~心色白空~ 心が元気になる本と出逢うだけで人生は変わる

心が元気になる本が大好きです!本との出逢いで僕の道は大きく変わりました。普段の私生活で起こる出来事の中で愚痴やマイナスな発言を少しずつプラスの言葉に変えていけば自分の「心」にゆとりが生まれて考え方や感じ方も変わります。本の力は凄い!


テーマ:


父ちゃんと知覧を語り合う日

朝起きると、父ちゃんが
人生に迷ったら知覧に行けを
自分の部屋で読んでいました

その場は声をかけずにいましたが
昼前に僕の部屋に父が来まして

昔、何度も知覧に行った事があるという
衝撃的なお話を聞く事となります

そんなん1度も聞いたことなかし・・

父は定年退職していますので
時間を見つけては、週に2度は
近所のTSUTAYAに行きます

昔からヤクザ映画、ミナミの帝王、
警察24時系がとても好きな人なので
そういうのを見ているのか?と思ってました

ただ、それは僕の勝手な思い込みで
父ちゃんが普段借りていたDVDは

命の尊さを、いつまでも忘れない為に
戦争に関するものばかりを借りて
見ていたという事実・・

普段部屋に入ることはありませんので
久しぶりに部屋に入るとまた衝撃的でした・・

プレイヤーの下に並んでいる本の一覧が
太平洋戦争や、知覧、広島のタイトルばかり
本当に、本当に驚きを隠せませんでした

そこから2時間ぐらい語り合いましたが
僕よりも何十倍も考えていて、詳しくて、
それにも驚きを隠せなかったのですが・・

親子で命の尊さを語ることが出来ました
それが今日1番嬉しかったな~

その流れでお互いが親子として
何が出来るのか?ということについて
話をはじめたまでは良かったのですが

だいぶん喧嘩越しになって白熱しましたけど
久しぶりに熱い話が出来て良かったです^^

一人で知覧に立ち寄って何を思ったん?と
訪ねてみましたが、

それは教えん!と拒否でした

ただ、なんとなく、その時に自分が
3月・4月で知覧に伺った時の気持ちと、

その時の父の気持ちをだぶらせながら
僕なりに解釈をした部分があります

きっと、地に足をつけて生きれる様に
自分の覚悟を確かめていたのだと思います

その後、なぜ?知覧行こう!と
思ったのかを聞きました

理由は、亡くなったじいちゃんが
大刀洗町の事や戦争に行った時に事を
父によく話していたらしく

大刀洗平和祈念館に行ったことが
そもそものキッカケだったそうです

僕も小さい頃連れて行ってもらったそうですが
その記憶が無かったので、今日の打ち合わせ後に
時間を作れたら行ってこようと思います

今日は本当に不思議な日です
父ちゃんと語る事になるとは・・

今を生きる僕たちが
知らなければいけないこと

忘れてはいけないことが
知覧にはありました

しげにいが書いたこの1冊の本に
たくさんの想いが込められています


今を生きるよりも、
命を紡いでもらったからこそ

今に生かされていると僕は思っています

自分の無力さに腹が立つと
言いたくなる出来事も

時にあるかもしれないけど、
それは無力ではなく

きっと微力なのだと思う

たとえ微力でも、大切なことを忘れずに
自分なりに精進していけば、

きっと、きっと、いつの日か

大きな力になっていくものだと思います

せめて、じいちゃんやばあちゃんたちが
空の向こうで笑ってくれる様な生き方を
1歩ずつ目指していこうと思います

両親や、周りに感謝をしながら
本当に1歩ずつ、1歩ずつ

偉大ないとこのにいちゃんが東京で
僕に教えてくれたことがあります

辛抱は辛いを抱くと書くのだから
全てを包みこめる男であれということ

そして、本音の怖れを優先するよりも
本音の素晴らしさを大事にすること

今日もよか天気です!一日一生だ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

まっちゃん 本の力で人生は変わるさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります