1+1=2から

テーマ:
1+1=2

これだけのことを言うのに
どんな気持ちを込めて言っているだろうか

1+1=2 たったの2でしかならない

1+1=2 2倍の2になるよ!

聞いたとしたらどんな感じを受ける?

1+1=2という事実に
感情をたっぷり絡めると
最初のはマイナスに思えるし
2番目のはプラスにも思える

心のエネルギーが言葉に反映されるのは
こういうことから

それに
言葉だけでなく表情も声の調子も大きさも
それらが総合的に付加されて伝わっている

AD
コミュニケーションは
聴くもあり
伝えるもあり
相互の自己表現で成り立つ

って、あたりまえ?

ですが
聞くばかりになってません?

もしくは伝えるばかりになってません? 

コミュニケーションってクラス
義務教育でなかったから
なかなか難しいところ

聴くも
聞くも
伝えるも
 
簡単にできるし
複雑にできるし
頭を使ってもできるし
感覚を使ってもできるし

奥深く答えのない分野ですが
相手も自分も自由に思いや考え、信念を自己表現をできるコミュニケーションを
するのにはそれがどういうものか
 
アサーションを知る、使うと
コミュニケーションがまた変わる

かつて女性が意見が言えなかった時代に
始まったアサーション
もう、古いよと言う人もいるけれど

未だ、アサーション的なコミュニケーションができていないのはまだ必要ってこと
 
暫く探求します


 

AD
世の中にあるモノは
作り手のエネルギーに変化されて
運搬する人や販売する人のエネルギーが加えられ変化してゆく

手にした人のエネルギーが加えられて
変化していく

そのモノの持っているエネルギーにある人がそれをどうにかして別のモノにしたいとすると
元々、そのモノが持っていたエネルギーがある人の念が加えられて変化する

だから全ては変化していて
以前と同じモノはない

そんなことをファーマーズマーケットで野菜を見るときに思う


AD

みんな同じ

テーマ:
人だもの皆同じ
は自分の基準として、同じか
の差をみることになる

皆、同じでない
たとえ親しくても

育った背景も違うから
全くすべて同じ考え、心情の人は
いない
からお互いに理解し合おうとできる

言葉だけでない
表情も視線も間の取り方も
諸々がコミュニケーション

プラス
醸し出すエネルギーも
が大きい

日々、そっかー❗な発見は
あるもので
それは生きる楽しみです

匂いの記憶

テーマ:
玄米麹を買いに味噌蔵のある糀屋さんに
初めて行って味噌の匂いを嗅いだ時
父方の祖母の家の匂い!と瞬間的に思った

それから何度も足を運ぶ度に
懐かしい感情を感じているのもわかった

アロマテラピーで言われるのは
臭覚は大脳辺縁系につながっているので
香りを嗅ぐと記憶や感情が呼び起こされると

実家の父に電話をして
おばあさんはもしかして・・・お味噌を家で作っていた?と尋ねたら
「みんなで集まっては味噌を作っては納屋に置いていたよ
よく覚えているね」と驚かれた

覚えているも何も味噌を作っていたことも知らなかったけど
ただ味噌蔵の匂いを嗅いだ時に呼び覚まされたのは
祖母の家の匂いだ!と言うこと

味噌屋さんは床ではなく今も土
祖母の納屋も床でなくて土だったこと
家は木造の作りここも同じ
そして糀菌が壁いっぱいに広がって似たような
香りとして認識したのだと思う

ちなみに母方は商売の家だったので
お味噌の匂いの記憶はない

匂いが呼び覚ます記憶は意識していない領域から
ひっぱりだされるものですね





奇跡と人

テーマ:
神社仏閣やパワーのある場所に行くと
どんなことが起きると思いますか

見たことない雲が現れる
キラキラする光が現れる

ってなことありますが

それよりも人を介して言われることが
それらよりあります

それも私の場合、「~へ行ったらどうですか?」ってな優しめでなく
「~へ行きなさい」という命令のような断言する言い方
もう、わかったから!はいはい!ってしぶしぶ行ってみる

思うのは奇跡は、人を通して起きると
信じられなかったり軽く見てしまいがち

以前にネットに書かれていた詩を思い出したので紹介します
記憶を辿って探したので近いものになりますが
「なぜ助けてくれなかったのか?」

春はイエローから

テーマ:
春先に目につく花の色はイエロー
早春の水仙から始まりパンジー、クリスマスローズ
今はミモザも満開

今日はイタリアではミモザの日
男性から女性にミモザを贈る日だそうです

春先はイエローの花がみられ
それからレッド、ピンク
夏にはブルーからバイオレット
自然の色は季節と共に
カラーのエネルギーを与えてくれて
その時期に必要なものを
補完してくれているように感じます

まずは自分の中心を意識して
創造のエネルギーを
そして広げて行く



色も音もリズムも
振動が共振して影響を受けている

好きな色、好きな音楽ばかりは
同じ刺激で慣れっこになってしまう

チャクラに対応するカラーがあるように
全ては違っている
だから
異なる色、音、リズムはチャクラを含み
身体に精神に魂に刺激となり活性をしてくれる

地球が回転し太陽の運行の位置が変化することで陽のあたり方が変わるのも、
目に見える木々の変化も
気温の変化も
共振して変化を与えてくれる

そういう意味でもうすぐ来る春分の日は
一年の中でも大きな変化の日である