平野博文官房長官は30日の記者会見で、警視庁が同日公訴時効を迎えた国松孝次警察庁長官(当時)銃撃事件の捜査結果概要を明らかにしたことについて「異例な公表の仕方だ」と語った。公表理由に関しては「こういう社会的影響の大きい犯罪を今後起こさせない、風化させないという意志が入っているのかどうかは承知しない」と言及を避けた。公表の是非についても「適切かどうかは承知していない」と述べるにとどめた。 

【関連ニュース】
【特集】国松警察庁長官銃撃事件~ついに時効!~
〔写真特集〕地下鉄サリン事件
〔用語解説〕「警察庁長官銃撃事件」
〔用語解説〕「警察庁長官銃撃事件」
時効迎え「反省、教訓を」=国松元警察庁長官

<親権>子供の視点での見直し議論確認 厚労省専門委初会合(毎日新聞)
ネットいじめにも対応、45年ぶり指導手引書(読売新聞)
ほろ酔いで法律話…「弁護士バー」開店へ(読売新聞)
屋内での喫煙規制スタート=「受動」防止条例を施行-神奈川(時事通信)
<法勝寺>八角九重塔 時を超え広がるロマン /京都(毎日新聞)
AD