2016年12月02日

★働き続けるお母様へ ストレスフリーの環境作りを目指して

テーマ:●両立し続けるための戦力として

お片づけで両立支援。

リクリエイトシステムの成田です。

 

昨日から師走に入りました。

 

12月は一年の

締めくくりの月でもありますが

 

自営業をしていると

来年へ向けた始まりの月であると感じます。

 

それは、片付けの作業も同じです。

 

自分自身と向き合う作業は

年末年始や節分近辺

ゴールデンウィークやお盆

自分の誕生日など

 

節目節目で落ち着いて行うと

モチベーションもアップします。

 

ぜひ、この年末年始に

ご自分と向き合う時間を

意識的に作ってみてくださいね。

 

★なりたい自分を見つけるコラージュ

12月15日(木)又は 2月20日(月) 募集集です

 


★1月度お片づけ教室受講生募集中
1月16・23・30日(月) 
募集中です 残席2

 

 

さて、今日は夕方から

新規のクライアント様のコンサルティングです。

 

今回のお客様は会社員として働きながら

2人の小さな子供を育ているワーキングマザー。

私も働き方は変わりましたが

ワーキングマザーなので

 

時間貧乏が抱える

ご自宅の片付けに関する悩み…

その環境が及ぼす子育てにおける悩み…

とても、とてもよく分かります。

 

どうしたら、

そのストレスが減らせるのか

お悩みを伺いながら

環境の整備から

解決の糸口を探ります。

 

 

ですが、通常私のコンサルティングは

ほぼ4~5時間かけじっくり行うため

貴重な休日にこの時間を設けるのは

ワーキングマザーにとって

かなりの負担になります。

 

 

ですので、今回は

仕事帰りに夕飯を交えながら

コンサルティングの一部を。

 

そして残りは後日、

ご自宅にて片付け作業も含めながら行います。

 

 

こういった調整も可能ですので

悩んでいる方はお気軽に相談くださいね。

 

では、いってまいります♪

 

 

 

★なりたい自分を見つけるコラージュ

12月15日(木)又は 2月20日(月)

募集集です

 


★1月度お片づけ教室受講生募集中
1月16・23・30日(月)

募集中です 残席2

 

0:30

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月05日

★忙しいは心を亡くすと書きますが、“多忙”は未来も描けなくなりますね

テーマ:●両立し続けるための戦力として
お片づけで働く女性を楽にする
RE-CREATE SYSTEM.の成田です。

さて、私。
今月の20日で脱サラして1年になります。

この一年は反省する時間もないほど
突っ走ってきたように思います。

ようやく先週あたりから時間の余裕が出てきたので
今までできなかった事に集中しています。

忙しすぎるのも問題ですね。

会社員時代はどんなに忙しくても
1つの駒となりお膳立ての仕事を進めていくだけ。

ですが、自営業になると
忙しすぎることで
事業の未来が描けなくなることを痛感しました。


「会社員と自営業、どちらが楽?」

と、時々きかれます。

答えは、断然会社員。
そう思った1年間でした。

また、女性事業主の多様性も感じました。

介護の有無
子供の有無、年齢や人数、性格の違い・・・。

エネルギーを出せる環境の差は
男性以上に大きいのではないでしょうか。

もちろん、こういったことを
いっさい気にせず
良くも悪くも突っ走る方もいらっしゃいます。

それこそ個人差があり
見ているビジョンも千差万別。

私は2人目出産以降
持ち前の瞬発力が発揮できない4年間に
フラストレーションを溜め込んでいます。

ですが、

置かれた環境をギフトとして受け取るのか
重荷として受け取るのか選ぶのは自分自身です。

この1週間は
こんなことを考えながら

私は
「お片付けを通した
両立支援がメイン」
であると再認識した次第です。


だって、これは
実際にやり続けている人でなければ
理解できない世界だから。

ほんと、しんどい時はしんどいですが
休息をどこかに入れ込むことも
経営技術のひとつなんだ。。。と痛感した年だったのです。


倒れたら、元も子もないですから。。。


さて、今年は
こんな私と似た想いを持つ同志も見つけました。

そんな同志たちと
働く女性の身・心・暮らしをサポートする
総合塾(名前は未定)を
今秋に開始する準備も進めています。

そして、西三河地区での
お片付け教室の準備も進めています。

本日、場所も決定しました。

順調にいけば、11月に開始予定です。

また、詳細が決まりましたらこちらでお知らせします。

働く女性の皆様
いちばんの資本は身体です!

