2012年07月13日

一人目衣類の見直し 出産前オーガナイズ③

テーマ:■2人目妊婦・切迫流産入院等の備忘録
5月に息子のサイズアウト服を
第二子に向けて見直しました。

(先日、お腹の中の子がほぼ女の子確定したので
これらの服の多くはお嫁に行ってしまいますがシラー)


息子のサイズアウトした衣類は布製BOXに入れ
カテゴリごとにテプラでラべリングしてあります。

photo:01


これらを一通り広げて
残したいものを再度絞り込み
結果的に2箱ほど減らすことができました。

photo:02


ラベリングもし直したのですが
今回は大まかに
紙に手書きしたものを箱に挟んだだけ。

こんなふうに↓
photo:03


photo:04


以前は
「パンツ80㎝」「上着80㎝」のように表記し
中の衣類もメーカーサイズごとに分けていたのですが

今回からは
「パンツ80㎝~90㎝」「上着90㎝~100㎝」と大まかに表記し
息子がその身長の時に着ていたものが入っています。

ですので、中にスタンバイしている衣類は
80㎝・90㎝・95㎝のように
様々な表示サイズが混在しています。

何故、このような状態になったかというと
子供服のサイズ表示は
メーカーによってかなり違うため
この3年間で分類わけが煩雑になってしまったためです。

もう少し具体的にいうと
例えば同じ80㎝でも
西松屋やイオンは小さくて着られないのに
某有名子供服ブランドはゆったり着られる!
など(笑)

子育てして初めての気付いたことですが
子供衣料のファストファッションは
使っている布が少ないためか
丈が短めだったり、肩幅が少なかったりするんですねあせる


それに比べて
それなりの金額を出すブランドものは
ゆったりと作られていて長く着られるものが多かったです。


(我が家は衣料品にこだわりが無いので
 近場のイオンや西松屋がおおいですけれど)


余談ですが
数々の子供服ブランドがお高いのは
価格を低く設定すると
おじいちゃん、おばあちゃん世代の
購入意欲が無くなる(売れない)からだそうです。


カワイイ孫には良いモノを
日本には祖父母世代がいるじゃないか!


少子化も恐れない子供服ブランドの
祖父母世代の心理をついた販売戦略
あっぱれですにひひ


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012年07月01日

バッサリ 出産前オーガナイズ②

テーマ:■2人目妊婦・切迫流産入院等の備忘録
こんにちは。
本日二つ目の記事です。

出産に備えてのオーガナイズその②

今から、ロングの髪をボブあたりまで
バッサリ切ってきます!

長い髪は色々とアレンジを楽しめるので
少しだけ未練がありますが

入院中、そして今も
髪を乾かすのが体力的にキツく
洗う回数が減っています。

このまま真夏を迎えるのは
衛生的にもどうかと思いますしあせる

また、産まれてからしばらくの間は
身を構う余裕などないので
髪を切ることで
時間と体力確保をすることにしました。

ちなみに前回(息子)の帝王切開では
身体がなかなか元の状態に戻らず
退院一週間後に原因不明の産褥熱で
再入院するなど散々な状態だった私です。

そしてマタニティーブルーも初めて経験しましたし
いわゆる産後のガルガル期も体感(笑)

今までに経験したことのない
自分の変化に戸惑ったものです。

悪阻もそうですが
ホルモンバランスの急激な変化は
自分でコントロールできない
体調やメンタル面の変化をよびます。

体力の限界が精神力の限界ビックリマークビックリマーク
私もやはり、動物だったビックリマークビックリマーク

これが、初めての育児を経験して得た私の教訓でして

ひどい時は
望んで望んでやっと授かった我が子なのに
その姿も顔も見たくないほどでしたダウン


(息子よ、もし、このBlogを読むことがあったとしても
母はあなたを愛していなかったわけではなく
女性の妊娠・出産・育児はそれほど大変なものということです。

それがなかなか聞こえてこないのは
人によって妊娠出産、そして子育て初期の体調差や環境が大きく違うから。

何事もなくスムーズに進む人もいれば
どうにもならない体調不良やメンタル不調を抱え込みながら
孤独と共に育児と向き合う女性もいます。

孤独になってしまうのは
「母親は子を絶対的に愛するもの。それができないなど母親失格」
といったような常識が世間にも自分の中にもあるから
本当は苦しいのに、その感情を認められなかったり
口に出せずに孤独と戦うことになるのです。

