北沢俊美防衛相は16日の参院外交防衛委員会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関し、「(日米)交渉の主役は当然、岡田克也外相だ」と述べた。北沢氏は2日に平野博文官房長官と共にルース駐日米大使と会談したが、岡田氏が加わっていなかったことから、「岡田外し」との見方が出ており、岡田氏への配慮をにじませた形だ。

 自民党の山本一太参院議員が「岡田外相だけ出席していないのは、どう考えても不自然だ」と追及。

 これに対し、岡田氏は「ルース大使からどういう話をしたという連絡を受けている」と反発。北沢氏も「(昨年12月に)鳩山由紀夫首相と関係閣僚が5月までに決めると話した時に、『米側との交渉窓口は外相がする』と申し合わせた」と擁護した。【仙石恭】

【関連ニュース】
米国:キャンベル次官補の訪日中止 普天間で協議予定
普天間移設:与勝沖に人工島案 政府内で検討
鳩山首相:4月の核安保サミット出席の意向
普天間移設:沖縄県議団が防衛相に「県内反対」の意見書
普天間移設:陸上案「完成に10年」政府試算

<おとり捜査>北海道に50万円支払い命令(毎日新聞)
<前原国交相>4全総の高速道計画の縮小を示唆(毎日新聞)
北海道に賠償命令=「おとり捜査」訴訟-札幌地裁(時事通信)
<高校無償化>朝鮮学校にも適用を 大学教授らが首相に要請(毎日新聞)
【十字路】長崎のカバ「竜馬」が鹿児島市へ(産経新聞)
AD