TVアニメ監獄学園のAR缶バッジが発売されることになりました。

監獄学園プリズンスクールはヤングマガジンで連載中、2015年7月からはTVアニメもスタートしたギャグエロコメディです。

こういう有名タイトルのグッズというのはたくさんありますけどこの缶バッジの特徴はなんといってもARという技術を駆使してつくられたグッズであるというところでしょうか。

ARというのはグッズのイラストを専用アプリで読み取るとスマホ内に映像や画像が現れてあたかも現実の中にそのキャラクターがいるかのような見せ方ができるものです。

今回のグッズは缶バッジのイラストを読み取るとスマホ画面にキャラクターが現れてキャラクターと一緒に写真がとれるというものです。

どんな画像が出てくるのかは、お楽しみ!

監獄学園AR缶バッジ キヨシ


監獄学園AR缶バッジ 芽衣子

監獄学園AR缶バッジ ガクト

監獄学園AR缶バッジ 花
AD
現在では、多岐にわたる内容のキャンペーンでステッカーが配布されるようになってきており、多くの人々が配布されたステッカーを活用しているのではないかと思います。

複数の企業がこのような取り組みを展開するようになってきており、多方面で話題として挙げられていると推測されています。

また、ステッカーがキャンペーンで配布されることを歓迎している人が大半を占めているとされており、継続的にこうした取り組みが展開されるようになっていくのではないかと思います。

キャンペーンでステッカーが配布される商品として選択されるケースはしばしば確認されるようになってきつつあり、年代や性別を問わず受け入れられています。

商品の販促に?がるものとにて認識される場合もあり、ステッカーを意欲的に配布する企業が増える要因となっているのではないかと思います。

今後はより多くの企業が何らかのキャンペーンでステッカーをしばしば配布するようになっていくのではないかと考えられています。

様々なバリエーションのステッカーが景品として用意されることが見込まれているため、消費者からは一層大きな期待が抱かれるようになるものとみられています。

このような動向には多くの業界からの注目が寄せられるのではないかと思います。
AD
オリジナルの缶バッジを作ってみたいが、周りにこのオリジナル缶バッジを作ったことがある人がいないので、参考にする人がいなくて困っているという方も少なくないのではないでしょうか。

ですから、これから私が業者を利用してオリジナル缶バッジを利用したときの感想などをご紹介したいと思います。 まず私の場合には大まかなデザインだけを決めて業者選びにうつりました。

業者は評判がいいところを選んで、そのあとその業者の料金や加工技術などを考慮した上で、デザインを完成させました。そのあとは業者にデザインを入稿したのですが、思ったよりも早くできましたし、料金も缶バッジ一枚あたり50円くらいの安さでできたので、大満足でした。

オリジナルクオリティに関しては、やはり業者にやってもらっただけあって、市販のもののような素晴らしい仕上がりでした。

予想よりもずっと気軽に利用ができたにもかかわらず、満足できる結果になりましたから、私としては非常にいい経験になりました。 皆さんも、ぜひ私のこの体験を参考にして、自分の好きなオリジナル缶バッジを作ってみてはいかがでしょう。

私のオリジナルこの体験が多くの人にとって、少しでいいので何かしら参考になればと思います。
AD
オリジナルのステッカーの制作を考える場合、予算の他にまず製作する個数とデザインが重要になってきます。

特に何種類制作するのかというのは重要なポイントで、それによって用意するオリジナルのデザインの数も変わってきますし、ロットを分けて考える必要も出てきます。

オリジナルステッカー

さらに形状の選択も製作費や納期などにも影響してくる重要な点で、一般的なピン止めのものにするのか、あるいはキーホルダータイプやマグネット、クリップといった形状にするのかを決める必要があります。

家庭などで日常的に使ってもらう事を意識したい場合や、あるいはイベントなどで身につけてもらって露出効果を求めたい場合など、キャンペーンの一環としてステッカー制作を行う場合には考えていくべきポイントとなります。

そしてこの他に、製作費に直結する問題として形と大きさと言うものがあります。ステッカーは一般的な丸型のものだけではなくて、四角のものや中には三角といった珍しい形状のものもあり、製作費が高くつく反面レア度を高める効果も期待できます。

もちろん大きさも重要で大判のものにレア感を演出する事も?々行われます。当然大きくするにつれて製作コストは上昇していく傾向にあります。

そう言った様々な問題を考えなが、ベストな物をオリジナルステッカーを考えていくと良いでしょう。
中学時代、女子の間で缶バッジ集めが流行っていました。 私も当然のように集め、カバンにたくさんつけていました! 学校帰りに友達と雑貨屋さんにいって、カラフルな缶バッジを選んで買うのは本島に楽しかったですね。

今でもその頃集めた缶バッジは大事に飾ってあります。 でも、大人になった今も実は缶バッジ集めにはまっているんです! それは、旅行に行った時に買う観光地の缶バッジ。

観光地ならだいたいどこでも缶バッヂが売っています。 その土地の名前が入っているのでとても記念になります。

シンプルなものから観光施設のイラストがついたものまで…その観光地の特色が出ているので見ているだけで面白いです! 旅行に行くと必ずひとつは買うようにしています。

でも、中学生の頃のようにカバンにびっしりつけたりはしません(笑) いまは大きめのハンカチに缶バッジをどんどん付けていって、部屋に飾っています。 これだけたくさん旅行にいったんだなー、次はどこに行こうかなー、と集めた缶バッジを見つめる時間はとても幸せです!

子供の頃缶バッジ集めにはまった女子のみなさん! いまこそもう一度缶バッジを集めてみませんか?

大人になった今、あの頃とは違った楽しみ方ができるはずです!