まじで!トルシエ・・・

テーマ:
■トルシエ :スポナビ(→)

なんじゃそりゃ?
人が結婚式の直前にうれしさを熱く語ったのに・・・
さすが三木谷って言うたのに(→)

無事結婚式が終わってみてみたら・・・
コレやで。
ダメだなぁ。。。。V神戸


■バロンドール :スポナビ(→) uefa.com(→)

やはりこの3人か。
個人的にはロナウジーニョやけど、世間はシェフチェンコ、アンリ
なんやろぉなぁ・・・。


■写真は・・・
アドリアーノのゴールのパフォーマンスに
釣られて上を見るイブラヒモビッチ
「何も降ってへんよ」

AD

素晴らしきクラシコ

テーマ:
バルサ強かった。
その中でも圧巻はETO’OのPK奪取のシーン。
ジダァーンの痛々しいパスミスから50m近くを直線ドリブル。
PKの笛の合図とともに、すっごい遠くからプジョールが
駆け寄った。ダメ押しどころか、精神的にも切り裂いた突破
だった。

ラーションが重症を負ったのがまじで残念やけど、
それ以外はホントライカールトの思惑通りなんやろぉな。
冷静な会見やったし。
カッコエエ!!
AD

念願のボランチ

テーマ:
明日の試合、高校時代同じチームだった奴が、
チームに合流することになった。

彼は、高校時代は"ミニゲームの帝王"と呼ばれ、
そのテクニックは群を抜いていた。

しかし、小さな体のために高校時代のおっさんの
目指すカウンターサッカーの構想からは漏れていた。

が、努力家の彼は大学でつなぎ役として開花したらしく、
ボランチとしてレギュラーを勝ち取っていた。

念願のボランチがチームにやってくる。
しかも昔の仲間。
俺は今からわくわくしてしょうがない!!
理想は彼のロングスルーパスからの得点や!
イメージはばっちし!
あとは天気や!!!
頼んだでぇ!




AD

エラシコの秘密

テーマ:
■ エラシコの秘密

発見した。わかった。
家で4号球を何気なくいじってて気付いた。
至上最高のフェイントである"エラシコ"の
コツが・・.



エラシコ自体は、ロニーに限らず様々な人が
やっているのを良く見る。

しかし、ロニーは少しみんなのとは違う。
スピードが違う。流行の人間工学的に判断すると不可能な動きだ。僕はいろいろ考えた。試してみた。その結果、ひとつの答えに辿り着いた。

『アレは、アウト→インの2タッチによる切り返し
ではない。アウト→トゥ→インの3タッチである』

どういうことか!?
僕の解析では、

アウトサイドでボールを細かく触りながら、ワンサイドカット(内をキッてる)敵DFの体のバランスを伺う。で、トゥ(どちらかというと、足の中指辺りでボールの外側を軽く右回転がかかるくらいに触る。(コレが難しい)


で、ボールが回転しながらウチに動くやいなや・・(上図のボールのナイキマークに注目)右のインサイドに当てる!ボールの回転と右足インで触ることでの力の作用によるものなのか、思った以上にボールが動く!!


まるで引っ張ってたゴムを離すように!

さらに巧くなると、外に動いたボールを左足のインでさわり1人ワンツー形式で前にグッと出る。


これをとてつもないスピードで、且つリーガのピッチでやってのけるのがロニーだ。

バルサ初黒星

テーマ:
バルサ負けたねぇ・・・。
残念。

ベティスが逃げ切ったなぁ・・・。
ラーション投入が遅いんでは・・・
いや、ライカールトがそう思ったんやから
あのタイミングはあれでよかったはず。

俺はライカールトを信じる。
ブロンクホルストがホワキンにやらてた
ような気がするのも、気のせいや。

デコ褒めたばかりやけど、ミスが目立って
いたような・・・いや、それも気のせいや。

事故や事故。
要は今週末のクラシコや。
彼らの焦点は・・・。

レアルが圧勝してたような・・・
いや、気のせい・・・じゃない!?