長く走り続けられるよう
応援し続けますね。


にほんブログ村

HPlink-s

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年11月06日

★キラママプロジェクトお教室TOP会談に参加してきました

テーマ:●両立し続けるための戦力として
出張お片付けで暮らしとオフィスを楽に快適に!
RE-CREATE SYSTEM. の成田です。

山守のどかさんからご紹介いただき

RE-CREATE SYSTEM. と
同時進行で運営しているスクールの件で
キラママプロジェクトさん主催の
お教室TOP会談に参加してまいりました。



こちらは昨日のイベントの様子。
{B8D4C869-7842-40D8-972D-56C62C3854B9:01}

{B3DC0BFF-E665-4977-8940-488AD8B364CE:01}

{81EB71F2-4BC6-4ACA-BD8C-A4D623A75355:01}



集まった女性は、皆様起業家ばかり。

小さなお子様を連れて
参加される方も多かったです。


交流会でさまざまな業種の
女性起業家と繋がれることはもちろんですが

4人のパーソナリティーと
主催の美嬉さんが進行をつとめる
本音トークは

正に今の私に必要な
栄養ドリンクそのもので
女性だからこそ分かる笑いあり・涙ありの
とてもとても心に染み入るものでした。


今回集まったのは
女性起業家ばかりですが

そうでなくても女性は
母・妻・嫁・自分自身…と
様々な顔を持ちながら日常を回していきます。


自分のモチベーションを
保ち続けることが難しく感じる時がありますよね。。。


今回のイベントは
女性起業家(教室関連)限定ですが

良質なエネルギーに溢れた方々に触れ、
自分の思いを引き出したり
迷いを断ち切る判断材料を
経験から率直に伝えてくださる。

こういった
モチベーションアップに
繋げてもらえる
方々の存在はありがたいです。


自分が腐らないためにも
潤う水を求めて
己が育つ環境に身を置くことは

長い人生を
円滑にドライブしていくために
必須だと感じています。


私が今手がけているスクールは
まさに、女性が潤う水場を創り出す仕事。


育児を始めると
急に視野が狭くなったように
錯覚しがちです。


でも、実はそうではありみせん。

時間と頭の使い方に
工夫が必要になるだけで
未来は、さらに大きく広がっていくことに
今、孤独と戦っている
多くのママ初心者の方々に気づいて欲しい。


生活が一変する出産後だからこそ
自分と向き合う時間を持って欲しいのです。


託児付きスクールは
未来へ向かい力強く生きるママ達の
1つの足がかりとなれば、、、
という想いがあり始めたのです。

知識と技術を得ることで
ママたちの未来の引き出しが増えれば
その後の人生は
もっともっと魅力的なものに
なっていくと思います。



名古屋市緑区の
ワンコイン託児付きスクール


まとまらなくなってしまいました(泣)
今日はここまで!

いつも長文を読んでくださりありがとうございます笑い泣き

応援のワンクリック
よろしくお願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村





AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012年06月21日

出会いを大切に

テーマ:●両立し続けるための戦力として
人には様々な出会いがありますが
今回の不調妊婦生活が
混沌とせずにいられるのも
この方との出会いが大きいかもしれません。


主婦起業を応援する
Smile Link代表の山守のどかさんです。




お会いした直後に彼女のblogにて
綴っていただいたのですが

今を生きる女性として
思い描く未来がとても似ている事

また、オーガナイズが
日本の未来に貢献できるサービスだと
瞬時に理解してくださった事を
本当に本当に嬉しく思いました。



女性は環境の中を
縫ったように生きていくもの。

前回のBlogにも書きましたが
現在妊娠中の私もその渦中にいます。


幸いにも私の勤め先は
出産後の復帰に理解がありますが
結婚・出産を期に退職せざるを
えなかった方もいるでしょうし

専業主婦希望の方でも
今一度仕事を通した社会への繋がりを
求める方もいらっしゃると思います。


国も企業に助成金を出すなどして
女性の再雇用促進に努めていますが
なかなか現実は難しい。。。


同じ女性として悔しい事ですが
中小零細企業が子持女性を採用するには
リスクが高いのも分からなくもありません。


とはいえ少子高齢化社会に突入した今
納税者(=労働力)として女性の力は
益々必要になっていくのは間違いないと思います。

ですので、体力のある起業は
女性が働きやすい環境を整備し
次世代に向けた継続した経済活動(国民生活)の
基盤を作る役割を担うべきだと
個人的には思っています。


私は職場で女性が働き続けやすい環境作りを
微力ながら整える仕事もしていますが
きっと、同じように動いている方が日本には沢山いるはず!
(もしくは自分がなればいい!)

