この度、大川隆法総裁先生より新たな霊言を賜りました。

渡部昇一の霊言

  • 所要時間:約108分
  • 種類:霊言
  • 公開期間:2017/4/19~
  • 場所:精舎, 支部, 拠点, 布教所, 海外
  • ※抜粋版あり(約20分 2017/4/26~)

内容紹介

保守論客の主柱・渡部昇一氏より、日本人へのメッセージ

◇春の嵐は日本霊界が悲しんだ象徴か。北朝鮮問題で揺れる国難の中、渡部昇一氏の帰天メッセージを収録
・この度、4月17日に86歳で逝去された、保守系言論人として高名な上智大学名誉教授・渡部昇一氏の霊言が収録されました。
・本霊言は、信者をはじめ、幸福実現党支持者及び親和性のある方、渡部昇一氏のファン、保守系の言論に親和性のある方などを中心におすすめです。

 

【プロフィール】
渡部昇一(わたなべ・しょういち)(1930~2017)

・上智大学名誉教授として活躍。著書『知的生活の方法』は、読書を中心とした知的生活を築き上げるための具体的方法を論じ、100万部超のベストセラーとなった。
・大西巨人を批判した“劣悪遺伝子排除論”で物議を醸し、その後も雑誌『諸君!』『正論』などで、教科書問題批判、朝日新聞批判、角栄裁判批判などの論陣を張った。
・2017年4月17日、心不全のため亡くなる。

 

【Point】
◆対談した渡部氏だから分かる、主の偉大さとは?
◆退位問題についての考え方
◆日本人のプライド、民族のアイデンティティとは?
◆ロッキード事件で有名な“角栄裁判”の本質とは何だったのか?
◆21世紀、日本にまた陽が昇る―。
◆幸福の科学・幸福実現党の未来とは?

併せて学ぼう!

『フランクリースピーキング―世界新秩序の見取り図を語る―』(大川隆法 著)
『渡部昇一流・潜在意識成功法―「どうしたら英語ができるようになるのか」とともに―』(大川隆法 著)
『幸田露伴かく語りき―スピリチュアル時代の〈努力論〉―』(大川隆法 著)
『トランプ新大統領で世界はこう動く』(大川隆法 著)

AD

この度、大川隆法総裁先生より新たな霊言を賜りました。

「孤独な天才俳優か!?」神木隆之介の守護霊インタビュー

  • 所要時間:約100分
  • 種類:霊言
  • 公開期間:2017/3/24~
  • 場所:精舎, 支部, 拠点, 布教所, 海外
  • ※抜粋版あり(約20分 2017/3/31~)

内容紹介

若手天才俳優の秘密と、今後の課題とは。

◇天才子役として知られ、映画の主演俳優、声優としても大活躍の人気俳優・神木隆之介に死角はあるのか。
・この度、映画「三月のライオン」など数々の映画・ドラマで主演をつとめ、声優としても活躍し、好感度抜群の俳優・神木隆之介さんの守護霊インタビューが収録されました。
・本霊言は、信者をはじめ、神木隆之介さんやその作品のファン、一連の報道で幸福の科学やNSPに興味をもっている方、芸能界や美の世界に関心の高い方などには、特におすすめです。

 

【プロフィール】
神木隆之介(かみき・りゅうのすけ)(1993~)

2才の時に、母親が子供タレント事務所へ入団させたのがきっかけで、同年でCMデビュー。1999年、テレビドラマ「グッドニュース」で俳優デビュー。2003年、「踊る大捜査線THE MOVIE2」で映画初出演。2004年、「お父さんのバックドロップ」で映画初主演。2016年、映画「君の名は。」で、主人公の立花瀧の声を演じる。2017年、3月公開の映画「3月のライオン」で主演。

 

【Point】
◆彼は、なぜ、周囲のみんなから愛されるのか?
◆自分に仕事のオファーがくるためにどんなことをしているのか?
――プロが実践している仕事の準備とは?
◆役者として成功していくために必要な姿勢とは?
◆今、神木隆之介が心の中で求めているものとは?
◆守護霊にもわからない?20歳以降の人生設計とは?
◆どんな、過去世を持っているのか?霊界の友達は?

併せて学ぼう!

『人生に勝つための方程式―逆境や苦難をプラスに転じる秘訣―』(大川隆法 著)
『演技する「心」「技」「体」と監督の目 赤羽博監督守護霊メッセージ』(大川隆法 著)
『上野樹里 守護霊インタビュー「宝の山の幸福の科学」』(大川隆法 著)
『守護霊メッセージ 能年玲奈の告白「独立」「改名」「レプロ」「清水富美加」』(大川隆法 著)
『女優・清水富美加の可能性―守護霊インタビュー―』(大川隆法 著)

AD

この度、大川隆法総裁先生より新たな霊言を賜りました。

アドラーの霊言

  • 所要時間:約101分
  • 種類:霊言
  • 公開期間:2017/3/20~
  • ※抜粋版あり(約20分 2017/3/28~)

内容紹介

嫌われる勇気で、本当に幸福になれるのか?

◇書籍、ドラマ「嫌われる勇気」に、アドラー本人から重大発言。大家が語る心理学の限界と、宗教の可能性とは
・この度、書籍やドラマでブームが起き、フロイト、ユングと並ぶ心理学三大巨頭の一人・アドラーの霊言が収録されました。
・本霊言は、信者をはじめ、書籍「嫌われる勇気」やドラマなどでアドラーに興味のある方、心理学全般に興味のある方、宗教関係者などを中心におすすめです。

 

【プロフィール】
アルフレッド・アドラー(1870~1937)

オーストリア、ウィーン生まれの精神科医。フロイト門下であったが、次第に、フロイトの性欲説に不満をいだくようになり、訣別した。人を行動にかりたてる動機は、他者への優越の欲求(権力への意志)であると考えるようになり、自らの理論を「個人心理学」とした。育児と教育によって個人を変革するという理念のもと、第1次世界大戦後の荒廃したウィーンにおける青少年問題にとりくみ、児童相談所を各地につくった。

 

【Point】
◆「嫌われる勇気」の映画やドラマを、アドラー本人はどう思っているのか?
◆アドラーは、仏教にも、キリスト教にも縁がある?
◆私たちの参考にもなる――個人面談で大切にすべきこととは?
◆劣等感はなぜ発生するのか?また、克服法は?
◆悩みの中から抜け出すための考え方とは?
◆支部に多くの人が集まるためのヒントも!

併せて学ぼう!

『「幸福の心理学」講義―相対的幸福と絶対的幸福―』(大川隆法 著)
『「成功の心理学」講義―成功者に共通する「心の法則」とは何か―』(大川隆法 著)
『「ユング心理学」を宗教分析する―「人間幸福学」から見た心理学の功罪―』(大川隆法 著)
『フロイトの霊言―神なき精神分析学は人の心を救えるのか―』(大川隆法 著)

AD