今後も「モノが貰える!!」と聞いては、あちこち出没して回りたいと思う。

 

 

 この手の球場で貰った各種グッズは、可能な限り無理やり場所をこさえて当スタジアム場内に展示しているので、それらを見物がてらにでも、引き続き皆様の当スタジアムへのご来場を心よりお待ちしております。

AD
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。