私も自分自身にショックを受けたのですから。

過ぎ去ってしまえばそんな事もあったという笑い話になりますが
少なくとも、一時期の私はそのような状態に陥りました。
そんな時、一番心強い支えなのが何でも本音を言える存在、
私の場合はパートナーであるあなたのお父さんでした。

だから息子よ、未来のパートナーの言葉にしっかり耳を傾けて
支え助け合いながら新しい家庭を築いていってください)



今回は二回目の出産&育児ですし
緊急ではなく予定帝王切開なので
前回のような状態にはならないと思いますが
私も動物、何が起こるかわからないです(笑)

そして、体力的には前回から四年経過。
ちょっと自信がありません。


経験から先に準備できることは
やっておこうと思います。

なんだか、育児に対して
マイナスの言葉ばかりを書いてしまいましたが

(初産婦の皆様、すみません)

こういった経緯があるので
我が子が愛おしくて愛くるしくて
「もう、この感情たまらないードキドキドキドキ
という今現在があります。


私にとって子供との愛情や絆は
育んできたかけがえのないもの
でしたので
二人目もここへ繋げていくことができればと思っています。


我ながら、少しずつ成長していますニコニコ



にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年07月01日

もしもに備えて 出産前オーガナイズ

テーマ:■2人目妊婦・切迫流産入院等の備忘録
こんにちは。
今日は久しぶりに梅雨らしい雨の名古屋。
昨日の蒸し暑さが嘘のような涼しさですね。

私は先週日曜日に無事妊娠7か月に入りました。

木曜日は7ヶ月検診でしたが
初めて問題なく終わり性別もほぼ女の子と判別
ずっとトラブル続きだったので
ようやく誕生を楽しみに思える余裕も出てきました。


今後の予定ですが
少し早めにお腹を開けるので
残り2ヵ月半程度のプレママ生活となりそうです。

あっという間ですね~~目

さて、今回の出産は今までの経緯もあるので
もしもあせるに備えてこんなことをしています。


まず、こちら。

photo:01



突然の再入院→そのまま出産コースになっても
夫や周りがうろたえない様に
安静指示が解けて直ぐに
新生児肌着や乳児服を準備しておきました。

もったいない精神&家計セーブのため
全て息子のお下がりです。

赤ちゃんの肌着は、
男の子・女の子関係ないですものね。



そして、忘れてはいけないこちら!


photo:02



私の入院セットです。

タオルに洗面・お風呂道具
食事用のお箸やコップ
そしてパジャマと下着など、、、。


特にパジャマは
妊婦でも着られるゆったりした前開きタイプ
なおかつ、色の濃いものを入れました。


というのは、前回の緊急入院では
実母にパジャマを誂えてもらったのですが
色が白や優しいピンクばかりで透けたんですえっ

(母も必死でそこまで気が回らなかったんでしょう)

いくら産婦人科病棟は
女性の園とはいえ、気になってショック!

というわけで夏に向けた薄手素材
なおかつ透けにくい紺や青で揃えました。

色は好きではないけれどいたしかたなし!



あとは、哺乳瓶。
ボチボチ思案しています。

前回は母乳でとても悩んだので
(今になって思えば何故あんなに悩んだのかガーン
今回は始めから、母乳2割・ミルク8割の気持ちでいきます。

もちろん、赤ちゃんの健康的にも経済的にも
出れば出るにこしたことは無いのですが
今回は最初から悩むのを放棄&体力セーブします。

先日ショップを覗きましたが
4年前とは哺乳瓶の内容も様変わりしていますね。

因みに前回哺乳瓶はNUKUを使っていましたが
今度はどこのにしようかな。

現在ミルク育児を行っている方
お奨めの哺乳瓶はありますか???

