☆青山生活子連れ流☆

23歳で国際結婚。
25で母となり。
3児の子を連れて離婚して11年目。
今年で長男20、長女16、次男14となる。
未だに「猿」「ゴリラ」「オラウータン」は長男による長女の呼び名です・・・。

いらっしゃいませ☆ページ訪問、ありがとうございます!
子育てネタ
街情報
モニター体験記・イベント・セミナー見聞録
映画のこと
日々思った(結構どうでもいいこと)こと等について書いてます。
楽しんでいただけたら幸いです。


NEW !
テーマ:
先週の土曜日、国立新美術館へ行った。
付き合いでである。
で、門のところでびっくり!!

券売コーナー大大大行列・・・・

草間彌生展を見たい人と、ミュシャ展を見たい人が集まっているのか?
どちらもまだ会期ギリギリではない。

スマホ持っているのに、前もってチケット買おうと考えないのだろうか、皆さま・・・
それに、なんで、美術館も、さらっとネットでチケット購入して、入り口で見せる、といったスタイル導入していないのか?
混雑緩和対策していない展覧会多い・・・・

スマホも前売りも無くても、近辺のコンビニでもチケットは買える。
ミッドタウンのある通りに、ローソンもセブンも、ファミマもある。
ちなみに、セブンだけは会員登録のようなものが必要みたいだが。
コンビニまで5分で行ける。
行列に30分以上並ばずとも、チケットは買える。

さて、展覧会の内部はともかく、チケット売り場と同じように混んでいたのは
物販コーナーのレジであった。
草間彌生展だと、筒状の缶を買っている人が多かったようだ。
あと、カード。
ミュシャ展も、東欧のカワイイグッズが売られていたのもあり、混んでいた。

展覧会の方は、草間彌生展は、コラージュとかオブジェとか、が、へぇ~って感じ。
よく見る絵より、こういうのもやってたのかと思うようなものが面白かった。
それに、60~90年代の制作物は、本人の気持ちがすごくこもっているようで
悩んでる感じがメラメラと出ていたり・・・
壁一面に最近の絵が大量に並んでいるところでは、
青と他の色との効果で、膨らんで見えたり、へこんで見えたりするの、
みんな気づいてるのかな?

ミュシャ展の方は、ほんっとこの人凄いなぁ!と思うような作品が!
スラブ叙事詩の絵はとにかく巨大で、量もあり、描き方も独特。
平面なのだが、ホログラムのように感じられたり、、、、
巨大な絵は、くるくると巻物のようにして運んだそうで、
絵専用の額もばらして空輸。
ミュシャらしいオシャレなポスターがなどもたくさんあるのだが、
通してみると、なるほど・・・と思う。
映画の宣伝の巨大絵に通じるところがある。
スラブ叙事詩の絵。
やはりドラマチックに描くのが得意なんだなぁ、ちょっとアニメ風でもある!と
思った。
センスも商業デザインぽいおしゃれさがあり、ミュシャってどんな人だったんだろう、と思った。

どちらも圧倒的に女性客が多かった。

そして、その日は、周辺・・・ミッドタウンもかなり混んでいた。カフェの席を見つけるのも大変。飲食店、賑わい。
新しい、オーダーメイドバリエーション多数のバーガーショップの前には
行列と、カメラが。
催事コーナーには、グルテンフリーのケーキ屋さん。

(グルテンフリーとグルテンが並ぶのは最近よく見る光景)
ミッドタウンの庭の方、茶色いどろんこ富士の周りは意外と空いてたなぁ。

ミッドタウンは、新美術館のチケット半券サービスが色々とあり、ディーンアンドデルーカなど、使いやすい特典もある。

連休はどうなんでしょうね・・・混雑。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。