【青春の轍-1-6】

テーマ:ブログ
2006-10-31 08:12:44

私は終戦直後に生まれた、いわゆる団塊の世代である。


同世代の芸能人には、北野たけしや、吉田拓郎などがいる。
タモリは私の次兄と同じ年齢で、終戦の年の生まれだ。


戦後もだいぶ遠くなってしまった。

終戦などという言葉も一般的でなくなってきている。
太平洋戦争。


そういえば先日、アメリカで制作されたばかりの映画「父親たち
の硫黄島」というのがテレビで紹介されていた。
あのダーティーハリーのクリントイーストウッド監督で76歳だと
いう。


私の父が今書いている「青春の轍」に登場しているが、私の父も
三回も戦争に狩り出されて(召集されて)中国大陸を歩兵として
歩き回っている。
父らの世代は、青春時代は戦争とともにあったのだ。


私は不思議と父から戦争の話を聞くのが好きだった。


でも戦争が好きなわけではない。
父の思い出話を聞くのが好きなだけなのだ。


---------------------------------------------------------
【青春の轍-1-6】


父の紙芝居の話には後日談がある。


どうしても腑に落ちない俺は、前作「青春の雨音」にも登場した
例のコンニャク屋の和哉さんにもその件で確認してみた。

すると和哉さんは父の紙芝居を見たことがあるといった。
「そうだよね?やっていたよね?」
と俺はやはり幻ではなかったことを心の中で小躍りしながら喜ん
だ。


和哉さんに、母や長男はそのことを知らないんだよ、と俺は不思
議そうにいうと、
「伯父さんの紙芝居は半年くらいしかやらなかったからなぁ」
といった。
その他にも和哉さんはこんなこともいった。

「伯父さんはあの紙芝居で町のテキヤともめたらしいよ。紙芝居
にも縄張りがあるらしく、それを知らずに伯父さんはやったもん
だから、多分上前を取られたか痛めつけられたんじゃないかな」


さすがの俺もそこまでは知らなかった。
「へぇー、そんなことがあったんだ…」
と相槌を打ちながらも、母や長男も知らないことを知ってる和哉
さんをすごいと思った。
しかし、何故そんなことを和哉さんが知っているのか?…
俺はそんな疑問もわいてきたが、それよりも父の紙芝居が幻想で
はなかったことだけでも嬉しくて、和哉さんへの疑問は封印して
しまった。
ただ和哉さんは俺の父が好きで、よく二人で話している姿を思い
浮かべることができる。
そんなことから、俺たちの知らないことを和哉さんが知ってても
不思議ではないのである。


ちょっとここで、俺たちと和哉さんの関係を話しておきたい。
父は兄弟姉妹が8人いて、俺の父は男兄弟5人の中の三男で和哉
さんの父が四男だから俺の父の弟にあたる。


男兄弟5人いる中で、桜木家の本家を継いでいるのが四男の和哉
さんの父なのである。

時代は大正時代。
長男は東京へ出て都電の運転手をしているハイカラだった。


桜木家は俺の父が小学生の頃に現在M市の田舎から一家総出で今
のK市へ引っ越してきたのだという。


その原因を父から聞いたことがあるが、俺の祖父、いわゆる父の
父親が博打で田畑を全て失い、残った山だけでは生活できないの
で、その山を二束三文で売り払い、逃げ出すようにしてK市に移
り住んだのだという。


その金を元手にK市でコンニャク屋を始めたのだというのである。
そのコンニャク屋の商売が当たり、俺が物心がついた頃には和哉
さんの家は町内でも金持ちの部類に入っていた。
(次号へ)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

likeさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

RAG FAIR Yosuke Hikichi

RAG FAIR Official website

RAG FAIR DISCOGRAPHY

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。