2017年03月13日

★桐製品の注意事項です。お雛様収納に桐の収納箪笥をお考えのかたは参考にしてください

テーマ:●セミナー・イベントのお知らせ

働く女性の片付けを楽に!

リクリエイトシステムの成田です。

 

 

以前、お雛様の片付けに

桐の収納BOXを取り入れたお話をしました。

http://ameblo.jp/life-policy-life-story/entry-12124966704.html

 

こちらに関して、学生時代の先輩から

とても大切な事を教えて頂いたのでシェア致しますね。

 

私、学生時代の専門は産業デザイン。

 

地場産業保存のため

工芸家を育てる大学だったので

木材・金属・漆の専門家としての道を

一生の生業として極めている方々も多いです。

 

そんな専門職に従事する先輩から

安い桐製品を購入する危険性を教えていただきました。

 

どうやら、安価な桐製品は国産の桐ではなく

生産工程で桐を白く魅せるために

漂白剤が使われるとのこと。

 

また、その時残留した漂白剤により

中に入れる大切な着物や雛人形が

色あせてしまう危険性もあるとのことです。

 

一消費者の私は

この現実を全く知りませんですし、そもそも、

知識がないので疑いようもない=知りようがありません。

 

教えてもらえるのって有難いです。

 

桐の収納ケースをお考えのかたは参考にしてください。

 

そして、心配な場合は

販売元に問合せすると良いでしょうね。

 

詳しくは以下をご一読ください。

 

- - - - - - - - - - - - - -

桐の箪笥や衣装ケースを選ぶときの注意

通販やテレビショッピングなどで

安く売られている桐の箪笥や衣装ケース

(「今なら2つで19800円」とかのもの)は

多くが中国の支那桐を漂白して使われています。

 

ご存じかもしれませんが桐の木は

アク(タンニン)が強いので、

そのまま使うと製品になってから

赤紫色に汚く変色します。

 

なので昔からのやり方では、

何年も雨ざらししてアクを抜いたものでした。

 

今でも国内の桐屋は多くがそうやっているはずです。

(私が買ってる桐屋さんも)。

 

むろんアク抜きは木の狂いを少なくする意味もあるのでしょう。 

 

ところが支那桐は日本の桐よりもアクが強く

コストの問題もあって薬品で漂白しているらしいのです

(全ての業者ではないと思いますが)。

 

本来、桐は銀色のような肌色のような

潤いのある風合いなのですが、

漂白されたものは不自然に白くて、

強い薬品臭がします。

 

私はこの臭いで気分が悪くなります。

 

たぶんシックハウスや化学物質過敏症、

アレルギーの原因になるのでしょう。

 

さて問題は臭いだけでなく、

そういう材でつくられた桐箪笥などに

大事な着物を入れておくと、

残留漂白剤の影響で

色が褪せるらしいのです。

 

もし桐のアク抜きをせず

桐本体があとで汚い色になっても、

収容物には何の影響もないのですが、

やはり売るほうも買うほうも目先の色の白さを望むので

業者は桐を漂白するのです。

 

こうなると何のために桐を使うのか本末転倒ですね。

 

 もし大事なものを桐製品にしまう場合は、

国産材使用か漂白していないか、確認が必要です。

(たぶん高価になるでしょうけれど…)

 

 もう油断も隙もない時代ですね。

 

- - - - - - - - - - - - - -

 

知らない事が

格差につながると感じる日々ですが

あらゆることがコレに通じる時代なんですね。

疲れてしまいます。。。

が、教えて頂いた以上
シェアしたいと思います。



 

 

●収納用品の基本を

 学びに来ませんか?

3月21日(火) 知立市開催
4月18日(火) 豊明市開催
詳しくは以下よりご確認ください

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

お片付けで両立支援 成田宮子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。