自民党の大島理森幹事長は12日夕、東京地検が小沢一郎民主党幹事長を任意で事情聴取する方針を固めたことについて「検察審査会の起訴相当の結論を踏まえて検察が誠実に行おうとしていることだ。司直の世界でしっかりと調べていただきたい」と述べた。

 また「政治とカネにまつわる信頼を取り戻すためにも、与党の大幹事長が逃げずに堂々と国会の場で説明することこそ、政治論として追い求めていかねばならん」と小沢氏に国会で説明するよう求めた。

 党本部で記者団の質問にこたえた。

【関連記事】
小沢氏再聴取へ 改めて問われる説明責任
小沢氏が政倫審出席の意向 参院選で得策と判断
小沢氏、2人区の新人への重点的支援を要請
鳩山首相、ぶら下がり短縮「この程度が望ましい」
鳩山首相、小沢氏の続投容認「卓越した手腕」
少子化を止めろ!

車3キロ引きずり死で被告「人として最低」改めて謝罪(産経新聞)
[静かすぎる対策]体験会に120人以上が集まる(レスポンス)
近鉄子会社の元社員を逮捕 着服10億円超…FX投資に(産経新聞)
<不正パスポート取得>旅券法違反で公認会計士を追起訴(毎日新聞)
県内移設は「狂気の沙汰」 与党・社民議員、官邸前で前代未聞の演説(産経新聞)
AD