今現在、妊娠中で
仕事を辞めるか迷っている方
よほどやりにくい環境でない限り
離職しないでくださいね!

世間はそんなに甘くはないです。



さて、話がそれましたが
働き続ける選択肢の一つに
起業があると思います。

起業。
かっこよく聞こえるかもしれません。

やりたい事がある人だから
パワー溢れる人だからできる。

などなど。


でも、それだけでしょうか?


私は再就職が難しい
今の日本の状態が続くなら
収入のために起業を選ぶといった状況も
増えてくるのではないかと思います。

戦後と今は状況は異なりますが
自分の手で収入を得るために
立ち上がり作り上げる行為は重なりますよね。


また、漠然と何か自分でやってみたい
でも、自分に何ができるのか
何をしたら良いか分からない。

そういう方もみえるかもしれません。



先にお話ししたのどかさんは
そういった方々を優しく
でも、力強く励ましながら
起業のノウハウを教えてくださる方です。


なぜなら、
彼女自身が上述のような時期を経験し
ご自身で事業を立ち上げ
今を歩んでいる一人の女性であり母だからです。


時に自信喪失になったり
孤独を感じたりする私たちですが

社会の根底となる家庭に深く係わり続け
社会のニーズを一番心得ているのも私たち。


何か心の中にくすぶっているものがあるなら
それに耳を傾け思い切って
カタチにしていくのも生き方の一つ。


でも、
決して起業を薦めているわけではありません!

自分の選ぶ行動に責任を持ったうえでの
一つの選択肢としてお話ししているだけです。


ご興味のある方は
のどかさんのBlogを覗いてみてくださいね。

参考になり励まされる事がいっぱいです!!


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年02月01日

変わらなければいけないのは社会

テーマ:●両立し続けるための戦力として
昨日からの続きです。


働いていると
時に、外部(身内も含む)から

「お母さんが働いているなんて可哀そうねぇ」
「寂しいよねぇ、、、可愛そうにねぇ」


といった心無い言葉を投げられます。


うちの息子は可哀そうな子供ですか!?
と返したくなりますが
こういった言葉は特に
親世代に多いように思います。


このような諸々の言葉の中で
今までで一番驚いたのは
同じ会社で働くしかも同世代からの


「お父さんの収入が少ないのね…」
「森部さんの所は経済的ご苦労があるんでしょ?」


というお言葉。


えええっ
働くのはお金のためだけですか!?


私の中にこのような考え方が無かったので
思わずのけ反りそうになりましたが


そもそも「働く」という選択は
多種多様な環境で培った考えの中から
自分が選択した生き方のつなんですよね。


そう考えれば
何も、驚くことはないか、、、
様々な世代、環境の異なりからくる
価値観の違いを受け入れる良い経験となりました。


ただ、、、
これら個人的な価値観を
未だ会社や社会の中に持ち込んでいるのが
日本の悪しき習慣でもあると思います。
(良い面もあるのですが)


私たちの上の世代では
父親が外、母親が家を守ることで
一つの社会的なシステムが成り立っていましたが

会社上部の人間が
この思想のままだと本当にやり辛い。。。


「子供がいては困る」


「40代でも悪いことはないんだ仕事ができればね。
 でも、やりにくいだろ?
 会社的には若いこの方がバランスがとれる」



云々


これは、実際私が
求人をしていて40代の女性を薦めるなかで
上の立場の人間かけられた言葉です。


しかも、アラフォーの私を目の前に。。。(苦笑)


こういった職場ばかりではないと思いますが
現実問題としてOVER30になると
再就職が難しくなるのだから
このような考えの企業も多いのだと思います。


なんて、未熟な社会なんだろう。


そして、社会復帰を望む方々が
なかなか働けないもう一つの原因として

やはり、子供を預けられる
保育施設の数が地域によって
格差がありすぎるという事も大問題ですよね。



少子化により
確実に、労働人口が減っていき
男女問わず働き手が必要な未来が

また、それに輪をかけたように
介護問題も深刻化していくだろうに。

本当にもどかしさを感じます。

over30、40世代。
どうやって乗り越えていけばいいのでしょう?


なんだか愚痴のような
結論の見えない内容になってしまいましたが

変えていきたいです。
次の世代が苦しまないように。


そういう気持ちは常に持っています。

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

読者登録してね


いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2012年01月31日

工夫次第で変えられる

テーマ:●両立し続けるための戦力として
昨日からの続きです。

働いてる私が
今のところキツイと感じたのは

病気等、何かあった時の対応と
息子の精神的な部分で
共に揺さぶられるメンタル面しょうか??


