宇宙航空研究開発機構(JAXA)は12日、5月に打ち上げ予定の金星探査機「あかつき」と、世界初の小型ソーラー電力セイル実証機「イカロス」の機体を神奈川県の宇宙科学研究本部で報道公開した。

  [フォト]完成した日本初の金星探査機「あかつき」

 あかつきとイカロスは、5月18日に鹿児島県の種子島宇宙センターから国産大型ロケット「H2A」17号機で打ち上げられる。

 主衛生のあかつきは、12月に金星周回軌道に投入され、約2年かけて上空から分厚い雲に覆われた大気の動きなどを観測する。総費用は約250億円で、計画をまとめるJAXAの中村正人プロジェクトマネージャは「金星を調べることは、地球の成り立ちを知ることにつながる」と話す。

 副衛星のイカロスは、打ち上げ後に約14メートル四方の薄膜を広げ、ヨットの帆のように太陽光を受けての圧力でヨットのように飛行する技術を実証する。

【関連記事】
「初音ミクを金星へ」 「あかつき」にイラスト掲載へ
プラトンが愛した「世にも美しい正多面体」
コードネームは「新しい星」 北メディア、世襲本格化でついに神秘現象を報道
「UFOで金星へ」注目浴びる鳩山夫人
【星のある風景】天と地の光が響き合う

<裁判員裁判>「制度は違憲」覚せい剤密輸で控訴の被告主張(毎日新聞)
福井・敦賀1号機が運転開始から40年(産経新聞)
mixiまねて「mixy」… 携帯ぞろぞろ偽サイト(産経新聞)
小林議員、月内に進退判断か 北教組への関与は否定(産経新聞)
<チリ地震>気象庁がM8.6からM8.8に変更(毎日新聞)
AD