おとうろう祭り参加

テーマ:
 4月27日(日)に入間市おとうろう祭りの山車びきお手伝いに参加してきました。当日は天候にも恵まれ、また地域の方たちにも大歓迎されて楽しく有意義な1日を過ごすことができました。
 おとうろう祭りは入間市でも最大規模のお祭りですが、それでもお祭りや山車びきに参加するのはスポーツ少年団等が主で、中学生から大学生の世代はお祭りから離れてしまうのが一般的です。そのため、山車びきも若い曵き手が足りず、そういう意味でもラグビー部の山車びきは毎年頼りにされています。
 また、地域の文化にふれる機会はなかなかなく、自分の通う大学のある地域の文化にふれ、また地域の様々な方たちとふれあう機会はとても貴重な時間ですし、学生にとっても、自分たちが「頼りにされていて、地域を元気にする力になっている。」ことを肌で感じられる機会は自分たちがもっている力を客観的に見る意味でもとてもよい機会だと思っています。
 この活動に参加して、6~7年になりますが、「日曜日の山車びきはラグビー部の助っ人が来てくれる。」地域の中でもそういう意識が定着してきたように思います。こういった活動を基礎にして、地域との結びつきをより一層強いものにしていければと考えています。

 部員の皆さん、お疲れさまでした。さまざまなコーディネートをしていただいたふれあいハウススタッフはじめ、教職員の皆さん、お祭り関係の地域の皆さん、ありがとうございました。この場を借りて厚く御礼を申し上げます。