民主党の支持団体である地方公務員労組「自治労」の徳永秀昭委員長(連合会長代行)は27日、静岡県浜松市内で開いた中央委員会で、米軍普天間飛行場の移設問題で日米両政府が最終調整している共同声明の撤回を求めた。徳永氏は「旧政権が確認した現行案に限りなく近い。問題を持つ内容と言わざるを得ない」と語った。

【関連記事】
普天間移設 許されぬ文言の使い分け
「県内駄目」は納得できず 岡田氏、宜野湾市長を批判
鳩山首相、沖縄米訓練の受け入れを要請 全国知事会で
署名拒否なら首相発言も 官房長官が日米合意の修正は否定
普天間で反発の福島氏に首相「理解に向け努力。それしかない」

経営改善は「喫緊の至上命題」―全自病・邉見会長(医療介護CBニュース)
首相、東アジア共同体構想の取り組み表明 「米国の関与不可欠」(産経新聞)
【新・関西笑談】有馬温泉を売る5つの“秘策”(1)(産経新聞)
九電工中傷ビラで組員逮捕、九州誠道会捜索(読売新聞)
ハナショウブ もうすぐ見ごろ 足立区立しょうぶ沼公園(産経新聞)
AD