悔しい朝鮮大戦

テーマ:
 今日の朝鮮大学校戦は、駿大ラグビー部史上初のリーグ戦3部勝利にあと1歩まで迫り、そして掴みきれなかった試合でした。
 第1節、第2節からの成長の跡は随所に見ることができました。セットプレーが安定し、前に出るディフェンス、粘り強いタックルで、デイフェンスが安定していました。攻撃面では、すれ違いざまのパスや速いテンポでの長短のパスが以前よりキャッチャーがとりやすいパスになったこと、攻め込んだ際に、無理なオフロードパスやリスキーなパスが減り、平たく言うとプレーが丁寧になってきたなということが感じられる試合でした。
 私自身は、3部4部の一番の違いは、このプレーの丁寧さ(プレーの精度といってもいいかもしれません)だと思っています。そういう意味では、うちのラグビー部が3部のチームになってきたことを実感し、しかし3部での勝利をつかむまでにはいたらなかった、ゴール前でピンチをしのぎきり、チャンスをものにしトライをとりきるチームとしての集中力をより高めていかなければいけないという思いも強くした試合でした。
 来週は、高い集中力で接戦をものにしてきている東京工業大学が相手です。ホームグランドでリーグ戦3部初勝利を掴むべく、今日の敗戦を糧に、この1週間、自分に厳しく集中して練習に臨みたいと思います。