頑張れメッシ!

テーマ:
ワールドユース、頑張れメッシ!



WY2005決勝にアルゼンチンが進出した。
決勝は、ナイジェリアのようだ。

地上波で放送があるみたい。
*********************************************
7/3(日) フジテレビ  02:50  05:00
WY2005決勝 解説・風間八宏(最大延長6・00まで)
*********************************************
やっとメッシのプレーがTVで見れる。

それにしても、
メッシは、今大会で相当評価を上げたようだ。
==
過去5大会で3回優勝を果たしているアルゼンチン。今大会は初戦こそアメリカに不覚を取ったものの徐々に調子を上げると、準々決勝では強敵スペインを3対1と葬って3大会連続のベスト4へと名乗りを挙げた。躍進の原動力となっているのは、チームトップの3ゴールを挙げているFWリオネル・メッシ。所属するバルセロナではクラブ史上最年少ゴール記録を更新し、すでに『マラドーナ2世』の称号も頂きつつあるメッシは、「世界最高の選手に喩えられるのは大変な名誉。今後も一生懸命に学び、戦おうという気持ちにさせてくれる」と話し、高まる期待をプレッシャーではなく力へと転化するなど、18歳の誕生日を迎えたばかりとは思えない大物ぶりを窺わせている。
<スポマガ ワールドサッカー編>
==

FCBarcelona.comは、メッシを大自慢。

==
ぼくらの弟分、バルサのカンテラ出身のレオ・メッシが世界制覇に王手をかけた。
準々決勝では、我が国スペインがメッシの大活躍により敗退した。悔しい気持ちはあるが、メッシにやられたなら仕方ない。むしろ嬉しい気持ちだ。なぜなら僕たちが育てているのはU20スペイン代表ではなくてメッシだから。つい先月、カンプノウでバルサの最年少ゴールを記録して有名になったが、WYを制したとなるとさらにその価値は上がる。ラポルタはじめ、バルサの首脳陣はメッシを守らなければいけない。FIFA公式サイトでメッシが取り上げられた。アルゼンチンの新しいスターと。彼の実力を知り尽くしている僕たちとは違い、スペイン戦での活躍は衝撃だったようだ。
==

バルサの最年少ゴール記録を塗り替えたメッシ
AD
■ 凄いぞ。男だ!S・ブロト。

デコとの賭けに負けたヘタフェのGK、S・ブロト。
本当にGKグローブを用意するそうだ。

S・ブロト、キーパーグローブ5000セットを用意

全部で6000万円くらい?
確か、さるおさんがブログで概算をたててた・・・。
さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー

凄い。しかも、デコが得点を決めたら・・・・ではなく、バルサが勝ったら・・・。普通に考えると、カンプノウでヘタフェがバルサに勝つのなんてて10回やったら1回くらい?つまり1割。9割の確率で6000万円を失うギャンブルなんて・・・。

デコのコメントが聞きたい。
が、どこにも掲載されてなかった・・・。


関連サイト:
■ S・ブロト、キーパーグローブ5000セットを用意
AD

ポゼッションサッカー

テーマ:
■ ポゼッションサッカー

僕のサッカー論では、『強いチーム = ポゼッションサッカー』、『弱いチーム = カウンターサッカー』である。これは当たり前のことだと思っている。なぜなら、ボールは失ってはいけないからだ。強いメンバーで構成された強いチームはボールを失わない。ポゼッションは高くなるし、ボールと人を動かすことで穴を作り、穴ができたら仕掛ける。その駆け引きにファンタジーがあり、マリーシアがある。

バルサの強さの本質は、最終ラインからの繋ぎの巧さ、シャビ、デコのキープ力にある。ロニー、エトォ、ジュリーのミスには万全体制が整っている。彼らがボールを失っても、シャビ、デコ、マルケスで再度奪取可能である。だから、前の3人は遠慮なく積極果敢に勝負を挑む。3人の個人技はスペシャルであり、申し分ない。3人にビビリ相手が引きだしたら、デコのミドルが炸裂する。ベレッチ、ジオ、シルビーニョが上がってくる。もう、守りようがない。

これが強いチームの図式だ。

しかし、少しはわかってる。強いチームが必ずしも勝つわけではないと。そして、勝つために強いチームがカウンターサッカーを選択しはじめていると。

ポゼッションサッカーの最大のリスクは、ボールの失い方である。穴作りの横パスが増えるため、当然、ミスが生じる可能性も高くなる。どれほど確実な選手でも100%はあり得ない。事実、チェルシー戦ではあのシャビがやらかした。人数をかけて攻める分、想定外の事象に備えが薄い。

