■ イニ、お誕生日おめでとう。



5月11日水曜日は、イニエスタの21歳の誕生日だった。ひときわ顔色が悪くて、一見病弱そうだが、今シーズンバルサで全試合出場しているのはこの青年だけである。

ライカールトからの信頼は相当厚い。「イニエスタは、まだユース年代だが、その賢明さとプレースタイルは既にベテランだ。間違いなく今シーズンのバルセロナのキープレイヤーだ。」とコメントしている。

イニエスタは、
「いいシーズンだね。個人的にも。けど要因はチームが素晴らしいからだよ。チームがいい状態だと、全てが好転するんだね。今、僕らは素晴らしいフィニッシュの為に気を引き締めなければならない。お祝い事はその後さ。」

と、ライカールトのおっしゃる通り賢明なコメント。



「僕は、常にスタメンになれるように努力してるんだ。けど、スタメンから試合に出れるのは11人だけなんだよね。バルサには素晴らしい選手がたくさんいるからね。スタメン争いは重要じゃないんだ。これは、ライカールトが教えてくれたんだ。シーズンを通して、どれだけチームに貢献できたかが選手にとって最も重要な事なんだよ、って。その事が理解できたから、僕は成長できたと思ってるよ。」



怪我人や、出場停止者の穴埋めとして様々なポジションで与えられた仕事をしっかり果たしてきた。本来、イニエスタはバルサBやU-21スペイン代表ではファンタジスタとして華やかなポジションだったのだ。

「僕はチームから常に学んでるよ。もちろん、もっとゴールに絡みたいし、ゴールも狙っていきたいと思っているよ。けど、やはり重要なのはチームがいい状態なのかってことなんだ。チームがよくなると僕も幸せだし、僕のパフォーマンスもよくなるんだよ。だからチームの中で僕が何をすべきか、を考えてるんだ。」



バルサは、ロニー、デコ、シャビと世界最高級のファンタジスタがしっかりと共演している。ロニーの技術はスペシャルだし、デコ、シャビの献身的な姿勢がいい刺激になるんだろぉ・・・。けど、やはりライカールトの言うようにこのイニエスタは、プレーも考え方も素晴らし過ぎる。次世代のファンタジスタは、賢明でなくてはいけないのか・・・。

さらに、イニはインタビューをこのように締めている。
「レバンテ戦での勝利が、僕のバースデープレゼントになれば最高だね。」



土曜日、レアル・マドリーが先に負けるとレバンテに勝たなくても優勝が決まる。しかし、イニエスタは優勝という言葉を使わない。あくまでもレバンテ戦の勝利が自分へのご褒美だと締めた。キレてるねぇ~。お洒落だねぇ~。 (服じゃなくて・・・。)



関連サイト:

■ FCBarcelona.com

AD

コメント(3)