こんにちは!

ワーキングマザー整理収納アドバイザー 

akikoです。
 


「忙しい働くママ」でも

すっきり&おしゃれな部屋が続く

 

収納・家事・インテリアの

アイデアを発信しています。

 

 

初めましての方は、自己紹介がわりにこちらをどうぞ♪

「片付けられないワーママ」が汚部屋を脱出するまで

パパが単身赴任〜苦難のワンオペ育児から「時短家事ママ」誕生まで

 

 

昨日の記事でも書きましたが、

私はいつも朝時間でブログを書いています。

 

朝なら子供たちも寝ていて

集中できるから!という理由なのですが、

 

 

今朝は、

 

残念ながら次男起床orz

 

 

そして、

 

自分で起きたくせに

照明がまぶしいと号泣

 

えっと、、、だったらもうちょっと

寝てくれてもいいんですよ!?

 

 

ということで、若干集中できない中

書いております(汗)

 

 

 

さて本題ですが、

今日は引き出し収納について。

 

 

我が家では引き出しは

できるだけ「仕切る収納」

心がけています。

 

 

それにはいくつか理由があり、

また仕切り方もパターンがあります!

 

 

ということで、本日は

 

引き出しのごちゃつきを防ぐ

「仕切る」収納セオリー

 

というテーマで、理由別の仕切り方の

パターンをご紹介したいと思います!

 

 

■仕切ってモノの「定位置」を決める

 

 

こちらは長男の学習机の引き出し。

 

以前、無印の「ポリスチレン仕切板・小」

で仕切って収納改善をしたところです。

 

 

改善前の引き出しはこんな状態。

 

 

ご覧の通りぐっちゃぐちゃで、

どこに何があるかもよくわからず

つい適当に何でも突っ込む状態(泣)

 

それが定位置を作ってあげることで

モノをちゃんと戻せるようになり、

余計なモノも入れなくなりました(^^)

 

 

 

家族みんながよく使うリビングの引き出しも、

細々したものをダイソーのボックスで

仕切って収納しています。

 

こちらも定位置を決めてあげることで、

「あれどこいった?」がなくなり

家族みんなが使いやすい収納になっています(^^)

 

 

 

■自立しづらいものは仕切って立てる

 

 

我が家ではクローゼットの引き出しも

ボックスで仕切って収納しています。

 

特に子供服などの小さいものは

ごちゃつきやすいので、

仕切ってあげると子供も出しやすいです。

 

 

 

自分の服についても、スカーフや

ストッキング、キャミなどは

無印のソフトボックスで仕切って収納。

 

種類が混ざってごちゃついてしまうのを

防いでいます(^^)

 

 

 

こちらは食器棚引き出しのふきん収納。

 

ここも無印のポリプロピレン整理ボックス4

仕切っています。

 

ふきんも1つ1つが小さくて

ごちゃつきやすいのですが、

ボックスで仕切ることで

ずれにくくなりました!

 

 

■仕切ってモノの在庫量を把握する

 

 

また、ボックスなどで仕切ることで

持っているモノの在庫量も把握できます。

 

在庫量と適正量を知ることで、

買いすぎ防止にも繋がります。

 

我が家では以前はつい子供服を買いすぎ、

またトップスばかりつい買っていたのですが

仕切る収納にしてからは適正量を

保てるようになりました(^^)

 

 

 

以上、我が家の引き出し収納の

仕切りセオリーのご紹介でした!

 

引き出しの中がごちゃついてしまう・・・

という方は、ぜひ仕切る収納を

試してみてくださいね!

 

 

素敵ブロガーさんたちの

美しすぎる引き出し収納にもいつも

うっとりです・・・!

 

にほんブログ村テーマ 美しい収納&お片づけレッスン♪へ
美しい収納&お片づけレッスン♪

 

にほんブログ村テーマ 整理収納へ
整理収納 

 

にほんブログ村テーマ わが家の快適収納へ
わが家の快適収納 

 

にほんブログ村テーマ シンプルで綺麗な収納&片付けへ
シンプルで綺麗な収納&片付け

 

 

 

----------------------
インスタグラムはこちら。
お気軽にフォローしてください♪
Instagram
----------------------

 

 

 

ランキングに参加しています。

 

いつもたくさんの応援クリック

本当にありがとうございます! 
 


更新の励みになっています。

ぜひ「見たよ~」のクリックを

下の2つのバナーにいただけると嬉しいです!

 

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

 

AD

コメント(4)