私の周りは完母だらけ!!
相談相手がいないわぁ~^^;
以前からドクターベッタなどが気になってはいるのですが。。。


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年04月25日

退院しました

テーマ:■2人目妊婦・切迫流産入院等の備忘録
こんにちは。

またしても事後報告になりますが
先週、無事に退院することができました。


点滴が効いて血腫が消えたためです。

最初は、長期入院を覚悟していたので
予想外の早期退院でした。


今は、移動中の胎盤が落ち着くまで
以下の制限付きの安静生活をしています。

・2階に上がること禁止
・家事は一切禁止
・食事とシャワー以外は安静を保つ(寝る)


ですので
現在、1階リビング横の和室に布団を敷いて
お昼寝三昧のぐうたらな毎日を送っています。


久しぶりに帰宅すると
和室の床の間に五月人形が飾ってありました。


朝の6時に
『五月人形作ってー!!
と息子に叩き起こされた夫が
朝から飾り付けしたそうです(笑)
(飾り付けが終わるまで息子は
朝食を食べなかったそうですあせる

この五月人形は
今、私が寝ている真横にあります。

photo:01




もうすぐ5月ですね桜餅

今年は2月中旬の悪阻から始まり
桜の開花も見ることなく
ほぼ、寝たきり生活が続いているので
床の間から季節を感じることができて嬉しいです。



現在15週の後半です。
お腹が張って苦しい時もありますが
昨日、胎動らしきものを感じました。

よかった、赤ちゃん生きてる。。。ニコニコ
ちょっと、安心します。


息子は私の入院中
そして、私が退院してからも
登園拒否が続いていたのですが
今週から元気良く園に行くようになりました。


ご心配くださった皆様
ありがとうございましたm(_ _)m


明日は、退院後初の経過検査です。
良くなっているといいなぁー。


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

読者登録してね



iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2012年04月14日

三歳といえど、男なんだ

テーマ:■2人目妊婦・切迫流産入院等の備忘録
おはようございます。
息子の事の前回からの続きです。

すみません、長々と書いて。
私にとって息子のことが衝撃的で
書かずにはいられなくて。

というよりも、
書くことで私も救われていて。


・・・・・・・・・・・・・


そんなショッキングな日の翌日。
昼過ぎに不意に病室のドアが開きました。


入ってきたのは義理の両親。
そして、顔色の悪い息子。。。


『みやこさん、ごめんね。
様子がおかしかったから
今日は保育園を休ませたのよ。』

と、申し訳なさそうに義理母。


私は悪阻が悪化してからこっち
息子の送り迎えや夕飯は
近所に住む両親にお任せしています。


その日も朝早く出勤する夫に代わり
義理両親が息子を園へ送る為に
自宅まで迎えに行ったのですが
なんだか顔色も悪いし様子もおかしく

今まで口に手を入れる事もなかったのに
両指を口に入れて目がうつろだったようで

これは、かなりストレスが溜まっている。

そう判断した義理両親は園を休ませ
自宅で様子を見ることにしたそうです。


すると、息子

『おかあさんに、会いたいの。』

とポツリとつぶやいたそうで。。。




息子は病室で大はしゃぎ。
(個室です)


私の横に一緒になって寝転び

『おかあさん、あいたかった一緒に歌って!』

と、何度も何度も
AKBのあの歌のサビを歌わされ、、、。
(私、テレビ観ないので息子から教わりました汗


お医者さんごっこで私を治療したり
ずっと変な顔を作って見せてくれたりと
そのハイテンションぶりは
今まで見た事のないものでした。


よほど嬉しかったのでしょう。
そして、歌もお医者さんごっこも変な顔も
彼なりの気持ちの表現だったのでしょう。

徐々に蒼ざめた顔に
血色が戻っていきました。


しかし、それから暫らく経ち
彼は、もっと驚く行動に出ました。



義理父は病室から早々と出て行き
病室内には私と義理母と息子の
三人しかいなかったのですが


息子は義理の母に

『おばあちゃん、おじいちゃんどこ?
ねぇ、おじいちゃん探してきて。』


と言うのです。


祖母が『もう帰りたいの?』と聞き返すと

『ちがう、いいから探してきて。』

と言って
義理母の背中を押して
病室から外へ出したのです。



もしや、、、
2人きりになりたいのでは?


