妊活&女性のからだづくりサポート【大阪/Lavie co,ltd】

♡助産師×女性社長♡高須賀千絵の オフィシャルブログです


テーマ:
出産を夫婦で一緒に取り組んで、いい記念日にしたいですよね〜

これから人生を共にする赤ちゃんの存在は、
本当に大きいものです。

出産自体は女性しか出来ないことではあるけれど、
2人で一緒に初めの一歩を踏み出すことはできると思います

でも、
ただ出産の時に横にいればいいわけじゃなくて、
何とも言えないお産までの時間を一緒に前向きに過ごして、
人生最大のピンチのときに傍で応援してくれる
心強い存在になってくれるとことが大事

「血が苦手なので立ち会えるかなー」
「ただポツンと傍にいるだけになりそうで」

講座前には、
こんなプレパパの意見がありました


そのために夫婦で学べるマタニティスクールを開催してます

まずは、入院のタイミング、産まれるまでの過程をマスターしましょ

{02833546-95A3-4078-9925-252E6B089055}
これは、どんなお産の経過を辿るのかを考えるワークをしながら、グループで盛り上がってるところ。

破水や陣痛がなぜ起こるのか、どういうのが異常なのか分かっててもらわないと、
オロオロと心配されると産む本人が不安になってしまうからね

{0EB13F35-B117-4A1D-A1D1-DB52F4FEC950}

↑これは、もうすぐ出産かなー?と思ってから、産まれる瞬間まで、側にいるご主人様が何を出来るのかを皆で考える時間

何事もイメージすることから!!

私が現場でみる産後のママの中には
「旦那がいても役に立たないし、いなくてよかったわ」って言う人もいれば、
「隣にいてくれて色々してくれて、めっちゃ感謝!」って更にラブラブになる夫婦もいます。


妊娠中〜産後1年の感謝も恨みは、
時間がたっても引きずるようです……笑

やっぱり「一緒に頑張ってくれてありがとう♡」
っていう夫婦を見ると、
この先何かあっても大丈夫だなと安心します

そんなご夫婦になるように
私も全力でサポートします

5月は沢山開催しますよー
他院の方もどーぞ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ご夫婦で赤ちゃんの準備をしたい方、沐浴やおむつ交換、授乳の方法など、
ママ&パパになったら必ずやらなきゃいけないことばかりですよね

そんな方にオススメなのは、『プライベートレッスン~出産&育児準備編』
{DBD11E08-C754-4E5A-AB97-C02F491AF717:01}

私がスクールをしてて要望が多いのは、
「沐浴の方法を教えて欲しい」
「赤ちゃんを触ったことがないけど、実際練習するところを作って欲しい」
そういった依頼がよくあるんですが・・・

大丈夫、生まれてから、病院の看護師や助産師が手とり足取り教えてくれますよ

ただ、私が思うことは・・・
そういった方法論よりももっと大切なことがあります。

沐浴の手順や注意点は、出産するまでに準備さえしておけば、
実際生まれてから試行錯誤したらいいんです。

それよりもね・・・、ご夫婦でどう助け合って体制を整えていくのか、
それを一緒に考える時間、向き合う時間が大切

{F00434DA-92E0-4034-86D8-ECB2D359FD81:01}

こうやって、ご夫婦の笑顔を見れて、
レッスン後は「安心して出産できそう」と言って帰っていただけるのが嬉しいな~

------------------
※ラヴィのマタニティスクール、定員オーバーで参加出来なかった方へ。
マタニティスクールの補講はできませんが、プライベートレッスンにはご予約していただけます。1時間枠ではありますが、この時にわからないことを聞いてくださってもOKですよ
 ●プライベートレッスン (60分):ご夫婦で3000円
 ●要予約制/内容変更可能
お困りのことがありましたら、06-4708-5766 お問い合わせ下さい

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この週末、毎月恒例のマタニティスクールを開催してきました
{E2FAEFC1-2EB8-4F86-9496-14578E3E7C5A}

沢山のプレママとプレパパが、
熱心に聞いてくださりました。

午前中は、ココロと身体を育む「食」の話
午後は、自己肯定感を育てる3歳までに大事なことの話

食の大事さって、
妊娠しようと試みた時、
赤ちゃんが出来た時、
子どもが体調やお肌に問題が出てきた時、
自分の病気が発覚した時……

そういう時になって初めて
必死に情報収集したり、何かを改善したりする人が多いんじゃない???

妊娠期も授乳中も、
母のカラダを通して子どもに通じます。

ママやパパのが作る料理、選ぶ食材で
家族の健康レベルが左右されます。

知らないうちに…
引きこもりの子どもをつくる食生活だったり。
集中力が保てない栄養バランスだったり。

何も糖尿病や肥満、血圧以上のような健康障害が問題なんじゃない。

血色が良くて、年齢よりも若く見えて、
潤いある肌やすぐに体調を壊さない強い身体を作りたければ、やっぱり毎日食べるものと生活スタイルが大事なんです。


実際、
マタニティスクールでは
「立ち会い出産にむけた準備」「購入物品の情報収集」、沐浴やおむつ交換の方法といった分かりやすいテーマって、すぐに満席になるけどね……

産む体をつくる食や、
丈夫な赤ちゃんを育む食の話がテーマとなると、
少し参加率が下がるのが現状です

沐浴やおむつ交換の技術は
産まれてからでも遅くない!!

