東京都中央区で平成17年、雑居ビルの外壁が崩れ落ち、通行人が負傷した事故で、警視庁捜査1課と中央署は21日、業務上過失傷害の疑いで、工事を担当した下請けの外装工事会社の社長(61)を書類送検した。同課によると、容疑を認めているという。

 捜査1課の調べでは、社長は10年に行った外壁補修工事の際、外壁タイルを固定するために必要な個所に鉄製のピンを打つなどしなかったた。この結果、17年に壁が崩落、崩れ落ちたタイルが近くの路上を歩いていた女性会社員(45)を直撃、重傷を負わせた疑いが持たれている。

 同課によると、事故は17年6月14日午後0時40分ごろ、中央区新川の8階建てビル「ニューリバービル」で発生。5~6階部分の外壁タイルの一部(重さ計約785キロ)が崩落し、路上にいた女性のほか、車に乗っていた男性会社員が軽傷を負った。

【関連記事】
雑居ビル外壁のタイル落下 観光客ら5人軽傷 那覇 
隣接ビル壁にへこみ ジャッキ使用か 銀座3億円時計盗
騒然…百貨店の外壁はがれ、国道通行止め 新潟
お家の壁が空気をきれいに TOTO魔法の塗料
「コケ」や「花」も 多様化する「壁面緑化」
中国が優等生路線に?

<将棋>力戦模様の展開に 名人戦第4局(毎日新聞)
派閥解消訴え新グループ=自民(時事通信)
<EV>充電なしに1003キロ 世界最長記録ギネス申請へ(毎日新聞)
小杉元文相の妻ら逮捕 支援者から9000万円詐欺(産経新聞)
保育園バス横転、10人軽傷=車と衝突―千葉(時事通信)
AD