一瞬、
そんな考えが脳裏を過ったのですが

まさか、、、
三歳ちょっとの子供がそんな事を?

ましてや、
自ら2人きりになるキッカケを作るなんて
三歳児にできるだろうか??


と思いながら義理母の姿が
病室から消えるのを見届けると、、、
息子、、、


足早かつ神妙な面持ちで
私の枕元にやってきて

『おかあさん、ごめんなさい。』

と、言うではないですか。。。

これには面食らいました。
彼のとった行動は
そのまさかの計算によるものだったのです。

いつから、こんな行動が
できるようになったんだろう。


『なんで、ごめんなさいなの?』


驚いた私は
彼の真意を探るべく質問を投げかけると

『しょうくん昨日ね、
おかあさんに会いたくて泣いちゃったの。
だからごめんなさいなの。』




あぁ、そうか
これが母と2人きりにしてまで
今日、彼が一番伝えたかったことなんだ。



本当は会いたかったのに
『いかない』
なんて言ってしまった手前
後に引けなかったんだ。


『泣いちゃった』というのが
木曜日の別れ際のことなのか。

それとも、
ずっと心の中で泣いていたのかは
定かではないけれど

彼はいっぱい、いっぱい
自分の感情と戦ってたんだ。

泣かない強い自分でいたかったんだ。
お母さんに迷惑をかけていると思ったんだ。

なんて意地っ張りで不器用で
そして、、、いじらしいんだろう。


私は小さな彼の中に
初めて【男らしさ】のようなものを感じてしまいました。


私は甘かった。
いつまでも子供だと思っていたのに。

いや、子供には違いないのだろうけれど
三歳という年齢は
もう一人前の人間だったんだ。




それにしても『泣くな!』なんて
私も夫も言ったことないのに。
(泣き落としを叱った事はあります)

どこで泣く事を
我慢するようになったのだろうか?

どこで恥じらいの感情を
覚えたのだろうか?

そして、どうして
素直になれないのだろうか?


『泣いたっていいんだよ。』

『会いたい時は、
いつでも会いにきていいんだよ。』


私はそう何度も何度も伝え
力いっぱい息子を抱きしめました。


そんな息子
別れ際はやはり帰りたくないと大泣きで
今度はおじいちゃんに抱かれながら
病棟を後にしました。


その後も、相変わらず
恥ずかしがって電話には出ないし
保育園に行かないと駄々をこねたり
昨日も保育園を休んだそうです。

(ワガママを言うのは
決まって祖父母と一緒の時です(笑))


