1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-10-16 16:17:35

気持ちの退院

テーマ:雑記
派手めの咳やくしゃみが出るたび、この首が強張る瞬間に横線の傷がバガァッ!と開くんじゃないかという想像をして、脳裏に寄生獣を過ぎらせながら内科へ行き、リンパ節の腫れを調べる際には医者と共に「あ、取ったからいいのか…!」ってなる決して嫌いじゃないブラックユーモアを早速体験したりしてたらもう一週間。





一昨日は、退院してから初めての診察に行ってきた。


いつものように挨拶をして、傷がケロイドになる仕組みやその対策と処置の仕方などを丁寧に教えていただきながら、気になって仕方がないのは病理検査の結果。


説明をしてくれている主治医と目が合うときにはしっかりとピントを合わせつつ、その背後にある電子カルテへ、気付かれないように、けれどパイロキネシスよろしくPCの画面が熱で溶けるんじゃないかというほどの熱視線を送っていた。

ものを画像的に覚える癖をフル稼働させ、取り出したリンパ節の所見文をなんとか捉えきったか…と思ったあたりで、話は「何か他に気になることはあるかな」のくだりに…。


結果が出るまでは術後約1ヶ月ほどかかると聞いてたから、やっぱりまだわからないのかなと思って聞いてみると、先生がPC画面にパッと新たな窓を出した。



横向きの頭頸部の絵が描かれた紙の上に、きちんと並べられた








36個のマイリンパ節。







おお…

と思わず声を出してしまった。

良くも悪くも想像や思考が膨らみやすいタイプということもあって、逆にこうして現物を見たりすると落ち着く。


結果はというと、また不幸中の幸いで、術前にCTで確認した通り腫れや影が見られたところ以外のリンパ節には浸潤しておらず、なんとか一箇所に食い止まっていてくれた。

なので、追加治療もしなくてよし。


どこで発生していたのかを聞いたとき、"このリンパ節が悪くなってたんだ"という見方になりがちなところも、同席していた母の"このリンパ節が頑張ってくれたんだと思った"という感想に習い、これからはあのリンパ節たちを勇姿という形で思い起こそうと思った。



いい意味で肩透かしを食らったような一安心。

なんだかんだいって、術前の記事に書いた戦々恐々のピーク期間に似た状況が続いてたわけだから、思考のバランスや分別もだいぶうまくいかなくなってた。

これでようやく気持ちとしても退院できた気がする。


(; 'v`)-з










そうして昨日からは、















{B6FA5140-4F23-4D98-89DD-3910D017AAD3:01}



富士を横目に、























{2E1F4A4A-3219-448D-95BE-151525E0FDBB:01}







{79ED2A9F-DBDB-4944-B581-04352DEC7EA2:01}




数年ぶりの関西へ。





今回のことがわかる数ヶ月前から計画していた旅を予定通りに決行~。

どういう結果でも行く予定だったけど、やっぱり心置きなく楽しめるに越したことはないよね。





今度は笑いの勢いで首が寄生獣化しそうです。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。