一日に何度もあるんだから、
すぐに習得しますよ。

だけど、
産後の肥立ちを良くするもの、
母乳分泌を高めるもの、
赤ちゃんの消化器の発達にあわせた離乳食について、など様々な知識については、
産まれてから学ぶ時間なんてないんです!!

{EE7575CD-AE2A-44B4-8807-40B37D24A719}

昔のおばあちゃんは知ってただろうこと。
私も助産師になって、食の大事さを知って勉強してから初めて意識しました。

ラヴィの事業を通して、
これこらも妊娠中の方や、妊活中の方に伝えていきたいなって思ってます。


次回は…5/20に開催します^ ^

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ママとベビーのためのマタニティセミナー

 
今日は……
阪急西宮北口のスタジオアリスさんで
{7C617F62-9B6A-4B17-8754-965380EF6C6A}

キャンセル待ちになるくらい、
沢山予約してくださって…
私からは1時間だけのお話だけど、皆さんに有益な情報をお伝えしたくってヤル気もりもり笑
 
今日は『安産を目指すための9か条』をお話させていただきました。
 
お産はフルマラソンを目指すようなものだから。
 
育児用品や入院の用意だけでなく、
体の準備、心の準備が必要です。
 
ちなみに、心の準備に関しては、
出産を控えた夫も同様です!!
 
栄養は赤ちゃんのため、というよりも
出産の如何なるリスクにも耐えうるためにも、
産後に老けないためにも重要なこと。
 
知識が少なければ、
本を読んだり、セミナーに出たりして
習得していくことから。
 
意識を変えるには、知識がないと始まらないしね
 
ここ、スタジオアリスでのマタニティセミナーは、
①助産師からのお話
②マタニティヨガ
③マタニティフォト  1ポーズ
という流れになってるようです^ ^ 
 
 
みなさんの地域のスタジオアリスを検索してみてね!!
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
毎月1回開催しているマタニティスクール
今月も午前、午後ともにご夫婦揃って沢山の方々が来てくださいました。
和やかなご夫婦が多くて、とても盛り上がりました。
 
{D6B768FD-5895-4748-A9CE-0FA8288454D0}
 
さて…今日は、
立会い出産の準備の中で大事なことを一つお伝えします。
 
参加された男性に
「立会い出産をしたいですか?どのようなイメージですか?」と聞いてみています。
 
このようなクラスに来られている方なので、
90%の方が迷いなく「立ち会いたいです‼‼‼」と。
あと10%の方が「妻が希望するのであれば立ち会おうかな・・・・」というお返事です~ふっ
 
なかなか意識高い系でしょかおもじ笑!
数十年前には考えられなかった出産像だと思います。笑
 
でね・・・・、
意気込みはあるのですが、問題はここからです。
 
ほぼ全員の方がこう言います。
「出産について全く分からないので、邪魔にならないように横で静かにしておくか、
妻に言われたことをしようと思います。」と。。。笑!!
 
分かるんですよ、その気持ちは。
 
でも、女性だって初めてのお産です、
分からないことだらけなんですよ指
傍にいる人に指示する余裕なんてありませんから。笑
 
“横に居るだけ・・・”というのは、邪魔でないだろうけど、
せっかく傍にいるなら、力になってほしいな~と思います。
 
人によれば “気配が気になるから出ていってほしい”という方、
稀に “なんか夫の匂いがいやで・・・” という女性もいました。
ある男性は、奥さんが死にそうなにしんどい時に半日間ずっと、
横のソファでおやつを食べて、雑誌をよんで、ケータイでゲームをして、ウトウト寝て・・・・を繰り返し・・・・
私の方がキレてしまい 「あの~~ふきだし<怒> 待合室で過ごしていただけますか?!ムカ」と怒ったことがありました。(←昔の話ですよぉ笑!)
 
 
助産師として旦那様にお願いしたいのが、
出産される女性の心強いサポーター(伴走者)になってほしいと思います。

 

近くにある飲み物を取ってもらったり、
食べやすいものを買ってきてくれたり、
痛い部分をさすってくれたり、
ウロウロと運動するのを一緒にしてくれたり・・・・・
 
そして、弱音を吐きたくなる状況の時に、
心を前向きにさせてくれたり。(←これが一番大きい。)
 
そんなことを十数時間、一緒にしてもらえたら助かりますはーとにこ

横に付きそう夫で一番困るのは、
「まだですか?いつなったら生まれますか?」ってオロオロしているパターンと、
「痛がってるんですけど。どうにかなりませんか?」と頻回のナースコールをするパターン。
 
初めての出産は12時間以上かかるのが平均だし、
自然分娩であれば陣痛を感じるのは当然だし。
 
何が起こるかわからない出産現場だからこそ、
きっちりとお産の流れを理解して、女性側が安心して産めるように予め勉強してから望んでほしいな、と思うんです。
 
今回は、マタニティスクールでは、
そのような「立ち合い出産でパパができること」を学んで頂きましたはぁとvてへぺろうさぎ
無事生まれますように~はーとはーとはーと
 
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)