でも今は、甘えられる存在を有難く
息子のメンタルを一番に考えたいと思っています。


そして、
息子の性格の特徴を理解し
上手にフォローしつつ伸ばしてあげたいね
そんな事を夫と話したのでした。


息子のことは心配だけれども
こんな事もなければ
彼の一人の人としての成長に気付くのは
もっと遅かったかもしれない。


なんだか、
親として成長させてもらっている。
そう感じるのでした。


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

読者登録してね



iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012年04月13日

素直になれない息子

テーマ:■2人目妊婦・切迫流産入院等の備忘録
前回の続きです。

やはり、まだまだ三歳の男の子。

木曜日のお別れ時は
いつまでも私の手を離そうとせず
病棟中に響き渡る大声で泣きました。

どうにもならないので
最終的に夫が無理やり私と息子の手を離し
息子を抱えて病棟を去って行きましたが

階段を降り去っていく夫の足音と
いつまでも響き渡る

『おかあちゃんがいいの~!!!!』

の声。
私も辛かったです。



でも、日曜日に再び会う約束をしたし
直ぐに落ち着くだろうと思い
私は再会の日を心待ちにしてしていました。



しかし、日曜日当日。

『お母さんのところへ行くよ』

という夫の呼びかけに息子は

『いかない。』

と応えたのです。


その後、何度も尋ねるも

『いかない。』

の一点張り。


何故だろう?
心配になって電話をしたのですが
息子は私の電話にも出ようとしません。

スピーカーフォンで

『しょうくん、お母さんだよ~。』

と私が呼びかけてもプイッと
声とは反対の方向を向いて無視。


夜、眠る前にもう一度電話をしたのですが
今度は『キャー!!』と叫んで逃げて行きました。


ショックでした。。。ガーン


なんで?なんで?
木曜日の別れ方がいけなかったの?
お母さんだって
好んでこんな状態なんじゃないよビックリマークビックリマーク


その後、夫から

『おかあさんに会いたい。
早く元気になってお家で会うんだ!』

と息子が言ったという
フォローメールがあったのですが

その夜は、
息子に初めて拒絶されたのが悲しく
でも、
息子の気持ちも分からなくもなく
揺れる思いで眠れませんでした。


長くなるので続きます。


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

読者登録してね

iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年04月13日

息子のこと

テーマ:■2人目妊婦・切迫流産入院等の備忘録
今回の入院生活で、
やはり一番気がかりなのが
三歳四ヶ月の息子のこと。


何の前触れもなく
消えた母親の理由説明するも
初日(月曜)の夜は、母の姿が無いベッドで

『しょうくん、
おかあさんがいないからないちゃうの…』

と言いながら30分くらい
シクシク泣いていたそうです。


でも、火曜日の夜は
すんなりと眠ったらしく
お目覚めの言葉が

『しょうくん、泣かなかったでしょ!』


だったそうです。
彼なりに頑張っているのね。
少しホッとした私でした。


父親が休みの木曜日。
息子が病室に遊びにきました。


病室のドアが開き
心配な面持ちで入ってきた息子の第一声は


『おかあさん、だいじょうぶ?』

そして、点滴で繋がれている
私の腕をなでなで。


最初は緊張していた息子も
少しずつ慣れていき
お腹の赤ちゃんを気遣ったり

ベッドで私と一緒に横になって
会えなかった数日間を埋めるように
いっぱいいっぱい甘えていました。



おりしも時は4月桜
2歳児クラスから年少さんクラスに移り
今まで慣れ親しんだ担任の先生ともお別れ。

仲良しのお友達とも半分半分に別れ
新入生のお友達と混じっての新生活。

そんな時にまさかの母親不在。

私は、この環境の変化に
息子の気持ちがついていけるのか
とても心配していたのですが
子供は案外強いモノなんだ。


親が必要以上に
心配することは無いのかもしれない。


そう、思って安心していました。
その後に続く、息子の変化を見るまでは、、、。


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

読者登録してね


iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012年04月11日

日常生活って?

テーマ:■2人目妊婦・切迫流産入院等の備忘録
今日は八回目の結婚記念日だなぁ。。。

再びご無沙汰しております。


悪阻が落ち着き
日常生活のリズムを作りながらの
Blog更新を予定していたのですが

日常生活って、いったい何?
という状態になっておりまして。


実は、4月の頭から
入院生活を送っています。


3月26日から仕事を再開したのですが
通い出して4日目で
茶褐色のおりものが続くように。

ネットで調べてみると

『茶褐色のおりものなら案ズルなかれ』


こう書いてあるのが大半なので
軽く見ていたのですが
私の心の中で何か引っかかる。


ちょうど翌日から
税務署の監査が3日間入ることもあり
神経を張りっぱなしになる前に

『医師の注意事項でも仰いでおこう』

そんな軽い気持ちで
月曜日に診察を受けました。


一通りの経緯を説明した後
膣エコー診察のカーテンごしで
医師の発した第一声が


『息子さん今おいくつだっけ?』

『おじいちゃん・おばあちゃんとは同居?
それとも近くに住んでる?』


『・・・・』


嫌な予感は的中。
その場で即入院に(笑)


ダウン

皆様、『絨毛膜下血腫』
というものをご存知でしょうか?


