あなたとつながるラジオ寺子屋

ほしい未来を叶えるヒントがつまったインターネットラジオ《ラジオ寺子屋》がピックアップするヒトやコトやモノをご紹介しています♪


テーマ:
マザーアースエデュケーション
松木正さんがナビゲートする
スウェットロッジセレモニーに参加しました。
 
マザーアースエデュケーションHP
 
 
 
 
まさか、、、
 
生きているうちに これほどリアルに
「死んで生まれなおす体験」が起きるなんて。。。
 
私にとってはじめてのスウェットロッジセレモニーは
<想像を超える体験>となりました。
 
 
 
 
 
ネイティブアメリカンの人たちにとって大切な
7つのセレモニーのひとつであるスウェットロッジ。
 
子宮に回帰し、生まれなおす体験を模した
このセレモニーは、
 
特別につくった ちいさな丸いサウナロッジの中に
真っ赤に焼けた大きな石を 30個も入れて、
瞬間的には100度にもなる
スチームサウナの中で行なう祈りの儀式。
 
 
 
 
 
 
1泊2日、というより
《長~い1日》と感じるこのプログラム。
 
『はじめまして』で集まった人たちが
まるで家族のように打ちとけて
心をひとつにセレモニーに入ってゆけるように
色々なゲームやワークを通して
丁寧につながりを準備してゆきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
いよいよ、午前0時をまわった真夜中にスウェットに入り、
スウェットの真ん中にくりぬかれた穴(=胎盤の象徴)をぐるりと囲んで 肩を寄せあって座り
その時を待ちます。
 
 
 
 
第一回目の石入れとともに 
生まれてはじめての《灼熱空間》の中で
 
「火傷するんじゃないの???」
と思うほどの蒸気からタオルで顔や手足を隠しながら
祈りの言葉と唄がはじまり、
 
細胞たちは<危機感>を感じながらも、
セレモニーをリードする松木さんや
仲間たちへの深い信頼の中で呼吸を整えながら、
 
いま、そこ、この瞬間に浮かんできた感覚をとらえてのシェアリングをおこなったり、
ラコタソングを歌ったりしながら進める《4つの行程》を通して儀式はすすんでゆきます。
 