一方、カウンターサッカーのリスクは、戦術的には小さい。ボールを失う位置はいつも相手のウラのスペース。しかし、成功するか否かは、選手のメンタルの維持が一番のポイントとなる。守備側の選手は、とにかく粘り強く攻撃を跳ね返し続ける。攻撃の選手に時間を稼ぐことを求めてはいけない。一方、攻撃の選手は、いいパスを求めない。とにかくスペースへ飛び出し続ける。少しのモチベーションの低下でチームは崩壊し、ただの弱いチームとなる。

しかし、絶対的な指揮官、屈強なメンタルを持ったゲームキャプテンがしっかりと統率し、ベンチも含めた選手達がみな同じ意志で望めば勝つ。

昨年、モウリーニョはポルトで証明した。そしてチェルシーのようなビッグチームでもできることを証明している。ユーロ2004のギリシャも同様である。そして、この流れはスペインリーグにも・・・。先週、サンチャゴベルナベウでのR・マドリー。ルシェンブルゴはポゼッションを求めなかった。フィーゴは必要なかった。ロナウドもジダンも守った・・・。そしてR・マドリーは勝った。

プロは結果がすべて

うん、わかる。わかるよ。が、しかしー。こんな思いはバルサファンは多いようだ。さるおさんは、ヘタフェ戦を見て、この問題を少し解消できたそうだ。『バルセロナのボールポゼッションサッカーが輝いて一安心 おめでとう!モッタ復活!

今日、早速観てみよう。


関連サイト:
プレッシングの流行
バルセロナのボールポゼッションサッカーが輝いて一安心
AD

フィオーレ・・・

テーマ:




ライブドアのマルカインタビューがフィオーレだった。

まだラニエリの支配下の頃の、バレンシアの練習を見にいった。そこで、明らかにチームになじめずイライラしているフィオーレを見た。イタリアでエリート街道を歩み、鳴り物入りでバレンシアに入団したにも関らず、ほとんど活躍できていない。練習後もあまりコミュニケーションをとらず高級車でブリーンと帰ってしまうフィオーレ。その時にも、なんだ?と思ったが、マスコミにベラベラと不満を述べてるフィオーレ、これでは地元からどころか、チームメイトからも愛されないよ。


■ アントニオ・ロペス就任で変わったバレンシア

変わったというより、戻ったという方が正しいかもしれない。ラニエリ解任後、昨年ベニテスの下でコーチを務めていたアントニオ・ロペスが監督に就任した。アントニオ・ロペスはわかりやすかった。昨年リーガ優勝時のバレンシア・サッカーを取り戻すべく、高いボールポゼッションを目指す攻撃サッカーを展開。アイマール、ミスタがスタメン復帰を果たした。


■ バレンシアにおけるイタリア人プレーヤー

ラニエリが獲得したイタリア人はフィオーレ以外にも3人いる。ディバイオ、コッラーディ、モレッティ。今、アントニオ・ロペスにコンスタントに使ってもらえているのは、ディバイオだけだ。イタリア人を使わない、アントニオ・ロペスという図式が生まれても仕方ない。しかし、その中でもディバイオは前向きなコメントをメディアに残し、アントニオ・ロペスのホームパーティにも参加。積極的にチームになじもうと試みている。偉い!


関連サイト:
■ ライブドア マルカインタビュー

■ バレンシアサッカーライフ

シアラー引退撤回!!

テーマ:

 

foot-ballさんのサカブロのTBです。

鉄人アラン・シアラーがもう一年、現役続投を決断したそうです。なんとも嬉しいニュース。僕は老練な賢さで勝負するFWは大好き。本当にこの手のFWって減ったように感じる。


■ シアラー・マジック

懐かしい響きだ。
EURO96はイングランド大会。地元の期待は、2年連続リーグ得点王のシアラーに集中した。しかし、シアラーはチームで点が取れるのに代表では得点があげれない状況が続いていた。周囲はその謎を「シアラー・マジック」と呼んだ。


■ 全てが変わったEURO96

謎が解けた。
どうしても代表で点が獲れなくて悩んでいた男は、この大会で壁を乗り越えた。EURO96の得点王に輝いたのだ。本大会大活躍のシアラーには、ビッグチームから数々のオファーが殺到した。しかし、男が選んだチームは、ニューカッスル。そこでシアラーは英雄となった。


■ まだまだ34歳。

シアラーは素晴らしい選手だ。
退場はおろか、警告もほとんどない。文句ひとつ言わない。プレースタイルはいたって真面目。おとりになるフリーランニングでは手を抜かない。相手を背にしてボールを受け、振り向き様に豪快なシュートは、努力の賜物といえる。昨年も37試合に出場し22得点。大活躍だ。引退なんて早すぎる。



関連サイト:
□ uefa.com シアラーが引退を延期