妊娠初期は絨毛が子宮内膜に根を生やし
胎盤を形成していくのですが
その際、切れた絨毛から稀に
血腫が形成されてしまうそうです。

原因は不明。

一つだけの人もいれば
5つも6つもできる人もいるそうです。

この血腫は出血さえしていなければ
通院で経過観察をしていけるらしいのですが

エコー越しに見える
お団子のように丸い私の中の黒い塊は
モヤモヤウニョウニョと生きもののよう。

それは、血腫の中の血液が
固まっているのではなく
今にも破裂寸前な液状で
滞留しながら蠢いている
紛れもない証拠。

素人の私が見ても分かる状態でした。


そして私の場合、
それに輪をかけるように
前置胎盤だそうで
その中でも子宮口全部を
胎盤が覆ってしまう全前置胎盤。


さらに、その絨毛膜下血腫が
子宮口の真上にできていて
出血している状態だそうです。



『森部さん、今日来て正解だったよ。
爆弾抱えてるのが分かったからには
そーーーっと歩きなさいよ!!
飛んだり跳ねたり重いもの持つなんて
ぜーーーったいにダメだからね。』


『退院は未定。
三ヶ月とか四ヶ月とか長期も覚悟して。』


医師の言葉をあとに
入院手続きをする私でした。



税務署の監査どころではないわ。。。
職場の方々には大変申し訳ないけれど
遠分の間、助けてもらうしかない。


それが不思議と、
悲しいとか悔しいとか
焦りや困ったといった感情は全くなく

あー、またか。
こりゃ、周りを巻き込みながら
なるようにするしかないわね。
そして、、、
なるようになるしかない。

といった肩の力が抜けた、
なんともリラックスしたものでした。


それは、今までの経験上
妊娠から出産が容易なものではない
ということを嫌というほど経験し

どう転ぼうと
最終的には授かりものなのだという
自分なりの結論のようなモノが
出来上がっているからなのかもしれません。


また、
母親と突然離されてしまう息子を
安心して預けられる
義理の両親・姉との信頼関係が
あったからなのかもしれません。


どのみち最初から
予定帝王切開の私ですので
今行うことは正期産まで
お腹の中の命を育めるよう
医療に従事すること。

あとは、流れに任せよう。

気がかりなのは息子の心だけ。


そんな入院初日から
10日が経過しましたが
今日、予想外に早く
退院の見込も出て来ました。

長くなるので、また後日綴ります。
(まだ、どう転ぶか分かりませんが)


遠分、オーガナイズとは
離れた話をすることになると思いますが
ご興味のある方はお立ち寄りください。


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

読者登録してね
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012年02月19日

ご報告(長文です)

テーマ:■2人目妊婦・切迫流産入院等の備忘録
昨日は皆様にお話ししたくなる
ステキな出会いがありワクワクしているのですが
その前に、長文ですがご報告がございます。


うちの息子、2歳半になった頃から
『弟が欲しい妹が欲しい』と
言い出す様になりました。

そのきっかけとなったのは
保育園の縦割り保育。


去年の6月から9月の3ヶ月間
通園中の園が耐震補強工事をしていたため

園児たちは市の別の保育園で
過ごしていたのですが
そこでの園生活が
2学年ごとの縦割り保育でした。

ですので、2歳児の息子は
1歳児の子供達と共に過ごしていたのですが

子供って、
直ぐに影響がでるものですね。


縦割り保育になったその日から
息子の赤ちゃんに対する興味
そして、自分よりも年下の0歳児と1歳児に対する
思いやりと世話焼きの気持ちが
突然芽生え始めました。


家に帰っても

『しょうくん、おにいちゃんだから◯◯やってあげる』

『しょうくん、おおきくなったでしょ?』


そして、縫いぐるみを使って
1人で赤ちゃんのお世話遊び。


ショッピングセンターで赤ちゃんに出会えば
『赤ちゃんだー!かわいいねぇ~』と
なでなで、よしよし。

時にはよそ様の赤ちゃんに
チューしようとしたり(笑)

ここは日本ですからー!!!
流石にその時はストップさせましたが(笑)



そんな赤ちゃん大好きな息子。

一度、私たち夫婦を
びっくり&思い悩ませる行為をしました。


去年の秋のことです。

その頃は日常的に
『弟が欲しい、妹が欲しい』と言っていた息子なのですが

2人目の甥っ子(0歳児)を
後ろからそ~っと抱きかかえながら
私たち夫婦に

『ねぇ、写真とってー!!』

と、言ったんですね。。。

これのどこが驚く事?
と、思われるでしょうが
息子が写真を撮ってと言ったのはこの時が初めて。
(今のところ最初で最後)