儀式、と言っても 
シェアリングや唄のとき以外は
堅苦しい空気感はまったくなく、
 
スウェットの中では、誰かが
「熱〜い」とか、「水のみたい〜」と
SOSを出すと 水がまわってきたりするので、
 
誰かの弱音が 自分も
ホッとさせてくれたりすることに感謝したり、
 
「もうダメだ・・・」
 
と思った絶妙なタイミングでスウェットに空気が入ってきたり。
 
束の間のブレイクタイムには
ヘヨカ(=道化)が乗り移ったかのような声色で、笑わせてくれたり、本音をあおり出してくれたりする松木さんの絶妙なリードのもと、
 
過酷な時間をともに支えあってゆく仲間たち。
 
それでも、3クール目あたりから意識はもうろうとしてくるし、
 
苦し紛れに思いがけず浮かんでくるさまざまな感情が増幅したりしてくる中で、
 
自分のエッジ(=いつもだったら越えない一線)が次第に崩れてゆくのを止めることが出来なくなる自分を、それでもしばらくは耐え忍んでいましたが・・・
 
熱さであれ、痛みであれ、苦しみであれ、哀しみであれ、
たいがいのことは意志の力と経験値でおさめてきた「意識の鎧」がどんどん崩壊してゆき、
 
最後には、手足の感覚もなくなってゆく中でもなお、保とうと働いていた「自我」がこわれて、、
 
いままで口に出したことのなかった<感情そのままの言葉>をつぶやいていました。。
 
自分の中に存在していた、ある種「真逆」にあるような観念が、同時に、鮮明に、リアルに、立ち現れたりするのをそのまま受けとめながら、
 
《あるがままの自分と出会いなおす時間》と対峙する体験となりました。
 
 
手足の感覚もなくなり、
通常意識が機能しなくなった4クール目をかろうじてやり遂げた終えたあと、
 
あんなに大量の汗を流したのにどうしてもトイレに行きたくなって、
 
一人では歩けなくなっていた私は、スタッフに支えてもらいながら母屋に戻り、用を足したあと、
 
ひとりで床に倒れ込んだ途端・・・
 
いままでガッチリフタしてきた感情が吹き出して
嗚咽しながら 大号泣。。。。
 
あんなに大きな声を上げながら思いきり泣き続けたのは、幼い子供の頃以来かも。。。
 
号泣しながら浮かんでいた
『とあるシーン』があったのですが、
 
その当時、言えなくて飲み込んだ言葉と、
大きな大きな哀しみと怒りの塊を
全部吐き出すかのように泣き続けて、
 
体が
「もう全部出しきったね」と言わんばかりに、
すーーーーーっ と、落ちついてきた直後、
 
古いエネルギーの塊を
ぜんぶ出し切った爽快感とともに
 
ものすごいコトに 気付いたのでした・・・・
 
詳しくは言えないのですが^^、
 
今回、このタイミング、このメンバーのスウェットロッジセレモニーに参加したことで
この浄化のプロセスが引き起こされたのだということが、その瞬間にハッキリとわかって、 
 
完璧すぎるほどの<天の采配>に呆然とする私。。。
 
 
 
 
トゥンカシラ ワカンタンカ = 大いなるミステリー。
 
この言葉は、ネイティブアメリカンの人たちが大切にしているスピリットとのつながりと、
そのつながりとともに生きることの大切さをあらわすものですが、
 
スウェットロッジセレモニーは、まさしくこの
大いなる不思議とつながる【装置】なんだと、深く感じた瞬間でした。
 
 
 
セレモニーというカタチでエッジを越える体験をもたらす巧妙な装置、スウェットロッジ。
 
ワカンタンカとつながった 確かな体験。
 
「命をかける」と言っても過言でないくらいのセレモニーを完璧にリードしてくださる
松木さんの強靭な体力と、研ぎ澄まされた感覚と、豊かな経験、
 
そして、ともにスウェットに入ってくださるシンガーの方や、
 
一晩中石を焚き続け石入れをサポートしてくださるファイヤーマン、
 
この特別な時間を心身ともに万全に迎えられるように細やかにサポートしてくださったスタッフのみなさんの存在。
 
この、貴重としか言いようのないスペシャルな時間を私たちの人生にもたらしてくれる
マザーアースエデュケーションのスウェットロッジセレモニーのすごさは、
 
スウェットに入る前の準備として提供される 
さまざまなワークの流れからも完璧に導かれていて、
 
「あれだけ手の込んだ準備なしに、このディープな体験が起こり得ただろうか??」
 
と思うほどの内容の濃さに、
感動と感謝でいっぱいになりました。
 
 
 
 
『生まれ変わるなら 生きてるうちに♪』
 
なんて言葉を座右の銘にしている私ですが、
 
こんなに完璧に変容の流れを体験させてくれる
<松木メソッド>の数々を ひとりでも多くの方に体感してほしい!と思い、
  
今月末開催の《Be Woulf キャンプ》にも取材に行かせて頂きますし、
(マザーアースエデュケーションの真骨頂☆)
 
GWには松木さんを鎌倉・逗子・葉山にお招きして 
《トークビジョンクエストシリーズ》をお届けします。
 
シリーズVol.1はコチラ☆
《親子で楽しむ アメリカ先住民の神話LIVEとビジョンクエスト》
 
《火のワーク》
(こちらもGW in逗子&葉山☆ 親子で参加できます!)
 
《見えるものと見えないものをつなぐ 近未来型教育》
(逗子開催☆ ひとりでも強力なゲストを、お2人もお招きしてお届けします!(笑))
 
また、
GW明けには、千葉でも『インディアンドラムをつくるWS』が開催されるようですよ☆
(私は参加していませんが、応援してます!!)
 
 

《スウェットロッジセレモニー》in千葉 千の葉学園
(今回のスウェットロッジを企画してくださった安久さんの主催によるスウェットロッジセレモニー(夏・秋・冬)のスケジュールはコチラから見れます!)

今月末から再開予定の【ラジオ寺子屋】シーズン2でも

松木さんをはじめとして、素晴らしいゲストのみなさんに
<暮らしと人生の変容>をナビゲートしていただきますのでお楽しみに♪

【ラジオ寺子屋HP】 http://www.radioterakoya.com
(月末に向けて少しずつリニューアル準備中です♪)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

LiLi anoanoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。