お元気ですか? 私は……

テーマ:
長い間、ここを放置していました。ごめんなさい。m(_ _)m
あれから、様々な事がありました。思い掛けない事がいろいろと。

以前は、自分には勇気がないとか言っていましたが、
心から慕えるご主人様にめぐり合えたんです、やっと。


刺激を求める気持ちって、知らず知らずエスカレートしますよね。

取り返しのつかないことになる瞬間の慄きが、一番気持ちいいと
下着なしのミニスカートで散歩で気づいて、ハマっていきました。


男の人に見せちゃいけない場所を、目の前で見て欲しい。
それもチラっとじゃなく、言い逃れできないほど丸出しのアソコを。

真夜中の公園でベンチに腰掛けて、何度もリハーサルしてみた。

灯りの届かないあの茂みの中、潜んでるおじさんたちに
濡れているの見せてあげたくて、下の唇を指でめくり広げて……。


それに、茂みの向こうには大きなマンションの窓がたくさん。
どの窓から見下ろしても、私の恥ずかしい姿がきっと見えたはず。
AD

二種類の視線

テーマ:

ミニスカートの下に股縄だけ締めて、街を歩いてみて思うのは、
男の人の視線にも二種類あるということです。


それは、無遠慮な視線と、遠慮がちな視線。
どちらが好ましいかというと、やっぱり遠慮がちな方です。



ミニスカの裾の辺りをガン見されると、怖く感じるし、
その視線のまま近づいて来られたら、間違いなく逃げちゃいます。



見られて困るなら、短いスカートなんか穿くんじゃない!
よく目にする意見ですが、困る視線と困らない視線があるのが本音。


ただしイケメンに限る……というわけでもないんですよ。
純情で清潔感がある人っていいですね、年齢とは無関係に。


マイクロミニだとわかっても、敢えて見ない態度を貫く男性は、
意外性があるし、こちらが気になってしまうことも多いです。



私を含めて、女の子もエッチですから、
男性がいやらしいこと、それ自体は決して嫌じゃないです。


ただ、表現がストレートすぎたり、あんまりギラギラしてるのは、
近づいて来られる段階で、絶対ムリって思っちゃいます。

レンタルショップで

テーマ:

無邪気を装うというと、言い方に問題があるかもしれませんが、
私がしているような、ちょっと危ない夜の散歩場合、
見られているのに気づかない振りをするのが、重要だと感じます。



通りを歩くだけでなく、最近はお店にも入るようになりました。
例えば、DVDやCDのレンタルショップにはよく寄ります。


深呼吸してから店に入り、手近な棚から見て回り始めるのですが、
夜遅い時間帯だと、お客さんのほとんどが男性だったり。



棚を熱心に眺めている人も、私が後ろを通り過ぎると、
フレアのミニスカートが揺れるのが視界の隅に入るのか、
意識してつけてるコロンの香りに気づいてか、ふっと振り返ります。


私は背中に視線を意識しながら、ちょっと離れた棚に歩み寄り、
中腰の姿勢で下の方の棚で、何かを探すふりをするのです。



もちろん、部屋でデジカメを動画モードで使って、
どのくらいまでなら屈んで大丈夫かは、事前に確かめておきます。


それでも時々、通り過ぎた時は確かに立っていたのに、
素早くその場にしゃがんだのか、低い角度からじっと
こっちを凝視しているオジさんがいたりして、焦る時もあります。