3年間の育児ではありますが
親が精神的に不安定だと
子供も敏感に感じ取って不安定になることは
よく、分かりました。


でも、これは
専業共働きに限ったことではなく
子育てをしていれば
ついてくる悩みだと思います。


ワーキングマザーとしてしいて言えば
親が忙しすぎると
親のメンタル面の余裕と
それに比例するように
時間的な余裕も無くなってくるので

子供にそれらが伝わってしまい
結果、情緒不安定等の
変化が現れるかもしれません。


しかし、これらの問題に対しては
働き方を調整したり
夫婦で助け合える方法を考えたり

また、オーガナイズで
両立しやすい環境を作るなど
様々な改善方法が考えられると思います。


だから、、、
働くという事で親が
特に母親が負い目に感じる必要は
無い。

必要なのは
働く親としての誇り
そして、状況に合わせた
話し合いやちょっとした工夫


これで、少しずつ状況は変えられる。
乗り切ることができる。
子供も、親の努力を見ていてくれる。

私はそう思いながら日々を送っています。



応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

読者登録してね

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012年01月30日

社会復帰を恐れないで・・・

テーマ:●両立し続けるための戦力として
私がよく、周りからかけられる言葉。


『子育と仕事の両立ができるなんて、すごいね~。』


ワーキングマザーの方は
きっと、こんな言葉をかけられた経験
1度や2度ではないはず。


子育て・家庭と仕事の両立は
確かに大変な時もあります。
でも、そればかりではありません。


ですので仕事復帰を考えている方
長い間子育てに専任し
社会に再び出ることを考えている方
仕事との両立を恐れないでください。



働くことにより時間のやりくりは
以前よりタイトになるとだと思います。

子供と一緒にいる時間も限られるので
不安な部分もあるかもしれません。


でも、それによって
やるべき事の優先順位が明確になり
案外心地よい暮らしが
待っているのも事実だと思います。


また、収入を得る部分とは違う所で
自分にも子供にも
入ってくるものは多くあると思います。


だって、働く親が輝いていたら
子供も嬉しいですもんねアップ


ですので、働く自分に対して
負い目を感じないで欲しいと強く思います。

そして、
働いている母親を見て
その子供を勝手に可哀そうと思うのも
やめて欲しいと思うのです。






応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

読者登録してね


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年01月28日

★これ、愛知県の特徴よね!?地域的バブリー現象

テーマ:●両立し続けるための戦力として
おはようございます。

今日は、オーガナイズとは離れて
ワーキングマザーの独り言(笑)


仕事がら、人事も行っている私。

今、3月末で退職する人員を埋めるため
職安を通して求人を行っているのですが、、、


募集してから1週間。
ほとんど電話がならない。。。


電話が鳴り止まないほどの
問い合わせがあるかと思ったのに。
(実際、以前は集まりすぎて大変でした)


この不景気の時期に、なぜ!?


結局、1週間の間で
問い合わせがあったのは


30代後半の女性が1人と
40代前半の女性が2人。


なぜなぜなぜなぜ!?


不思議に思った私
職安に問い合わせしてみました。


それで、わかったこと。


どうやら、この愛知県の
特に、某○○○がある地域は。

去年の夏から忙しくなり
関連企業が人材確保に奔走。

結果、人材は
そちらに流れていったのだと。

1月現在で
求職者よりも求人のほうが上回り
その倍率なんと、1.5倍だそうだ。


そして、驚くなかれ
多いところでは時給2600円で
求人を出しているとか。。。
(恐らく期間工)

えええええっ、、、。
なんてバブリーな数字。
そりゃ、うち、無理だわ。


ということで、
職安は厳しいとわかり

お世話になっている
派遣会社さんに問い合わせたところ


『うちも、人が集まらなくて
困っているんですガーン

とのお応え。。。


なになになに?
今、こんな状況なの!?
(2012年現在)

通りで、いつもなら停められない
ハローワークの駐車場が
ガラガラだったわけだ。

ここ数年、
人が外の駐車場まで溢れていたのに
今回はいなかったもの。

おかしいなぁはてなマーク
とは思ったけれど驚愕の事実でした。


でもこれ、愛知県特有の動きですよね。


去年の311後
節電体制をとり○○○及び
関連会社が平日休みに移行した時は

名古屋の街も、
近隣のショッピングセンターも
土日は閑古鳥が鳴くような状態でした。

しかし、木金(○○○系列休みに)は
通常平日では考えられないような
大渋滞が起こっていました。

恐るべき○○○。


しかし、、、
再びなんらかの問題が起こり
生産体制にストップがかかれば

当然ながら記憶に新しい
派遣切り等が行われるのでしょう、、、?