この発言にビックリした私たちが
直ぐさまカメラを息子に向けると
息子は更なる驚きの行動を。

なんと今度は、
笑顔を作りながら
ピースをするではないですか、、、。

ピース、できるの!?
再びびっくり。。。

しかも、何故か80年代ピース。
まぁ、親が80年代だからしかたがないかな(笑)



パチリ・パチリカメラ

息子は撮影した数枚の写真を
満足げに確認した後
甥っ子とずっと離れず遊んでいました。


私たち夫婦は
息子の予想外の行動に驚くと共に
兄弟姉妹を本当に欲しがっている
彼の気持ちを突きつけられた様で
ドーンと気持ちが重くなったのでした。


なぜって、そんなに簡単に
子供は授かるものではないのだから。


分かる人には分かりますよね。。。


そんな事もあり2人目の事は
焦りの中で色々考えていたのですが

この度、天からの授かりものがありました。


10月の真ん中が予定日ですが
帝王切開なのでちょっと早めの
9月の終わりには赤ちゃんにご対面です。


息子の時は産後の肥立ちが悪く
出産月の三分の二を病院で過ごした私。

あれから3年。

あの頃より更に体力が落ちているので
不安な分があるのですが
今度は経験のある二度目の出産!

自分なりの子育てが確立されているので
生まれてくる赤ちゃんに対する
メンタル的なものは前回よりは楽なはず。

(息子の時は神経質になりすぎたり
両祖父母の言葉に振り回されたりで
一時的にノイローゼ気味になりました)


ただ、今回一番気がかりなのは仕事のこと。


本業では、2人目ということもあり
途中で仕事を抜け出すことに後ろめたさがあり
金曜日に社長には報告をしたものの
他の方には、まだ、未報告です。


今、とりかかっている
長期的かつ大切な業務改革も8月末でストップ。

せっかく進め出した
新規海外支社の立ち上げも中途半端にドロップアウト。


また、この4月からは、
初めて社内的に女性も役職が与えられ
それなりの権限と責任が任せられる段取りでしたが
それもどうなることやら、、、。

(うちの会社は、今まで女性に役職はなかったのです。
結婚・妊娠でさようならだったから。)

別に、自分の出世が
どうこうというわけではありません(笑)

だから女性は、困るんだよ、、、
と(口に出さなくても)
思われるのが悔しいだけです。

実際、私自身も迷惑だよなと
思ってしまいます。
いや、現実的にものすごーく迷惑だし。。。



本業に関しては
これから心の折り合いをつけていきますが
8月までに決着つけられる事を
真摯に進めていくしかないですね。



そしてもう一つ。
オーガナイザーとしての活動も
今年考えていた自分なりの段取りが
全てストップしてしまいます。


地元開催カンファレンスも
(今年は名古屋開催です)
出産後2ヶ月では参加できないなぁ~あせる


あ~女って、本当に大変!!!
なーんて、一時的に思ったのですが
(たぶん一日くらい(笑)

こういったジレンマがつきものな
女だからこそ分かること
できることが沢山ある。

また、もう一度
妊娠・出産・子育て初期といった
ハードなあの経験ができるにあたり

オーガナイザーとしての
今の私だからできる事、
伝えられる事
リアルタイムで考え、感じる事が
誰かのお役に立てるかもしれない。

オーガナイザー的活動は
生きることを支援するための活動。

とにかく、
今、できる事に力入れよう!
そう、思えるようになりました。


今は、まだ
何が起こるか分からない
妊娠初期の段階です。

ですのでここに
この事を書くのもどうかと迷ったのですが
このBlogは、こういった女性なら
誰もが直面する生きることで迎える変化や葛藤も
自分を通して正直に書いていきたいので
今後の全てを受け入れる覚悟でご報告いたしました。


しばらくの間、
どなたかの助けを
お借りするかもしれません。

その時は宜しくお願いいたします。


また、
妊婦の私だからこそ
ご協力できる事があれば
声をおかけください。


もちろん、
無理せずできる範囲で行います。

皆様、今後もよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

読者登録してね
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。