こんばんは〜!

 

株式会社unbotの福積です。

 

現在、私は上海と東京を中心に、

中国越境ECと中国国内ECの営業活動を日系企業様に対して行なっています。

 

中国のEC、特に京東(ジンドン)に注力しており、

化粧品、マタニティ、ベビー用品、食品(健康食品)に特化して運用をさせて頂いております。

 

本日は、前回お伝えしていた「ニューリテール(新小売)」について書きます。

 

 

「ニューリテール」とは、オンラインとオフラインを融合して

相乗効果を図るO2Oビジネスモデルのことを指します。

中国では、オンラインで買った方が圧倒的に便利(サブスクリプション)な商材が、

未だにオフラインで必要な時に購入されています。

 

例えば、毎月定期的に購入が必要な、水、食料、おむつ、粉ミルク等が手元になくなってから、

最寄りのコンビニでなくなってから購入するユーザーが存在します。

 

しかも、購入時は、「価格」をみるのでなく、「なくなったから」購入します。

重量もあるので、確実に定期的にオンラインで買いだめをしておく方が便利なのに。

 

その人たちがオンラインでどのような購買履歴を保有し、

その消費にどんな特徴があるのかを分析、解析していく。

つまりビックデータを活用して、調査該当エリアではどういった商品が

オンラインで、オフラインで購入されやすいのかをデータ解析していく。

 

定量だけではある程度の購買データを取得できるが、

定性データを取得しないと、ペルソナ設定の精度が不十分で、

せっかく解析したデータの完成度が低く、DMPに基づいた広告の費用対が落ちてしまう。

 

ちょっと逸れましたが、「ニューリテールについて」について。

 

近年、中国EC市場の売上成長率は鈍化しており、

2013年初めて50%を下回り、2015年には40%、

2016年の成長率は、26.2%に留まる。

 

2017年は32.2%と少し回復の兆しが見えたが、

オフライン市場が相変わらず主体となっており、

オンラインとオフラインの売上比率が3:17となっている。

(この数値に関する記事リンクがみつからない・・・)

 

したがって、中国オンライン市場はオフラインとの

連動をもって取り組んでいく必要がある。

 

アリババは2016年末にオンラインとオフラインを融合した「ニューリテール」戦略を発表した。

現在、「ニューリテール」というワードが、中国では当たり前のように認知されている。

 

「ニューリテール戦略」は、

大きく分けて3つの戦略的コンセプトから構成されている。

 

1、オフライン個人店舗のオンラインとの融合(杭州の浙江大学付近に第一号店オープン)

2、タオカフェに代表される無人コンビニテクノロジーの拡大展開

3、盒马鲜生(ファーマーションシェン)と呼ばれる新しいコンセプトで、

スーパーで食材を注文すれば調理まで自動的に行って提供してくれるサービス

 

最近中国メディアはアリババのニューリテール戦略を

「8路大軍」という言葉で説明している。

その8つの路(チーム)とは以下の意味である。

 

1、T-mallオンラインのリテールショップを統括するチーム

2、蘇寧電器オフラインの家電店舗を統括する家電チーム

3、銀泰(INTIME)オフラインの店舗をと統括する百貨店チーム

4、盒馬鲜生、F2 など 食品を扱うスーパーマーケットチーム

5、口碑(Koubei)チケット、食品デリバリーなどのローカルライフスタイルをサポートを統括するチーム

6、 農村淘宝、農村分野でのECを統括するチーム

7、スマートコンビニなど、アリババが展開するスマートコンビニ統括チーム

8、Home Livingのリテール店舗で家具や生活用品を統括するチーム

 

以上の8のチームがほとんどのカテゴリーを含めていて、

アリババの野望がはっきりと見える。

 

うち、6つ目の農村ECの戦略が

中国政府方針から支えられている上ことから(3月15日の消費者デーでも強調)、

農村EC今後の動向に注目。

 

2016年913億元だった市場が、2017年には、1,650億元になる見込み。

 

生鮮 EC のプレーヤーには以下、5つあります。

 

1、スーパーEC(永輝超市、物美、天猫 超市など)

2、総 合 EC(天猫、京東、1 号店など)

3、垂直 EC(易果生鮮、本来生活、毎日優鮮など)

4、O2O(愛鮮蜂、一米鮮、京東到家など)

5、 B2B(有 菜、鏈菜、美菜など) が含まれる。

 

現状の課題は、恒温サービス関連のインフラ。

 

非常に高度な物流や、サプライチェーンが要求されている。

そのため、運営や倉庫配送コストが通常の配送に比べて10倍以上高い。

 

生鮮食品の課題はコールドチ ェーン物流の構築にあり、

アリババも生鮮市場を「ニューリテール」の重点テーマに位置付けている。