なんだかなぁ~。

やはり、世知辛いわ。


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

読者登録してね


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2012年01月24日

ゆとりこそ日本が元気になるみなもと

テーマ:●両立し続けるための戦力として
オーガナイズを通して
私が働く夫婦に貢献できること。


それは、家事にかかる時間を極力減らし
家族とゆっくり過ごす時間を作り出す
お手伝いをすること。



子育ては
体力の限界が精神力の限界。


どんなに望んで授かった我が子でも
鬼のような心になってしまう時があります。


これは、実際に子育てを経験して分かったことでした。


特に息子が0歳児の時は
周りの助言に過敏に反応したり
逆に聞き入れることができなかったり。。。


悩んだことを懐かしくも思いますが
現在、私も母親業3年生カメ


最近では
「子育て」とはこんなものなのだひらめき電球 
と、ある種の「あきらめ」が生まれ
かなり楽にはなりました。


とはいえ、
子の成長過程にあわせた悩みと共に
時に(いや、多々?(笑))
ヒステリックになったり凹んだり。


先日の雨降りは
1歳児の時に使っていた小さな傘をさしたい!と
泣いてワガママを言って離れない息子を
保育士さんにお願いし、早朝の園を出ました。

私も傘を使わせてあげればよかったのですが
出勤前で心と時間に余裕が持てませんでした。



こういった、子供との関わりを通し
自分の感情の起伏と折り合いをつけつつ
仕事と家庭の両立をしていくのは
やはり、容易なことではありません。


でも、そうだとわかっているからこそ
できるだけ生活が楽に回るように
準備し、整えておく。。。


これを、復帰前にすると
その後の生活がグンと楽になり
自分の体力・精神状態に
ゆとりが生まれやすくなります。


もちろん、復帰されている方も
時間を作って少しずつ
オーガナイズされた空間を作ることで

よりよい未来に繋がる
ゆとりある生活に変えていくことができます。

この、ゆとりこそが幸せへのスパイラル。

家庭にゆとりが生まれることで
日本は元気になっていく。


私はそう、信じています。



にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

読者登録してね
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年01月20日

両立支援の視点から

テーマ:●両立し続けるための戦力として
こんにちは。
ふたたび久しぶりの更新です。


さて、皆様の中には現在育児休暇中で
今春に職場復帰をされる方も
いらっしゃるのでは?と思います。


通常、職場に戻るのは
育児休業法によって休暇が保障されている
子供が1歳の誕生日を迎える前後が多いと思いますが
復帰時期は家庭や勤め先の事情により様々。


産前・産後休暇期間 育児休業開始日 早見表



ちなみに私の場合は子供が9ヶ月の時に
会社の要請で自宅でお仕事。

その後、1歳で職場復帰する予定でしたが
保育所の空き定員がないために息子は待機児童。

(1歳で職場復帰するケースが多いため
4月生まれから順に定員が埋まっていきます。
息子は12月生まれ。)



そのため、職場復帰は2010年4月
息子が1歳4カ月のときでした。

しかし、9ヶ月から復帰までの間
自宅でのお仕事は
心身ともに本当に辛かったです。


なんせ、息子はお昼寝をせず
10か月で歩きだした底なし体力児でしたので

昼間に仕事ができなかった私は
息子が寝静まった深夜に書斎にこもり
体力勝負で仕事をする毎日。


そんな中、私の気持ちは

「早く仕事と家庭を分離したい!!」

という早急な職場復帰を願う気持ちと
それとは裏腹に

「うまく生活が回っていくのだろうか??」

という不安が心の中に同居していました。
でも、、、仕事復帰は決定事項。
ならば、どうする???ということで


残りの育児休暇時間を
復帰後の生活が楽に回るための
住空間のシステム作り(オーガナイズ)に
費やしたのでした。


今年も4月はやってきます。

また、そうでなくても
今後社会復帰を考えている
又は控えている方のために

働く夫婦のための両立支援
オーガナイズの視点から綴ってみようと思います。



にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

読者登録してね





まだまだ残席ございます!
★2012年1月 ライフオーガナイザー入門講座★
日程:2012年1月21日(土曜日)
時間:9:30~12:00
場所:ウインクあいち(愛知産業労働センター)904号室
受講料:3000円
定員:8名様
講師:森部宮子

お申し込みはこちらから→☆☆☆
以前のご感想は◎こちら◎から



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。