自民党の谷垣禎一総裁は17日、名古屋市の党会合で、党内の反執行部の動きに触れ、「『谷垣さんじゃ選挙を戦えない』と言われる。私もぼやぼやしていられない。必ず求心力をつくっていく」と述べた。

 また、「雇用を生み出す企業が伸びていくために法人税を安くすることも考えないといけない」と述べ、法人税率引き下げを参院選のマニフェスト(政権公約)に盛り込む考えを表明。その上で「借金の多い財政事情で法人税を引き下げるには、消費税を考えざるを得なくなる」と、消費税率引き上げが必要だとの考えを重ねて示した。

【関連記事】
舛添・東国原会談、新党触れず 「オオカミ中年」党内から批判
舛添氏が東国原氏と会談、「地方分権」一致も連携は慎重 自民から批判高まる
与謝野氏除名の可能性 谷垣氏、舛添氏への批判も
21日に党首討論 民・自が合意
自民、衆参ダブル選に警戒 支部長選任急ぐ

学力テスト、全国で開始…抽出方式で初(読売新聞)
<外国人刺殺>フィリピン人の逮捕状請求へ 三重県警(毎日新聞)
みんなの党、参院選目標10議席以上(読売新聞)
「メディカル・ハイネット」に破産手続き開始決定(医療介護CBニュース)
版権代は秘密「1Q84」5月に中国本土版(読売新聞)
AD