長女(1)に暴行し、大けがをさせたとして、大阪府警捜査1課と城東署は22日、大阪市城東区中央3、父親の会社員・三浦訓之(のりゆき)(24)、母親の理恵(24)両容疑者を傷害容疑で逮捕した。

 ともに容疑を否認している。

 長女は昨年12月に病院に運び込まれた際、平均体重を大きく下回っていたといい、府警はネグレクト(育児放棄)もあったとみて追及する。

 発表によると、両容疑者は昨年8月~12月、生後数か月だった長女に暴行を加え、頭の骨や肋骨(ろっこつ)を折る1か月の重傷を負わせた疑い。

 調べに対し、訓之容疑者は「肋骨が折れたのは、風呂で洗っていた際に手が滑って落としたから」、理恵容疑者は「全く身に覚えがない」と供述している。

口蹄疫 品薄の消毒剤、和歌山県が無料配布 全飼育農家に(産経新聞)
普天間移設 徳之島受け入れ7条件「すべてのむ」官房長官(毎日新聞)
県警警部補が高1少女にわいせつ容疑 新潟(産経新聞)
小沢氏、政倫審「報道が先行しただけ」(産経新聞)
若手研究生の奨励を 御下賜金を機に賞設立(産経新聞)
AD