可能性の数だけヒカリがあるライフサルベージ

只今、ブログリニューアル中!

NEW !
テーマ:
 
宝石白 はじめての方へ 宝石白
       ライフサルベージとは       
事業推進部 / ライフコンサルタント・ライター  
宝石赤 ライフサルベージ代表  相 澤 宝石赤
 
 
 

こんにちわ、ライフサルベージ代表、事業推進部の相澤です。

 

 

 

先日、クライアントさんとお話していたら、本を読むのがとても苦手で困っているというご相談がありました。

彼女はサロン経営をされている、30代の女性です。

 

 

 

子供の頃から好きじゃなかった、とのことで、人から勧められた本は読みたい気持ちはとても強いのだけれど、実際に開いて見ると集中力が続かずにすぐ飽きてしまうのだとか。

 

 

 

人には好き嫌いとか向き不向きがありますし、何をすれば絶対にいいとか悪いとか、全員に共通するものはありません。

だから、読書は絶対にいいものです、絶対に読まなきゃダメですというものでもない。

 

 

 

読書など必要ない、と断言されるリーダーや著名人もいますし、私もあまり中身のない本に時間を取るくらいなら実地で何か経験する方がいいよね、と思うこともあります。

つまり、読書を絶対した方がいいという話ではないです。

 

 

 

では、どういう風に向き合えばいいのか。

 

 

 

私は読書が苦手だという方を今まで何人も見てきましたが、好きな人と苦手な人の差はどこかなあと言うと、読書そのものが目的になっているかどうかの部分じゃないかというのもひとつ挙げられると思っています。

 

 

 

読書が好きな人は、その本を読んだ後に得られる何かを目的としていることが多い。

感動したいとか知識を得たいとかスキルを習得したいとか。

読書が苦手な人は、本を読むことそのものが目の前に立ちはだかる目的になっている雰囲気です。

 

 

 

もちろん全員がそうではないですよ。

でも、この傾向はなかなか根強いかなと思います。

なぜなら読書嫌いの人は本を買った時点で満足する傾向が強いからです。

本自体に意識がフォーカスされているわけですね。

 

 

 

読書好きの人はどうかと言いますと、本そのものではなく、読んだ後の自分にフォーカスしている雰囲気です。

読んだ後の自分をどうしたいのか、何を得ていたいのか、何ができるようになっていたいのか。

読書嫌いの人と比較すると、目標設定の場所が未来になっている感じですね。

 

 

 

ちなみに私はどうなのかと言いますと、本を読むときは必ず、「ネタを盗んでやる」と思いながら手に取っています。

全部読みきること、理解することなどは結構どうでもよくて、その本の中からワンフレーズでもネタの元になる何かを抜き出して、今後の自分に繋げてやる、と思いながら読む感じです。

 

 

 

本はどんな本であろうと、所詮ツールのひとつです。

本がアナタそのものになることはない。

そこで得た何かを、どうしたいのか、そちらを考えながら読んでみるということをしてみてはいかがでしょうか。

 

 

その意味において、私は普通の本や学術書、マンガやゴシップ雑誌などを同じ視点で読んでいます。

ネタを盗むという意味ではどれも同じなのです。

 

 

 

 

ライフサルベージ代表 / 事業推進部 相澤

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。